Poster image

クレジット

原作:石森章太郎
脚本:虚淵玄
監督:田﨑竜太
プロデューサー:
 佐々木基(テレビ朝日)
 武部直美(東映)
 望月卓
 菅野あゆみ(テレビ朝日)
制作:
 テレビ朝日
 東映
 ADK

Logo image

KAMEN RIDER GAIM

放送期間
2013.10.6~2014.9.28【全47話】
主題歌

JUST LIVE MORE / 鎧武乃風

Poster image

「ライダー戦国時代」

アルバイトに勤しむ青年・葛葉紘汰は、もっと強く、何でもできる自分に変身したいと思い悩んでいた。そんな折、謎の変身ベルトを拾い、アーマードライダー鎧武へと変身する力を入手。空間の裂け目から現れる異世界の怪生物「インベス」から人々を守るために戦い始める……。アーマードライダー同士のバトル、異種族との出会い、やがて戦いは二人の男の一騎打ちへと収束していく。

クレジット

原作:石森章太郎
脚本:虚淵玄
監督:田﨑竜太
プロデューサー:
 佐々木基(テレビ朝日)
 武部直美(東映)
 望月卓
 菅野あゆみ(テレビ朝日)
制作:
 テレビ朝日
 東映
 ADK

第1話「変身!空からオレンジ」

第1話「変身!空からオレンジ」

第2話「必殺!パインキック!」

第2話「必殺!パインキック!」

相関図&各話詳細

Relationship image

 巨大企業「ユグドラシル・コーポレーション」を中心につくられた計画都市・沢芽市。どこか閉鎖的な雰囲気が漂うこの街で暮らす若者たちは、鬱屈した感情を爆発させるようにストリートダンスに夢中になっていた。通称「ビートライダーズ」と呼ばれる彼らは、いくつかのチームに分散。街の各地にあるダンスステージでチーム同士が諍いを起こすと、錠前型のアイテム「ロックシード」を使って、「インベス」と呼ばれる謎の怪物同士を戦わせる「インベスゲーム」で決着を付けていた。
 そんな沢芽市で暮らす元ビートライダーズの青年・葛葉紘汰は、子ども時代から早く脱却し、自立した大人になりたいという〝変身願望〟を持ちながら、日夜アルバイトに勤しんでいた。ある日、紘汰は自身がかつて所属していた「チーム鎧武」のチームメイトである高司舞ともに、不思議な森に迷い込んでしまう。さらに、ビャッコインベスと遭遇し、危機的状況に追い込まれるが、森で拾ったバックル状のツール「戦極ドライバー」を使い、「アーマードライダー鎧武」に変身。その絶大な力でビャッコインベスを撃退する。
 思わぬ形で変身願望を叶えてしまった紘汰。だが、鎧武に変身して、いったい何をすればいいのか……紘汰は新たな悩みを抱えてしまうことに。そして、その力を使うべき機会が突然訪れる。紘汰が助っ人として参戦した「チーム鎧武」と、「チームバロン」のインベスゲームの最中に、紘汰の操っていたシカインベスが暴走。鎧武に変身してこれを撃退した紘汰が見たのは、かつての仲間たちの喜ぶ顔であった。この力は自分のためではなく、仲間たちのために使うべきものなのだと理解した紘汰は、チーム鎧武への復帰を決断。インベスゲームに生身で挑む新たなプレイヤーの登場に、ギャラリーたちも沸き返るのだった。
 その後、紘汰に続きチームバロンのリーダー・駆紋戒斗が戦極ドライバーを得て「アーマードライダーバロン」に変身する力を得たのを機に、同じくチーム鎧武で紘汰の弟分である呉島光実が「アーマードライダー龍玄」に変身。まるで何か巨大な力が動いているかのように、ひとり、またひとりと新たなアーマードライダーが出現していき、チーム同士の抗争も激しさを増していく。その様子はまるで戦で互いの領土を奪い合う、戦国時代を思わせるようでもあった。

