EPISODE #6

アナタの声が聞きたい

2019年10月06日放送

脚本: 筧 昌也

監督: 柴﨑貴行

EPISODE GUIDE

今週のアイテム

INFO

EPISODE GUIDE

Thumbnail image1 Thumbnail image2 Thumbnail image3 Thumbnail image4 Thumbnail image5 Thumbnail image6 Thumbnail image7 Thumbnail image8 Thumbnail image9

第6話

アニメ作品『パフューマン剣(つるぎ)』のアフレコに臨む声優ヒューマギア・香菜澤セイネ。その現場に或人の姿があった。『パフューマン剣』の大ファンだから……、ではなく今回はAIに関する犯罪を取り締まる機関A.I.M.S.(エイムズ)の立ち会いのためだった。どうやらセイネには人工知能の法律に関する違反があるようで―――。

第5話 ハイライト

Highlight image1

5話は仕事に対する情熱の話でした。
人間である以上“情熱だけはAIに負けられない!”というのが、このシリーズの最もわかりやすいテーマの一つです。もちろん働くことにはいろいろなモチベーションがあっていいと思うのですが、「やりたい!」と思える仕事をやれることは幸せへの近道だと思うのです。

さて、そんな話題と関係があるかどうかはわかりませんが、実は「ゼロワン」というシリーズは、東映で特撮専任プロデューサーという職種が採用されてから初めて彼らが担当した作品ということになります。つまり、“東映特撮特化型”のアシスタントプロデューサーが現在番組を担当し、日々プロデュース作業に没頭しています。(ちなみにゼロPではありません。)

東映の特撮番組が大好きでこの職業に就いたAPたちは、本当にいい顔をして仕事をしてくれます。なにより楽しそうなのです。そして、そんな特撮専任プロデューサーの一人が前職のアニメ制作のノウハウを生かして臨んだのが第5話と第6話に渡って描写される漫画・アニメ『パフューマン剣』です。石墨超一郎邸にある小道具やコミックス、ポスター、そして6話で声優のセイネが声をあてるアニメコンテやオーディション会場の装飾など、すべてにアニメ制作出身としての特撮専任プロデューサーの情熱が注ぎ込まれました。

情熱を語る物語だからこそ、その現場にも情熱があります。もちろん現場のスタッフやキャストたちも。漫画家編につづく声優編の物語も、端々にまでわたる仕事への情熱を感じていただければ幸いです。

(文責・大森 敬仁)

第5話 プロダクションノート

05話いかがでしたでしょうか。お仕事編第三弾となる現場は「漫画家」。漫画家という仕事にAIが入ったらどんなことが起きるのか……現役漫画家の仕事場に取材に赴くなど、スタッフ一同の想像力を結集させて挑んだ回でした。リアルを追求する現場で好演してくださったゲストをご紹介します。

Production image1

石墨超一郎:勝矢
連載15年間で累計1億部を売り上げる少年漫画の大ヒットメーカー、石墨超一郎を演じたのは勝矢さん。大御所らしい豪快さの中に、15年間、少年たちを熱くかき立てる漫画を生み出し続ける情熱と尽きない少年心を見事に表現してくださいました。失いかけた情熱を取り戻すきっかけを与えたのは、咄嗟に守った1本のGペン。これは柴崎監督が取材の中で「漫画家にとって使い込んだGペンは唯一無二のもの」という話を聞き、取り入れたシーンです。決死の行動で守り抜いたGペンでイラストを描き上げるシーンはバシバシ情熱が伝わってきました。

Production image1
Production image2

森筆ジーペン:徳角浩太郎
石墨を健気に支える漫画家アシスタントヒューマギアを演じたのは徳角浩太郎さん。徳角さん演じるジーペンが自我に芽生えるきっかけは仲間のヒューマギアに対する手ひどい扱いを目にした時でした。事件のあと、新たに石墨が購入したジーペンはベストにベレー帽を被り、石墨からとても大事にされている様子。仕事の分担に関しても、キャラクターは従来通り石墨が描き、ジーペンは背景を担当するようになりました。人間が情熱的に仕事に打ち込めるようお仕事をサポートする、心優しいジーペンを演じてくださり、ありがとうございました。

