DICTIONARY

用語辞典

Get search image?id=22
ながれぼしさくせん 【 流れ星作戦 】

ショッカーが企てた作戦のひとつ。

イカデビルの頭部に搭載された「誘導装置」を使って隕石を地球へ降り注がせて、あらゆる生物を全滅させることが目的。[#68]

なちかつうら 【 那智勝浦 】

和歌山県東牟婁郡にある、南紀随一の港町。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の熊野エリアにあたる観光地として有名。

「立花レーシングクラブ」一行が観光に訪れ、モスキラスやシオマネキングに襲われた。[#72]

なちすのひみつ 【 ナチスの秘密 】

第三帝国が崩壊した際、ナチス党の幹部たちが再起のためにどこかへ隠したといわれる財宝のこと。かつての西ドイツでは、廃坑で金塊と美術品が見つかったという話もある。 

かつて日本海軍少佐だった砂田辰夫が、ヒトラーの財宝を陥落寸前のベルリンから日本へ輸送、隠蔽し、その手がかりとなる地図を保管していた。[#6]

なにかのしょくぶつのようりょくそ 【 なにかの植物の葉緑素 】

葉緑素とは植物に含まれる成分で、葉などが緑色に見えるのは、この葉緑素の作用によるものである。 

キノコモルグの吐き出す毒素を中和する解毒剤であり、一度は毒で眠っていた一文字隼人もこの葉緑素を注射されたことで意識を取り戻した。捕まった隼人を滝和也が救出した際、この葉緑素の入ったビンを拝借し、キノコモルグの毒成分を研究していた小池助手の手に渡る。彼の手によって葉緑素は分析、大量生産され、キノコモルグの毒に苦しんでいた人たちを救った。[#25]

なめがわあいらんど 【 行川アイランド 】

2001年まで千葉県勝浦市で運営されていた、動植物園を中心としたレジャー施設。 

「立花レーシングクラブ」の面々がリゾートにやってきていたが、その地下にはショッカー日本支部の基地が作られていた。[#61]

にしあたみほてる 【 西熱海ホテル 】

静岡県熱海市にあったホテル。

 

世界平和会議が行われ、滝和也はその警護任務にあたっていた。[#88]

にしとうきょうけつえきぎんこう 【 西東京血液銀行 】

血液銀行とは、血液を保存し、医療機関の求めに応じて血液を供給する組織のこと。現在の日本では民間の血液銀行による預血制度が廃止、禁止されている。

 

シラキュラスが血液を強奪しにきた施設で、警備にあたっていた伊藤達也は襲われて吸血人間になってしまった。[#74]

にっぽんれっとうぶんだんけいかく 【 日本列島分断計画 】

ショッカーが企てた作戦のひとつ。

小型の特殊核爆弾を使い、黒部渓谷から日本列島を真っ二つに分断、その混乱に乗じて日本を制圧しようとした。この計画の概要を、偶然にも門前絹子が聞いてしまい、彼女の記憶をスクリーンに映し出す器具「脳波スクリーン」を通して一文字隼人や滝和也が知るところとなった。[#34]

にねんまえのたごのうらのよごれきったへどろ 【 「2年前の田子の浦の汚れきったヘドロ」 】

田子の浦とは、駿河湾西沿岸部のことを指し、万葉集の和歌などでも知られる。1960年代から1970年代前半にかけ、田子の浦港でヘドロ汚染の公害が発生した。

ウツボガメスは、殺人スモッグの精製に必要なヘドロの条件を、この田子の浦港の公害に例えて表現している。[#83]

にほんかいめつさくせん 【 日本壊滅作戦 】

ショッカーが企てた作戦のひとつ。

「富士山の大要塞」に設置された「スーパー破壊光線」による、日本全土を攻撃せんとした。[#仮面ライダー対じごく大使]

にんげんがり 【 人間狩り 】

ショッカーが企てた作戦のひとつ。

人間を生け捕りにして、ワシカマギリの吐く白い泡で化石のように固めて保存。

必要に応じて取り出し、改造人間や戦闘員の素体にする予定だった。[#86]

にんげんそうさぼてんかさくせん 【 人間総サボテン化作戦 】

ショッカーが企てた作戦のひとつ。

人間をサボテンに変えてしまうサボテンバットのサボテンエキスを使い、人間たちを次々にサボテンに変えようとした。[#96]

ぬれぎぬ 【 濡れ衣 】

犯していない犯罪について容疑をかけられる、または罰せられること。罪を第三者に擦り付けるときには「濡れ衣を着せる」と使う。 

ショッカーの日本支部に派遣されたゾル大佐は、滝和也の写真と声を元に彼自身に変装。わざと警察を挑発し暴力沙汰を起こすことで、滝が警察に捕まるように仕向けた。しかし、滝はFBIの肩書を利用して無事釈放されている。[#26]

のうりょうおばけたいかい 【 納涼おばけ大会 】

ショッカーが子供たちを連れ去るために立案したニセのイベント。

キノコモルグは手下とともに「納涼おばけ大会」と書かれたプラカードを手に町を練り歩き、言葉巧みに子供たちを誘惑。石倉五郎たちが「面白そう」と興味を示すと、荒れ地まで誘導し、連れ去ろうとした。[#24]