DICTIONARY

用語辞典

Get search image?id=1
かいざーしすてむ 【 カイザーシステム 】

バグスターウイルスネビュラガスを融合させた生物兵器。

最上魁星が開発したものであり、カイザー、カイザーリバース、バイカイザーがこれにあたる。

また、変身にはネビュラスチームガンとギアが使用される。

かがくしゃ 【 科学者 】

科学分野を専門に研究する人。

『仮面ライダービルド』には何人もの科学者や物理学者が登場する。

桐生戦兎もその一人であり、「科学は正しいことに使えば必ず人を幸せにできる」と信じている。 

かくとうか 【 格闘家 】

手足を使った打撃や柔術などで闘う競技を生業とする人。

万丈龍我は元格闘家であり、恋人・小倉香澄の手術費用を稼ぐために八百長試合を行い、格闘技界を追放された。

また、滝川紗羽はアントニオ猪木の物まねをしながら戦闘を実況[#03]し、猿渡一海は「スタン・ハンセン」と口走りながらラリアットの動作を繰り返していた[#35]

新世界では黒髪の万丈龍我が格闘家として名を馳せている。

かしら 【 カシラ 】

猿渡一海の呼称。

赤羽(大山勝)、青羽(相河修也)、黄羽(三原聖吉)、生方直進らが猿渡一海を呼ぶ際に使用する。

がすますくのかがくしゃ 【 ガスマスクの科学者 】

黒いガスマスクと白い防護服を装着したファウストの科学者。

ネビュラガスの吸引を防ぎ、被験者に顔を知られないためにガスマスクを装着している。

記憶喪失の桐生戦兎が唯一覚えていたのは人体実験を受けた際の光景であり、そこで見た「コウモリ男」と「ガスマスクの科学者」、そして「人体実験」を手掛かりに自身の過去を確かめようとしていた。

かせい 【 火星 】

太陽系の内側から4番目にあたり、地球の外側を公転する惑星。

火星の直径は地球の半分ほどで、表面積は地球の約 14となっている。

『仮面ライダービルド』の世界では、かつて火星に文明があったことが明らかにされており、その文明は地球外生命体・エボルトによって滅ぼされていた。

かせいのむじんたんさ 【 火星の無人探査 】

23年前、火星の有人探査に先駆けて無人探査機が火星に送られた。

エボルトは次に滅ぼす惑星を探すために、自身の遺伝子の一部をこの無人探査機に忍ばせる。

その後、地球へ帰還した無人探査機から万丈優里の身体に潜り込んだ遺伝子は、その胎内にいた万丈龍我に宿ることとなる。

かせいのゆうじんたんさ 【 火星の有人探査 】

10年前、宇宙飛行士の石動惣一が火星に降り立ち、火星の文明の名残とパンドラボックスを発見。

同時に地球外生命体・エボルト憑依され、パンドラボックス、破損したエボルドライバー、火星の王妃・ベルナージュの魂が宿ったバングルと共に地球へと帰還するのだった。

そして火星有人探査船の帰還セレモニーにて「スカイウォールの惨劇」が引き起こされてしまう。

かみのけ 【 髪の毛 】

頭髪。

桐生戦兎は知的興奮を覚えると髪の毛の一部がぴょんとはねる。

また、興奮したり動揺した時に髪をかき乱す癖がある。

かめんらいだー 【 仮面ライダー(仮面ライダービルド) 】

ライダーシステムなどを利用して変身する戦士。

当初は「東都に出現するスマッシュから人々を守る謎のヒーロー」の呼称とされていた。

かんじょう 【 感情 】

喜怒哀楽などの気持ち。

強さの指標ともなるハザードレベルは、感情を極限まで昂らせることで上昇する。

仮面ライダービルド ジーニアスフォームの必殺攻撃を受けたエボルトにも、人間の感情が芽生えた。

かんぜんてつやどりんく 【 完全徹夜どりんく(仮面ライダービルド) 】

万丈龍我が一気に8本も飲んでいた謎のドリンク[#19]

