DICTIONARY

用語辞典

Get search image?id=11
だーくきばのよろい 【 ダークキバの鎧 】

サガの鎧を超える力を求めて、ファンガイアの技術力を結集して作られた、2番目のキング専用装備。

「闇のキバ」とも呼ばれるこの鎧は、装着者の能力を見極めたうえで限界まで引き出すことができたが、同時にいつ暴走してもおかしくない危険性を秘めていた。

レジェンドルガ族との戦いにおいても、劣勢に追い込まれていたがダークキバの鎧を装着した初代キングが、最強の必殺技「キングスワールドエンド」を発動して形成逆転を果たしている。

しかし、ファンガイア族の同胞も多数巻き込んだ姿に、開発者のナイト&ポーンは恐怖を感じ、以降は「キングスワールドエンド」を使えないよう封印している。

 

なおキングであっても、装着するにはキバットバットⅡ世の助力で魔皇力を活性化させる必要がある。

このとき、キング以外の者だとキバットバットⅡ世に噛み付かれた時点で絶命するが、紅音也だけは3度も耐えて仮面ライダーダークキバに変身してみせた。

だいけんのさゆりちゃん 【 代犬のさゆりちゃん 】

愛犬のブルマンがお産で入院中のため、寂しい木戸明が代犬として連れていた黒い毛並の小型犬。

木戸はさゆりちゃんを抱きながら、訪れた嶋護と襟立健吾に名護啓介、麻生恵の結婚式に送るプレゼントを持っていくように指示した。[#48]

だいこだいてんぜろはち 【 大古代展08' 】

古代の化石や遺物についての大規模な展示会。

副題は「―“化石からオーパーツまで人類史未曾有の世界へ」で、開催期間は1011日~119日。

準備期間中にアントライオンファンガイアが出現して暴れ回ったうえ、展示予定の石板からマミーレジェンドルガが復活したため、無事に開催されたかどうかは不明。

たいしぼうりつ 【 体脂肪率 】

体組織の全重量のうち、脂肪の割合を示した数値。

 

カフェ・マル・ダムールに嶋護が来店した際には、木戸明とお互いの体脂肪率を報告しあうのが恒例となっている。木戸はノートに数値と勝敗を記録している。

たいせつなのはたましい 【 大切なのは魂 】

人間とファンガイアに愛はないと言い放つキングに対して、紅音也が言い放った言葉。

音也にとって人間やファンガイアといった種族などささいなことに過ぎず、紅音也という自分の魂を理解してくれた真夜はかけがえのない存在だった。

だいちゃん 【 大(だい)ちゃん 】

紅渡が記憶喪失のルークに付けた仮の名前。名前の由来は、体が大きいから。

たいむぷれい 【 タイムプレイ 】

ルークが自分で自分に課したルールのもと行うゲームのこと。

制限時間内に、対象となる人間のライフエナジーを次々に奪うというもので、デジタル腕時計で時間をセットする。

時間内にミッション達成できれば自らにご褒美を与え、できなければ自分に罰ゲームを執行する。タイムプレイの対象はさまざまで、「ピンクの服を着た女性」や「宝くじで高額当選した人」、「風船を持つ人」「花嫁」など、とくに一貫性はない。

最終的にはルールが尽きてしまい、悶々とする日々を送ることとなる。

たからくじ 【 宝くじ 】

ランダム、または自分で選んだ組み合わせの数字が刻印されたくじを買い、後日発表された数字ともっている番号の一部、またはすべてがあっていれば賞金と交換できるというくじ。ちなみに、宝くじの一等を当てる確率は、ものによって異なるがおおよそ「500万分の11000万分の1」程度である。

 

麻生恵の弟、麻生光秀は宝くじに2回も高額当選した豪運の持ち主であり、1度目の賞金をすべて素晴らしき青空の会に寄付することで恵を実家に連れて帰ろうとした。

また2回連続で高額当選したことがニュースになったため、阿鐘に命を狙われる原因にもなっている。[#29][#31]

たちなさいせんしはたおれちゃいけない 【 「立ちなさい。戦士は倒れちゃいけない」 】

モスファンガイアとの戦闘で傷ついた麻生恵に名護啓介がかけた言葉。

たにんのふり 【 他人のフリ 】

知っている相手であるにも関わらず、初めてのようなふりをすること。

 

紅渡は登太牙に婚約者として鈴木深央を紹介され、思わず「初めまして」と挨拶し、他人のフリをしてやり過ごしてしまう。

だれにもりかいされなかったおとこ 【 「誰にも理解されなかった男」 】

紅音也が真夜に「初めて芸術を理解する女と出会えた」と言い放ったことに対し、真夜は哀れむように「今まで誰にも理解されなかったことになる」と音也に語る。事実、1000年にひとりの逸材である紅音也の音楽を本当に理解した人間は今までおらず、一時は深く惹かれあった麻生ゆりですら叶わなかった。

「音楽=自分」という存在を理解してもらえる存在に出会えた音也にとって真夜は、その正体がファンガイアだと気づいてなお、命がけで守るべき大切な女性となった。

ちぇっくめいとふぉー 【 チェックメイトフォー 】

ファンガイア族の中でも、最高位にあたる4人のこと。

キングクイーンルークビショップで構成されており、それぞれがチェスの駒に相当する役割を持っている。

ファンガイア族がすべての魔族を統一するために、種族の統率を図ってこの四天王制度が設立された。

継承条件に関しては、キングのみほぼ血縁者となっていて、左手の表裏にキングの紋章が発現した者に継承される。

ほかの3人はとくに共通点はなく、無作為に選ばれることが多い。

体のどこかに継承の紋章が発現したら運命として受け入れなければならず、拒否すると処刑されてしまう。

ちゃっかーず 【 CHACKERS 】

1986年当時の人気バンド。新曲「弾丸ハートに火をつけて」の宣伝チラシが、街の電柱などに貼ってあった[#18]

