EPISODE #11

カメラを止めるな、アイツを止めろ!

2019年11月17日放送

脚本: 筧 昌也

監督: 中澤祥次郎

EPISODE GUIDE

今週のアイテム

INFO

EPISODE GUIDE

Thumbnail image1 Thumbnail image2 Thumbnail image3 Thumbnail image4 Thumbnail image5 Thumbnail image6 Thumbnail image7 Thumbnail image8 Thumbnail image9

第11話

飛電の社運をかけたドラマプロジェクトが危機に陥っていた。ヒューマギア俳優・松田エンジの芝居に対して「人間の厚みを感じない」と不信感を抱いた共演の大和田伸也が、ドラマの降板を訴えているというのだ。或人は社長として、大和田説得のために動き出す。
一方で、大和田伸也に芝居が認められ弟子となった暗殺ヒューマギアには『大和田伸也の暗殺』指令が下されて―――。

第10話 ハイライト

Highlight image1

早くも10話。AIと人間の関わりを描いてきた『ゼロワン』ですが、物語を進めていると時々主人公である飛電或人のキャラに、素で驚かされてしまうことがあります。
「こんな奴いるの!?」と。
或人は“人口知能搭載ロボ・ヒューマギアと人間の共存”を望んでいるキャラクター。そのため、ヒューマギアを守ったり、ヒューマギアに希望を託したりするわけです。実際、本当に自分の隣にこんな人がいたらヘンだなぁと感じちゃうだろうな、と我ながら思います。

もちろん、AIのことをこれほどまで認め、信じている人物を描くことこそが『ゼロワン』の前衛的なところ(そういう時代が本当に来るかどうかは分かりませんが……)なのですが、逆にそんな或人のキャラクターに対して「ヘンだなぁ」と思いながらも、ある程度の説得力を感じられるのは、やっぱり今という時代のせいなのかもしれません。全自動制御のクルマに乗り込んで、「目的地まで安全にたのむぜ、相棒!」と言えば、寝ている間に目的地に着いちゃうようなことが現実に起きそうな時代だからこそ、AIが擬人化されたヒューマギアたちを信じることにリアリティがあるのでしょう。

我ながら視聴していて面白いと感じることがあります。ヒューマギアを演じる皆さんが、セリフに感情をこめていても、セリフの感情を殺していても、どちらにも何とも言えない(哀愁に似た)感覚を憶えることです。どんなことを感じるかは状況によって変わりますし、人によっても変わると思うのですが、これもまた人間によって作られた人工知能が一般的になった今の時代だからこそ、な気がしています。もしAIに囲まれた現代のような世界で育った子供たち(それこそが或人)が大人になったら、本当にAIと手を取り合って生きていく人間が生まれるのかもしれない。そんなことをツイツイ思ってしまう10話の過ぎたタイミングでの、制作者の雑感でした。

(文責・大森 敬仁)

第10話 プロダクションノート

■ゲスト紹介

大和田伸也:大和田伸也

Production image1

飛電インテリジェンスの社運を賭けた一大プロジェクトにおいて、成功の命運を握る目玉としてキャスティングされた大物俳優! 演じるのは正にその人・大和田伸也さんです。ゼロワンの世界観の中では暗殺者や犯人役を演じさせたら右に出る者はいないという役どころ。いざ大和田さんが現場に入られると、そのオーラに圧倒されることは勿論、低く艶のある声が深く響いて、目も耳も幸せになったことが印象的でした。それだけ、俳優という仕事の持つ魅力、人を魅了することの真意などを大和田さんの立ち振る舞いから教えていただいたように思います。そんな大和田さんの俳優道にぜひ、来週も酔いしれてください。


松田エンジ:崎本大海

Production image1

飛電インテリジェンス期待の俳優ヒューマギア・松田エンジを演じたのは崎本大海さん。長く東映作品をご視聴の方ならば、仮面ライダー鎧武での出演の記憶も印象色濃く残っていると思います。10話冒頭でエンジが鼠に銃を向けるシーンは、撮影所内の坂で雨降らしの演出をしながら崎本さんに何度も駆け上がっていただきました。体力的に大丈夫ですか?と問いかけたところ「走るの得意なんで! フルマラソンも走れます!」と爽やかオーラ全開のお返事をいただき、これまた俳優業の表面からは分からない秘めた底力を実感しました。次回、エンジは大和田さんに俳優として認めてもらうことができるのか…ドラマの行方にもぜひ、ご注目ください。


天津垓:桜木那智

Production image1

ついに素顔が明らかになったZAIAエンタープライズ・ジャパン社長の天津垓(あまつがい)を演じていたのは桜木那智さんです。
若干22歳でありながら、とても落ち着いた雰囲気ある桜木さん。
天津垓というポジションは当初、途中から参加する予定だったため、最初から選ぶ必要の無い役でした。しかし、メインキャストオーディション参加していた桜木さんを逃す手は無い!ということで急遽オファーし、3話からの出演ということになったのです。
そんなわけで、初登場した際には、「とにかく金持ち!社長!」ぐらいしか情報がなく、スタッフ、キャストの誰もが全くキャラクターをつかめない中での撮影だったのですが、安定した演技で余裕たっぷりに垓を演じてくれました。
ついに或人の前へ顔を出したことによって、今後どのように物語が動いていくのか。
天津垓の動きにご注目です。