『仮面ライダードライブ』では、沢神りんなと西城究が徹夜で作業を行う際に同名のドリンク(ラベルデザインは一部異なる)を用意していた[#44]

ぎあ 【 ギア 】

カイザーシステムを利用した戦士への変身時に使用するアイテム。

ネビュラスチームガンに装填することで、カイザーやリモコンブロスへの変身が可能となる。

きおくそうしつ 【 記憶喪失 】

過去の出来事などを思い出せなくなること。

エボルトは人間の記憶を操作(消去)する能力を備えており、万丈龍我や葛城巧、鍋島正弘らの記憶を消去していた。

桐生戦兎は葛城巧の記憶を消去して生み出された存在であり、記憶喪失の青年として石動惣一(エボルト)に拾われることとなる。

きおくのせかい 【 記憶の世界 】

桐生戦兎の意識内に広がる空間。

桐生戦兎はこの空間内で、自身の中に存在するもう一つの意識・葛城巧と会話することができる。

また、葛城巧はここで記憶の操作を行い、悪魔の科学者だった頃の記憶を桐生戦兎から隠していた。

きかんせれもにー 【 帰還セレモニー 】

10年前、極(きわみ)プロジェクトの火星有人探査船が地球へ帰還した際に行われた式典。

葛城忍のスピーチ中に石動惣一(エボルト)パンドラボックスに接触したことで「スカイウォールの惨劇」が起こった。

新世界が創造された後、桐生戦兎はこの式典が行われた場所で目を覚ます。

そこにスカイウォールは無く、野生のウサギが生息していた。

きざむよ 【 きざむよ 】

石動美空の口癖のひとつ。

スマッシュボトル浄化による疲労で眠りにつく際などに使われ、睡眠を妨害したらただでは済まさないという警告でもある。

桐生戦兎や万丈龍我に睡眠を妨害された際は笑顔でノコギリを投げつけ、再度の警告を行った[#03]

ぎたい 【 擬態 】

動物が敵から身を守る際などに、体色や形状を周囲のものに似せること。

エボルトは自身の遺伝子を利用して、スマッシュや人間の擬態を生み出す能力を備えている。

きょうせいかいじょ 【 強制解除 】

仮面ライダーなどに変身した後、戦闘ダメージによって自身の意志とは関係なく変身が解除される現象。

強制解除からの再変身には危険が伴い、無理に変身しようとすると体中に電流が走り、耐え難い激痛に襲われる。

きわみぷろじぇくと 【 極(きわみ)プロジェクト 】

日本が行った火星の有人探査計画。

INSETと呼ばれる団体が計画を進めており、葛城忍も同団体に所属していた。

また、火星探査を行う宇宙飛行士として石動惣一、伊能賢剛、郷原光臣、才賀涼香の4人が選出された。

こーひー 【 コーヒー 】

コーヒー豆を使った黒い飲み物。特有の香りと苦みがある。

喫茶店『nascita』のマスター・石動惣一(エボルト)が淹れるコーヒーは不味いため、桐生戦兎らは主に『AZUMA COFFEE SPECIAL BLEND[加糖]』という缶コーヒーを愛飲している。

生方直進が客として店を訪れた際にも缶コーヒーが提供された[#クマテレビ]

一方で新世界の石動惣一はおいしいコーヒーを提供しており、桐生戦兎も驚きを隠せずにいた[#49]

こうもりおとこ 【 コウモリ男 】

胸部に黄色いコウモリのシンボルを持つ男。

記憶喪失の桐生戦兎が唯一覚えていたのは人体実験を受けた際の光景であり、そこで見た「コウモリ男」の行方を追うことで自身の過去を確かめようとしていた。

後に桐生戦兎の前に姿を現したコウモリ男は「ナイトローグ」と名乗った[#02]

こぶし 【 拳 】

かたく握った手。げんこつ。

万丈龍我と猿渡一海は拳で語り合うタイプであり、桐生戦兎は万丈龍我のためにクローズマグマナックルを、猿渡一海のためにグリスブリザードナックルを開発している。

また、小倉香澄が万丈龍我に遺した手紙には「あなたのその拳で多くの人の力になってあげてください」と綴られていた[#11]