Production image1

NEXT:???
番組の冒頭、そして中盤でも、アフレコスタジオのシーンで姿を見せたこちらのお二人。次回の現場である「声優」のお仕事回で登場するメインゲストです。声優ヒューマギアを演じるのは、東映を代表する人気アニメで主演を務めたあの方!
そして、そんな彼女の隣に立つ男性。ヒューマギアに対して「手塩にかけて育てます」と、まるで我が子を見るような眼差し向ける男性が抱く特別な想いとは……次回、二人の物語にご注目ください。

ところで、我が子といえば……。

Production image1

遂にその断片が見え始めた謎だらけの滅亡迅雷.netの二人の関係。「お前は俺の息子だ」と迅に告げた滅の言葉の真意も次回、明らかになります。関係を聞かされた迅がとる行動とは。そしてその時、滅は……。全方位的に加速度を上げるゼロワンの展開に、これからもご期待ください!

(文責・近松 知佳)




■現場レポート
① トラちゃん!

Production image1
Production image2

或人のひらめきがヒントになって登場した新フォーム、フレイミングタイガー!
炎を全身に纏ってのカッコ良すぎる登場!その衝撃は見ていた石墨先生の情熱の炎にも引火して、必殺技まで漫画化してしまうほどでした。
この最高にカッコいい登場演出は照明部と操演部による見事な合わせ技です。
横一列に並べられたオレンジライトで直上のパイプから噴射される水蒸気を照らすことで、カメラで撮るとあたかも炎が吹き上がっているように見えるのです!(本物の炎ではないので、カメラも寄って迫力のある絵を撮れるわけです)
続々と登場するゼロワンのフォームチェンジ。その登場演出には各回の監督やスタッフたちの情熱が込められています!


② パフューマン剣―ツルギ―

Production image1

Production image1

連載15年を超えた超人気作品!ということで、石墨先生の自宅には大量のグッズやポスターが飾られていました。このパフューマン剣、シナリオ打合せの段階からかなり気合を入れて準備しておりました。その甲斐あって、もはやこの企画で1本アニメが作れるんじゃないか?と言われるほど作り込んであるのです!(なんと商品化まで決まっています!詳しくはインフォメーションの最新情報を要チェック!)

まず、キャラクターデザインは「カムヤライド」「ノブナガン」などで有名な漫画家の久正人先生に担当していただきました!

Production image1

Production image1

主人公のツルギはもちろん、仲間のシオン、アクス、ナントカ、ランブル、そして…謎の新キャラ「ゴリカン」!個性溢れるキャラクターを描いていただきました!
そして、石墨先生による漫画作画も久先生の手によるもの。迫力満点です!
さらに、ラストシーンで情熱を取り戻した石墨が描いた新章では、キャラ部分は久先生に描いていただき、背景部分は写真加工でヒューマギアによる精密作画を再現しました。まさに劇中さながらの人間とAIの共同作業です!

Production image1

そして、なんと来週もパフューマン剣は登場致します!!

というわけで、現場リポート(パフューマン剣編)も次週へと続きますので、こうご期待!

(文責・湊 陽祐)

■オープニング撮影秘話
オープニングにまつわる撮影ウラ話をいくつかご紹介!
まずは、社長室で或人が大量の書類を前に悪戦苦闘するこちらのシーン。

Production image1
Production image2

オープニングの或人さながら、撮影も悪戦苦闘しました!
高橋くんの頭上に綺麗に書類がなかなか落ちてこず、テイクを重ねること十数回。
(途中、高橋くんの頭にファイルの角がぶつかっちゃうというハプニングも…。)
最終的にはすべてがピタリとハマり、無事に撮り終えることができました。


続いて、どしゃ降りの荒廃した街を或人が歩くシーン。

Production image1
Production image2

撮影当日のお天気は、幸いにもピーカンで雲ひとつない快晴!
普段であれば、絶好の撮影日和ですが…

と、そこに颯爽と登場したのが「雨降らし」のプロ、特機部の方々です。
「雨降らし」とは読んで字の如く、人工的に雨を降らせます。(説明になってないですね)
監督がイメージを伝えると、即座にそのイメージ通りに「雨を降らせる」姿は、まさに職人技!
そして、そのスタッフ全員でつくった空間に渾身の演技で応えた高橋くん、オミゴトでした。
びしょ濡れの高橋くんですが、撮影終了後すぐに温かいシャワーを浴びたのでご心配なく!


