CHARACTERS

かげやま しゅん影山瞬

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第7話『2号新登場』(2006年3月12日放送)

「貴様それでも矢車さんの部下か。隊長を侮辱する気か!」

プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:20歳

職業・身分など:「シャドウ」の隊員→「シャドウ」の隊長→地獄兄弟

家族など:不明


 演:内山眞人(うちやま・まさと)


この人物が変身する仮面ライダー

仮面ライダーザビー

仮面ライダーパンチホッパー

ゼクトルーパー(シャドウ隊員)


説明

対ワーム秘密組織「ZECT(ゼクト)」の精鋭部隊「シャドウ」の隊員。

シャドウに所属しているので、能力は一般隊員よりも優秀と思われる。ただ、我道を行く天道総司、熱血漢の加賀美新、協調を重視して完璧を求める矢車想らのような、自身の行動基準となる信念や主体性が見られない。頼れる相手に依存するタイプで、実力以上に自分を認めてもらいたいという思いが強いため、自身の地位の維持に固執しがちでもある。もっとも主体性がないだけに、一般的には躊躇われるような指令にも忠実。上官としては扱いやすい人物といえるが、それは単に利用されやすいという欠点でもあった。

当初は隊長を務める矢車想を慕い、忠実な部下として良好な関係だった。矢車がザビーの資格を失って加賀美新がザビーの資格者となると、原則に従ってシャドウの隊長にも就任した彼に、「戦闘のイロハを叩き込んでやるよ」と笑顔を見せてもいる。しかし、加賀美はカブトを倒せという本部の指令を拒否してザビーの資格を放棄。影山はザビーの新たな資格者となり「シャドウの隊長に就任した。

この時期、シャドウの隊員が続けてワームに襲われる事件が発生。計画の立案者は不明だが、シャドウは隊長不在による解散を装うことになり、影山は田所修一のチームに配属された。影山は矢車が内通者ではないかと疑い、シャドウの再結成と隊長への復帰をもちかけて接近。彼が内通者ではないとわかるとすべてを明かすが、シャドウへの復帰を望む彼を「不協和音」だと拒否し、矢車はZECTを去ることになった。

しかし、事件が解決したわけではなく、影山は内通者に仕立てた加賀美を囮とする新たな作戦を実施。真の内通者と隊に紛れ込んでいたワーム(サナギ体・白)のあぶり出しに成功した。しかし、カブトに救われて無事だったものの、命を危機に晒された加賀美はしばし落ち込み、この一件で影山は加賀美の信用を失ってもいる。

しかし、続く若林龍宏をめぐる事件では、偽名でZECTに潜入した天道にシャドウの隊長の座を奪われてしまった。事件解決後、天道がZECTを離れたため影山はシャドウの隊長に復帰するが、危機感を抱いた影山はザビーの資格者とシャドウの隊長の座を守ることに固執し始め、都合よく三島に利用され始める。その後、ふたたびZECTに加わった天道にザビーゼクターを奪われると、なりふり構わぬ態度で天道に取り入ろうとするも失敗。ついには三島と互いに利用し合っていた間宮麗奈(擬態)にそそのかされ、ネイティブの立川大吾を襲撃してZECTを裏切ることになり、その麗奈(擬態)からも切り捨てられてワーム(サナギ体)に襲われ重傷を負った。

現れた矢車に救われて命に別状はなかったが、居場所を失った影山はすっかり意気消沈し「オレ弟になれ」という矢車に応じて彼の義兄弟となる。この際、影山は矢車からホッパーゼクターを受け取って仮面ライダーパンチホッパーの変身者となり、以後はふたりで「闇の住人」を称し、気まぐれにほかの仮面ライダーやワームと戦うようになった。

のちにワームの大群が「エリアZ」へ侵攻すると、影山は矢車に同行してエリアZを訪れた。しかし、矢車にワームと戦う気はなく、防衛隊を指揮する田所が「その気があるなら」と提示したライダーブレスも蹴り飛ばして拒否。影山も矢車に釘を刺されるが、過去への未練が残っており、自身のもとに飛来したザビーぜクターを掴んで今一度ザビーに変身、乃木怜治(擬態)ことカッシスワーム グラディウスに立ち向かっていく。しかし、加賀美=仮面ライダーガタックの忠告を無視したため、放った「ライダースティング」をコピーされてあっさり敗北。矢車に「仇をとってくれ」と泣きつき呆れた彼に蹴り飛ばされるが、これによって矢車は天道や加賀美と共闘し、カッシスワーム グラディウスを撃破。のちのワームとの決戦では矢車とともに、カッシスワーム ムクリペウスをも撃破した。

その後、ワームとの戦いが終息に向かうなか、ZECTは潜伏するワーム掃討のため、市民に“ワーム探知機”と称するネックレスの配布を開始。「ひとりにつきひとつ」という制限のなか、影山は加賀美らの配布所から3つ持ち去って装着する。ひとつは矢車に渡すつもりだったが、彼は興味がないと受け取らず、逆に白夜を描いたカードを見せられて“真夜中の太陽”を求めて旅に出ようと誘われた。承諾した影山だったが、ネックレスには人間を徐々にネイティブ化する力があり、複数装着していた影響か影山は他の人々に先んじてネイティブ化。絶望した影山は矢車に別れを告げてパンチホッパーに変身。自身の意を汲んだ矢車もキックホッパーに変身し、影山は彼のライダーキックを受け、その命を散らした。


戦闘時の決め台詞など

「見習いのひとりくらいいいじゃないですか。パーフェクトハーモニー第二章、新たなる完全調和のためです」

「やった! オレはふたたびザビーを手に入れたぞ」


関連アイテム

  • ザビーゼクター

  • ライダーブレス

  • ホッパーゼクター

  • ZECTバックル

  • マシンガンブレード

関連人物

  • 天道総司

  • 加賀美新

  • 日下部ひより

  • 矢車想

  • 風間大介

  • 神代剣(擬態)

  • 岬祐月

  • 天道樹花

  • 高鳥蓮華

  • 三島正人

  • 田所修一

  • 加賀美陸

  • ゴン

  • じいや

  • 間宮麗奈(擬態)

  • 乃木怜治(擬態)