つきのまなこ 【 月の眼 】

月全体に浮かぶ巨大な目のような存在。

仮面ライダーアークはこれを取り込んで、レジェンドアークへと進化した。

てーぶる 【 テーブル 】

円形の天板の古びたテーブル。

 

カフェ・マル・ダムールの前に置かれ、花を飾ってあった。紅渡がバイオリンの修復材として目をつけ、木戸明にお願いして譲ってもらった。

でぃーあんどぴー 【 D&P 】

登太牙が経営する投資会社で、正式名称は「DEVELOPMENTPIONEER」。

投資会社というのはあくまでも表向きで、真の目的は人類がファンガイアの脅威にならないようにすること。

人類の進化に繋がる可能性のある者を密かに処刑していた。

社員の大半はファンガイアで構成されており、処刑対象が人間なら部下のファンガイアに任せ、ファンガイアの場合は太牙が自ら仮面ライダーサガとなって出向く。

ビショップの謀反をきっかけに多くの社員が離脱し、太牙も社長の座を奪われたがすべての戦いを終えたあとに復帰を果たす。

そこから会社の方針も人間とファンガイアの共存へと変わり、ライフエナジーに代わる新たなエネルギーの開発に着手している。

てんごく 【 天国 】

暮らすことに何不自由のない理想的な場所。ユダヤ・キリスト、イスラム教の考え方では一般的にははるか天空にあり神様や天使などが暮らす場所であり、世界が終末を迎えたあと敬虔な信者だけが暮らせ、神の祝福を受けられる世界でもる。

 

さまざななタイムプレイを行い、飽きてきたルークは人間の母親が娘に読み聞かせていた絵本の内容を聞き「良いことをして天国へ行こう」と考えるようになる。そして困っている子供を助けたり、おばあさんを病院へ連れて行くなどして、彼の中で充分に良いことをしたと考えると誰かに消滅させてもらおうと考えた。

そして彼の望みは叶い、麻生恵が変身した仮面ライダーイクサ バーストモードによって消滅させられたが、彼が本当に天国へ行けたのかどうかは定かではない。[#29][#30][#31]

でんじははっせいそうち 【 電磁波発生装置 】

素晴らしき青空の会のメンバーである神田博士が発明したもの。この装置を相手の体内に埋め込みスイッチを起動して電磁波を発生させることで対象を苦しめる。それはファンガイアであっても耐えることができないほどだった。

しかし、神田博士の野望によってほかのファンガイアの力を吸収した楓は電磁波発生装置がまったく効かないほどに強化されていた。[#34][#35]

どうくつ 【 洞窟 】

崖や岩などにできた穴やその先に広がる空間のこと。数メートル程度のものから迷路のように複雑化したものまでさまざまでなかには観光地としてにぎわう洞窟もある。

 

クイーンの力を奪われ、愛する紅音也も失った真夜は、息子の紅渡を危険な目に遭わせないようかつての音也の家に住まわせ、自分は山の中にある洞窟でひっそりと暮らしていた。

ときのとびら 【 時の扉 】

キャッスルドランの中にある時間を飛び越える扉。扉をくぐった者を過去へと送るが未来を変えてしまうこともあるためか、滅多に使うことはできない。

次郎は紅音也との約束を守るため名護啓介を時の扉の前へと案内し、1986年へと送った。また、鈴木深央が消滅し意気消沈する紅渡を励ませるのは父の音也しかいないと考え、彼も1986年に送っている。

どみの 【 ドミノ 】

様々な記号が書かれたふたつの正方形の板を並べて組み合わせたような形をしている牌。これを用いて様々なルールのゲームが楽しめる。日本においてはこれを多数並べ、端を倒して全部倒れるか、もしくはどれだけ複雑に並べたかで競うドミノ倒しという遊びが一般的。

 

2008年、フエッスルで呼ばれる直前にキャッスルドラン内でガルルたちが興じていた。[#13]

どらんぞく 【 ドラン族 】

凶暴かつ強固な皮膚を持つ竜型モンスターの種族。

ファンガイア族は戦闘用モンスターとして使役するほか、武器や鎧の素材に利用することが多かった。

キバの鎧の一部にも、ドラン族の皮膚が使われている。

キャッスルドランやシュードランも元はドラン族のモンスターで、ファンガイア族が改造して兵器となった姿。

荒々しい個体が多い中で、タツロットの元になったゴルディワイバーンのように、高い知能を持つ個体も存在する。

とらんぷ 【 トランプ 】

「スペード」「ダイヤ」「ハート」「クラブ」4種類のスートに、113までの数値が書かれた全52枚のカードを用いた遊び道具。トランプを使った遊びは様々ある。

 

2008年、フエッスルで呼ばれる直前に次狼たちが遊んでいた。[#17]

とりかご 【 鳥かご 】

小鳥を飼うためのかご。餌や水を入れるための小窓が付いているものもある。

 

もう戦いたくないとふさぎ込む紅渡はキバットバット世とタツロットを鳥かごに閉じ込めさらに毛布をかぶせてしまう。その後、再び戦う意思を固めた渡は鳥かごを破壊しふたりをかごの外に出している。

とれーにんぐじむ 【 トレーニングジム 】

体を鍛えるための器具が揃った施設。スポーツジム、フィットネスクラブなどとも呼ばれる。

 

2008年においては、嶋護がよくここで体を鍛えており、麻生恵や名護啓介もトレーニングに励むことがあった。また、素晴らしき青空の会の指令や会議もこのジムで行われている。