最後は、飛電インテリジェンス本社の場面。

Production image1
Production image2

この撮影、実は第1話放送日の9月1日に実施しました。
高橋くん以外のキャストは、ロビーにあった大きなモニターでリアルタイム視聴が出来て大喜び!
高橋くんはというと、飛電インテリジェンス本社前でこのシーンの撮影をしていました。
第1話放送日にオープニングの撮影、
番組放送中に変身シーンの撮影、
と色々な偶然が度重なり、個人的にもとても思い出深い撮影となりました。

そして翌日9月2日が山下三造役の佐伯新さん50歳のお誕生日(節目!)ということで、飛電&エイムズメンバーでお祝いをしました!

Production image1

佐伯さん、改めてお誕生日おめでとうございます!
そんな佐伯さんにまつわるシーンがこちらです。

Production image1
Production image2

福添とシェスタがいる中、ひょっこり顔を出す山下。
この場面、実はデジタルとアナログが織り混ざった撮影方法で撮っております。

デジタル部分は、奥に見える福添の肖像画が落ちる一連のCG合成です。
落ちてくる肖像画に慌てふためく福添と山下とは対象的に、全く動じないシェスタがとても素敵です。

アナログ部分がどこかというと、、、
答えは、山下のひょっこり顔を出す動きです。(!)
撮影方法は至極単純。
佐伯さんに最初しゃがんでいただいて、カメラの動きに合わせて立つ、以上!
佐伯さん49歳最後の日に、最高のひょっこり頂きました。
そして、福添・シェスタ・山下の飛電トリオ、どうぞ宜しくお願いします!


Production image1
Production image2

オープニング撮影秘話、いかがでしたでしょうか。
振り返ってみると、一つ一つのカットにエピソードがあります。
今後もさまざまなエピソードをご紹介していきますので、お楽しみに。

そして、ますます加速するゼロワン。
次回は、声優のお仕事編です!

Production image1

(文責・百瀬 龍介)

今週のアイテム

HIDEN ZERO-ONE DRIVER

FLAMING TIGER PROGRISEKEY

?????

HIDEN ZERO-ONE DRIVER

RUSHING CHEETAH PROGRISEKEY

?????

INFORMATION

①ウラ仮面ライダー#04 予告公開!

その名の通り、仮面ライダーの裏側にせまる突撃番組、「ウラ仮面ライダー」!
#04は「令和と向き合う男たち【前編】」と題して、杉原監督と渡辺AC監督のロングインタビュー!



本編の公開は10/6から!詳細はテレビ朝日の番組ページを要チェック!
https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/spmovie/
※「ウラ仮面ライダー」はS&Lの2種類あります。SはYoutubeでの公開、Lは東映特撮ファンクラブでの限定配信です。

②世界体操コラボ動画公開!

谷川兄弟×仮面ライダーゼロワン!「世界体操」での目標はただ一つ、世界一だ!
ゼロワンと世界体操が奇跡のコラボ!谷川兄弟と共に体操技で戦うゼロワンにご注目!


③或人も大好き!パフューマン剣グッズが発売決定!

5、6話に登場の劇中作「パフューマン剣」グッズがまさかの商品化!詳しくはバンコレ!をチェック!
https://bandai-fashion.jp/character/list/?character=c0002027&sales_status=ALL

Information image1

④YouTubeで《仮面ライダーゼロワン変身講座》を公開中!

飛電インテリジェンス社長秘書のイズが、社長の飛電或人に仮面ライダーゼロワンへの変身ポーズをレクチャー!!
変身ポーズを完璧にマスターしよう!!


⑤YouTubeで《「REAL×EYEZ」TVsize リリックビデオ》を公開中!

作曲はLUNA SEAのベーシストであり、LUNA SEAが発表してきた数々のヒット曲を手がけてきたJが担当、ボーカルはパワフルな歌声を響かせる西川貴教が担当。
かねてから親交のあったふたりですが、西川自身が念願だったと語る、仮面ライダーシリーズ主題歌のオファーを受け、西川がJを誘ったことで夢のコラボレーションが実現しました。


(文責・湊 陽祐)