(文責・湊 陽祐)





■現場レポート
① 暗殺者の道具

Production image1

福添副社長による死体役の熱演が光った倉庫のシーンにて。大和田さんが構えていた銃が一際輝きを放っていたことも気づいた人も多いのでは。大和田さんが手にしていたのはゼロワン操演部がこだわり抜いて用意した一品、銀色に輝くコルトパイソン(新品)です。一流の暗殺者の持つ道具として、立ち振る舞いやオーラに凄みを加える小道具。ドラマ作りの現場をそのまま覗き見られるような俳優編、ぜひ次回も細部まで注目してご覧ください。


② 本番中はお静かに……

Production image1

ドラマ撮影中に滅亡迅雷.netの襲撃を受け、やむなく始まった戦闘。エキストラとして集中する或人になんとか状況を伝えるべく、優秀な秘書・イズのとった手法はなんとジェスチャー! コミカルなこの動き、実は全てイズ役・鶴嶋乃愛さんのアドリブです。中澤監督の中にもプランはあったものの、まずは自分で思うように、とテストで披露してもらったところ一発OK! ますます芸達者になっていくイズの高性能さの裏には、鶴嶋さんの底知れない表現力があったのです。


③ 暗殺ちゃん・潜入スタイル

Production image1

10話、11話は《俳優編》である一方、07話の登場からじわじわ人気を上げている暗殺ちゃんのメイン回でもありました。ヒューマギアであることを隠して潜入するためには、滅や迅が普段しているように、特徴的な「耳」を隠す必要があります。暗殺ちゃんがとった手段は「長髪のカツラ」。撮影現場にありそうなアイテム、ということで、スタッフの試行錯誤のもとで生まれたこのスタイル、いかがでしたでしょうか。ガラリと印象の変わった服装についても、現場スタッフから拝借した、という裏設定があります。画面のどこかに暗殺ちゃんと同じ服装のスタッフが写っているシーンがありますので、ぜひ探してみてください。

(文責・百瀬 龍介)


今週のアイテム

HIDEN ZERO-ONE DRIVER

LIGHTNING HORNET PROGRISEKEY

?????

HIDEN ZERO-ONE DRIVER

GATLING HEDGEHOG PROGRISEKEY

?????

INFORMATION

01. 12/21公開!「仮面ライダー令和ザ・ファースト・ジェネレーション」プレミア特典付前売券11月23日(土)発売開始!

11月10日(日)のテレビ放送で初登場!ハリネズミの力を宿した「DXガトリングヘッジホッグプログライズキー」
全国合計3.5万個限定のプレミアアイテムを映画館で手に入れろ!
或人社長とイズからの特別映像が公開!!
WEB限定特別映像解禁!

注目の新映像はこちらからチェック!
http://kamenrider-winter.com/





02. 1/22開催!「超英雄祭LIVE & SHOW 2020」

昭和、平成、そして令和―― 時代と共に駆ける「スーパーヒーローと音楽」夢の祭典!!

スーパーヒーローエンターテイメントの最高峰、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズによる年に一度の祭り、超英雄祭。
今回は史上初、横浜アリーナでの開催が決定!!
令和01年9月より放送開始の新仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』と、
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の番組出演キャストによるトークショー、
そして仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを盛り上げるアーティストたちによる豪華ミュージックライブをお届けするスペシャルイベント。
ミュージックライブでは、豪華なゲストアーティストたちによる超英雄祭だけのスペシャルライブが実現!
ここでしか見られない豪華イベントを見逃すな!
詳しくはこちら⇒
https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/eiyusai2020/

Information image1
Information image2

03. ウラ仮面ライダー#07予告編本日公開!

その名の通り、仮面ライダーの裏側にせまる突撃番組、「ウラ仮面ライダー」!
続・滅亡迅雷NGウラ仮面&脚本制作メンバー登場!
仮面ライダーゼロワンのメイン脚本家:高橋悠也さん、石森プロ:山辺浩一さん&金子しん一さん、東映:大森プロデューサーをゲストに、それぞれの役割やお仕事内容などゼロワン脚本の裏話をインタビュー!
そして、前回の続きとなる続・滅亡迅雷NGウラ仮面。 滅亡迅雷ファンの方々は本当に観なきゃ損回です。
そして衝撃の結末。篠宮襲撃の謎が明らかに…!
詳細はテレビ朝日の番組ページを要チェック!
https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/spmovie/
※「ウラ仮面ライダー」はS&Lの2種類あります。SはYoutubeでの公開、Lは東映特撮ファンクラブでの限定配信です。

04. YouTube で《仮面ライダーゼロワン変身講座》を公開中!

飛電インテリジェンス社長秘書のイズが、社長の飛電或人に仮面ライダーゼロワンへの変身ポーズをレクチャー!!

変身ポーズを完璧にマスターしよう!!



05. YouTubeで《「REAL×EYEZ」TVsizeリリックビデオ》を公開中!


作曲はLUNA SEAのベーシストであり、LUNA SEAが発表してきた数々のヒット曲を 手がけてきたJが担当、ボーカルはパワフルな歌声を響かせる西川貴教が担当。
かねてから親交のあったふたりですが、西川自身が念願だったと語る、仮面ライダーシリーズ主題歌のオファーを受け、西川がJを誘ったことで夢のコラボレーションが実現しました。




(文責・湊 陽祐)