続きをみる
Relationship image

 「戦極ドライバー」を開発したのは「ユグドラシル・コーポレーション」であり、「ビートライダーズ」を利用して、その実験をしていたことを知った葛葉紘汰と呉島光実。一方で市街地へのインベス出現が頻発。しかもそれは、「インベスゲーム」に勤しむビートライダーズたちの仕業ということにされてしまう。さらに、「戦極ドライバー」を破壊されて「アーマードライダー黒影」への変身能力を失い、自暴自棄になった「チームレイドワイルド」のリーダー・初瀬亮二が、森の果実を口にしたことでヘキジャインベスに変貌。自我を失い暴れる初瀬をなんとか助けようとする紘汰だったが、そこに現れた新たな変身ベルト「ゲネシスドライバー」を装着したユグドラシル所属の「新世代アーマードライダー」たちが、処分の名目のもと初瀬を始末するのだった。
 その後、戦極ドライバーとゲネシスドライバーの開発者である戦極凌馬は、紘汰、そして駆紋戒斗に接触し、ユグドラシルへの協力を要請する。弱者を虐げるものを強く憎む戒斗は、その申し出を拒絶。そして、大人たちの勝手な都合で物事を進めることに怒りを隠さない紘汰もそれを断わった。そんな彼に手を差し伸べたのは、ネット配信動画でビートライダーズたちを囃し立てるDJサガラ。その真意はいったい……!?
 一方、光実は自身の兄である呉島貴虎が、戦極ドライバーの実験に関わっていることを知ってから、単独でユグドラシルを調査。そこで知ってはならない事実、かつての「チーム鎧武」のリーダーである角居裕也がビャッコインベスに変貌し、アーマードライダー鎧武=紘汰に倒されていたことを知る。さらに、兄・貴虎から謎の森「ヘルヘイムの森」に関わる驚愕の真実を教えられると、ユグドラシルに協力することを決断。そのことを紘汰や仲間たちに秘密にしながらの二重スパイ生活を演じることになるのだった。
 この混迷する状況のなか、ビートライダーズたちの心にも変化が訪れる。「チーム鎧武」の高司舞を中心に、ひとり森に挑むことを決めた戒斗から「チームバロン」を託され新たなリーダーとなったザックやペコら、心からダンスを愛する者たちが集結し、チームの垣根を超えて合同ダンスイベントを開催。ビートライダーズ=悪と決めつける者たちの妨害にも屈さずにイベントを大盛況で終わらせると、彼らは心をひとつにするのだった。

続きをみる
Relationship image

 呉島貴虎から「ヘルヘイムの森」の真実、そして戦極凌馬から人類救済のために多大な犠牲を強いなければならない「プロジェクトアーク」の詳細を聞いた葛葉紘汰。さらに貴虎からは、紘汰が知らずとはいえ角居裕也を手に掛けてしまっていたという驚愕の事実を聞かされ、完全に戦う気力を失ってしまう。だが、DJサガラからの「世界を変えろ」という言葉、そしてヘルヘイムの森に適応する知的生命体「オーバーロード」の存在を教えてもらったことで奮起。再び戦う心を取り戻した。紘汰は裕也の件、そしてヘルヘイムの森とインベスの秘密を高司舞に告げると、このことを知った呉島光実が憤慨。仲間たちを、特に慕っている舞を絶対に巻き込みたくなかった光実の中にどす黒い感情が湧き上がる。希望を信じようとする紘汰こそが、自分の大切な居場所を乱す元凶である……と。
 プロジェクトアークのノルマを達成した凌馬の真なる野望。それはヘルヘイムの森のどこかにあると予測する禁断の果実こと「知恵の実」を手に入れることだった。手にした者に神秘的な力をもたらすという禁断の果実は確かに存在し、その在り処の秘密はオーバーロードが握っている。DJサガラからそう聞いた凌馬は歓喜。凌馬が駆紋戒斗を利用してヘルヘイムの森に挑ませ、オーバーロードに接触させようとしていたのも、このことが要因だったのである。一方で貴虎は紘汰からオーバーロードの存在を教えられると、彼らとの対話を試みることで犠牲を強いることのない人類救済が可能かもしれないと考え、紘汰と固い握手を交わした。喜び勇んでこのことを同志であるはずの凌馬に告げる貴虎だったが、もはやふたりが目指す先は違っていた。凌馬にとっては邪魔者でしかない貴虎は騙し討ちに合い、ヘルヘイムの森で行方不明となってしまう。
 それぞれ複雑な思いを抱きながらオーバーロードと接触する紘汰と戒斗。ヘルヘイムの森の支配者ともいえる彼ら種族の名は「フェムシンム」。その個体はもはや数えるほどしか残っていなかったが、人類の手に負えるような生易しい生命体ではなかった。生粋の戦士というべきデェムシュは人類を猿と罵り刃を向け、退屈な森に飽き飽きとしている智将・レデュエは、紘汰たちを楽しく遊べそうな玩具としか見ていない……。そんな彼らとの対話ができるわけもなく、結局のところ激しい戦いに発展。だが、そんななかで、傷を負い森で倒れている貴虎を介抱したフェムシンムの王・ロシュオだけは、ほかの者たちとは違った考えを持っていた。

