KAMEN RIDERS

かめんらいだーぱんちほっぱー仮面ライダーパンチホッパー

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第35話『地獄の兄弟』(2006年10月1日放送)

「henshin Change Punchhopper」

■説明

対ワーム秘密組織「ZECT(ゼクト)」が秘密裏に開発したショウリョウバッタ型の自律メカであるホッパーゼクターが認めた資格者が、ホッパーゼクターとベルト型のツール、ZECTバックルを用いて変身した姿。

ほかの仮面ライダーでいうマスクドフォームを持たず、ライダーフォームにあたるフォームへ直接変身するという特徴がある。

変身の際には腰に装着したZECTバックル上部のボタンを押してバックル部を受け皿のようにオープン。露出したスロット部にホッパーゼクターの赤面を正面に向けてセットすることで、仮面ライダーパンチホッパーへと変身する。

ZECTバックルにあるトレーススイッチを撫でるように触れることで「クロックアップ」が発動。ホッパーゼクターで生成された超エネルギー、タキオン粒子を解放して全身に行き渡らせ、一定時間ではあるが常人では目視できないほどの超高速移動が可能となる。

必殺技は「ライダーパンチ」。まず、ホッパーゼクターを操作してタキオン粒子を右足に送り「ライダージャンプ」で天高くジャンプ。空中で再びホッパーゼクターを操作することで右腕にタキオン粒子を再チャージされ、天空から右腕による打ち下ろし型のパンチを炸裂させる。同時に右腕に備わるアンカージャッキが連動するように稼動し、爆発的な破壊力を生み出す。

資格者として選ばれたのは、かつての仮面ライダーザビーの資格者、影山瞬。

失態を重ねたことでZECTや一時的に手を組んでいたワームからも見捨てられ、瀕死の状態にいたところを仮面ライダーキックホッパーの変身者である矢車想に救われた。矢車はかつての影山の上司であり、手酷い裏切り行為をしたために恨んでいてもおかしくないはずだったが、影山にホッパーゼクターを与えて仲間に引き入れた。

以降、パンチホッパーの変身者となった影山は心身ともに荒んでしまうも、矢車のことを「兄貴」と慕い、彼に付き従うこととなる。

マスクドフォームを持たない簡素なシステム、ホッパーゼクターは使用者の特技に合わせたリバーシブル仕様、専用武器なども持たないということから、パンチホッパーやキックホッパーは量産型仮面ライダーの試作タイプとも考えられる。

来たるべきネイティブとの決戦に備え、ZECTのトップである加賀美陸がその運用テストを兼ねてふたつのホッパーゼクターを矢車に与え、そのひとつが影山の手に渡ったとも考えられるが、何のために作られたのか、その詳細が明かされることはなかった。


変身者:影山瞬

変身時に使用するアイテム:ホッパーゼクターZECTバックル

変身者

  • 影山瞬

01
3

スペック

■身長:192cm
■体重:93kg
■パンチ力:3t(ライダーパンチ:19t)
■キック力:6.5t
■ジャンプ力:一跳び39m
■走力:100mを5.6秒(通常時間時)
■必殺技:「ライダージャンプ」&「ライダーパンチ」

ホッパーブレスト

超金属、ヒヒイロノカネでできており、上半身前部を守る。頑強、軽量で、大爆発の衝撃をも吸収する耐衝撃性を持つ。

インセクトリング

両手、両足の動きを補助強化する三重のリング。これによって、一般人の何倍ものパワーを発揮できる。

ホッパーゼクター

マスクドライダーシステムの心臓部。リバーシブル仕様となっており、ZECTバックルのバックル部をオープンした受け皿に赤面を表にしてセットすると有資格者を仮面ライダーパンチホッパーに、緑面を表にしてセットすると有資格者を仮面ライダーキックホッパーに変身させる。

ライダーストンパー

特殊な足裏部分。500mの高さから飛び降りても変身者にダメージを与えないように、インセクトリング、ライダーアーマーヘと衝撃を繋いで吸収、緩和する。

ショルダーブレード

肩部から伸びており装甲の役割を果たすと同時に、ホッパーゼクターから発生した超エネルギー、タキオン粒子を先端の刃先に波動として変換して送り、ショルダータックルで時空を動き回る敵に叩き込んで原子崩壊、消滅させる威力を秘めている。ヒヒイロノカネ製。

ライダーアーマー

軽量、頑強なライダーアーマーは、レスポンスバンドで繋がれており、通常時間時に肉体の反応速度を人造的に0.05秒と、常人より格段に速くする。

ライダーパーム

ホッパーゼクターを操作して「チャージアップ」することで、ホッパーゼクターから送られてくる超エネルギー、タキオン粒子を波動に変換して、必殺技「ライダーパンチ」のパンチカをアップする。時空を自在に動き回る敵にその一撃を叩き込んで、原子崩壊を招き、消滅させる威力を発揮する。

ZECTバックル

ホッパーゼクターより送られてくる超エネルギー、タキオン粒子を解放して全身にくまなく送るための装置。トレーススイッチに触れることで「クロックアップ」が発動可能。

サインスーツ

頭頂部から取り入れられ、変換された高圧縮酸素が、快適な温度と湿度で常に全身を駆け巡ることで、一定の体温を維持。さらに、50口径の機関銃の衝撃を吸収でき、5000度の高温、絶対零度の低温などからも身を守る。また、スーツ自体に備わるニューロン細胞をシナプスで繋いで変身者に伝達し、まるで第2の皮膚のような感覚でマスクドライダーシステムを扱うことができる。
  • スペック
  • ホッパーブレスト
  • インセクトリング
  • ホッパーゼクター
  • ライダーストンパー
  • ショルダーブレード
  • ライダーアーマー
  • ライダーパーム
  • ZECTバックル
  • サインスーツ
01
3

側面

仮面ライダーパンチホッパーの右側面

アンカージャッキ

「ライダーパンチ」と連動して稼動し、力の解放を助長する。
  • 側面
  • アンカージャッキ
01
3

ボーンシェルメット

仮面ライダーパンチホッパーの頭部。3層構造になっており、1層目が継ぎ目のない強度に優れた超金属のヒヒイロノカネ、2層目が軽比重で耐衝撃性に優れた特殊ケミカル、3層目が強度と弾性率を持つサインスーツ製。敵のどのような攻撃からも頭部を守る。

コンパウンドアイ

敵が「クロックアップ」を発動したとき、自分が「クロックアップ」を発動していなくても、ホッパーゼクターより発生している超エネルギー、タキオン粒子の流れる目で、超高速移動する相手の動きを目視することができる。

ホッパーホーン

常人の4倍以上の聴力を変身者にもたらす。16Hz~12万Hz の音域の物音を聴き分け、5km先の針が落ちる音さえ聴き取ることができる。

Oシグナル

ワームが「クロックアップ」した瞬間、時間軸の乱れを感知して敵を発見する。
  • ボーンシェルメット
  • コンパウンドアイ
  • ホッパーホーン
  • Oシグナル

フォーム一覧

基本・強化フォーム

  • 仮面ライダーパンチホッパー

関連アイテム

  • ホッパーゼクター

  • ZECTバックル