続きをみる
Relationship image

 自分が選んだ人類のみを生き延びさせることを条件に、呉島光実が「オーバーロード」のレデュエと結託。レデュエによる沢芽市侵攻が開始され、「ユグドラシルタワー」は陥落した。この緊急事態に戦極凌馬は沢芽市を捨てることを決め、ひとり脱出用ロケットで街から逃走したが、これを機に街に残る全アーマードライダーたちが団結。駆紋戒斗、さらには「ユグドラシル・コーポレーション」側の「アーマードライダーマリカ」こと湊耀子も皆に協力し、街の人々を守るために戦うことを決める。そして、戒斗のリーダーシップの高さを見た紘汰は、「知恵の実」が存在するのなら、戒斗に譲ってもよいとまで言い出すのだった。
 人類にもたらされるべき知恵の実を持つ者はロシュオ。「ヘルヘイムの森」の侵略に瀕し、強き者を選別したが故に、「フェムシンム」の民が滅びに向かっていったことを悔やみ、今は亡き王妃の復活だけを夢見て朽ちる日を待つのみ……。レデュエは、そんなロシュオに王妃を蘇らせることを条件に知恵の実の譲渡を約束させる。人類の科学力とフェムシンムの呪術の力を合わせればそれは可能。だが、その装置を起動させるには、多数の生贄が必要だった。配下のオーバーロードに、沢芽市の市民たちを拉致するよう命じるレデュエ。その中には紘汰の姉である葛葉晶も含まれていた。
 その後、ロシュオが呉島貴虎を解放。沢芽市に戻った貴虎はユグドラシルが世界を守れなかったことに失望し、さらには光実がついに紘汰に刃を向け、仲間たちを裏切っていることを知り愕然とする。自分が信じる「ノブレス・オブリージュ」の想いは光実には届かなかった……。貴虎はその手で決着を付けることを決め、兄弟同士が激しくぶつかり合う。そして、貴虎は光実の非情の一撃により海に落ち、再び行方不明となる。
 兄を手に掛けたことで、自分を否定する貴虎の幻影に苦しめられることになる光実。そんな彼は、自分の望む新世界に迎えようと拉致した高司舞を、人類を見定めさせるべくロシュオの側に置く。ロシュオはどんな状況下にあっても決して希望を捨てず皆の想いを信じる舞の姿に、かつて愛した王妃の姿を重ねると、人類の未来を託すに相応しいと決断。自らの持つ「黄金の果実」こと知恵の実を舞の体内に埋め込んだのであった。
 紘汰と戒斗は仲間たちとともにさらわれた街の人々や舞を救出すべく、沢芽市に帰ってきた凌馬のアシストを受けてユグドラシルタワーへ。レデュエ、そしてロシュオとの決戦が近づくなか、やがて想像を絶する過酷な運命に身を委ねなければならないことを、彼らはまだ知る由もなかった。

続きをみる
Relationship image

 レデュエ、ロシュオが倒れ、「オーバーロード」こと「フェムシンム」の民は滅亡した。そして、数々の卑劣な手段を弄してきた戦極凌馬も、ヘルヘイムの毒による激痛を乗り越えて自我を保ったままオーバーロードの粋に達した駆紋戒斗こと「ロード・バロン」の一撃を受け、その野望に満ちた人生を終えた。一方の葛葉紘汰は呉島光実との決戦で、まるで光実を説き伏せるかのように自ら光実の刃を受けて倒れるも、知恵の実の力の一端である「極ロックシード」を使用したことでその肉体は人ではなくなりつつあり、驚異的な回復を見せる。そして、紘汰の命をかけた説得、さらには自身が支えとしていた高司舞が消滅したことで、光実は心神喪失状態に陥り、まるで抜け殻のようになってしまう。
 消滅したように思われた舞は、それを食したものに神秘的な力をもたらす「知恵の実」を託す「始まりの女」となった。戦い、奪い合い、最後に勝ち残った者に知恵の実は授けられる。
 残されたのは紘汰と戒斗。選ばれし「始まりの男」となるのは果たしてどちらか――。

 すべての戦いが終わり、しばらくの時が流れた。光実との戦いで海に投げ出されるも、救出され奇跡的回復を見せた呉島貴虎を中心に、沢芽市の復興が急ピッチで進み、戦いに生き延びた者たちはそれぞれ傷を抱えながらも、前に向かって進もうとしていた。皆を裏切ることになってしまい、心に暗い影を落としたままの光実を除いて……。
 そんななか、かつて沢芽市を包んだ夢の世界に出現した疑似「黄金の果実」こと、コウガネが力を蓄えて復活。一人の少女の身体に乗り移り「アーマードライダー邪武」に変身すると、アーマードライダーたちへの復讐を宣言する。ただひとつ残された量産型の「戦極ドライバー」を使って撃退せんとする貴虎たちだったが、強大な力を持つコウガネには歯が立たない。そこに現れたのは……光実。自身の「戦極ドライバー」と「ブドウロックシード」を使い、「アーマードライダー龍玄」に変身すると、残された者として、街を守るためにコウガネに戦いを挑まんとする。
 決意を新たに必死になって戦うものの、コウガネとの力の差は歴然。光実は徐々に追い込まれ、もはやこれまでかと諦めかけたそのとき!? まばゆい光とともに出現したのは、「始まりの男」となった葛葉紘汰の姿であった。

続きをみる

登場仮面ライダー

主要登場人物一覧

主要アイテム一覧