KAIJIN

すこるぴおわーむスコルピオワーム

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第19話『さそり富豪』(2006年6月4日放送)

■説明

神代剣(擬態)の本当の姿。サソリに似た特性をもつ。

銀色の堅牢な外殻に覆われ、右腕には鉤爪、左腕にはサソリのハサミのような盾を備える。また、頭部からはサソリの尾のような触手が後方に垂れている。また全身にあるトゲにはティティウストキシンという猛毒があり、接触されるだけでも脅威となる。

両肩からは、別の毒性をもつムチのような針を伸ばすことができ、この毒を注入した相手を支配することができる。

人間への擬態能力、そして成虫のワーム共通の一定時間のみ可能な超高速移動「クロックアップ」も発動可能。

1年前に本物の神代剣とその姉の神代美香を亡き者にしたあと、剣に擬態したが、本物の意識が強かったことから自分がワームであることを忘れ、本来の姿を見せることはなかった。

しかし、剣(擬態)が仮面ライダーサソードとして戦ったあとなどにワームの姿に戻り暴走。この時の記憶は剣(擬態)から消えている。

カッシスワーム クリベウスとの戦いをきっかけに、自分がワームであることを自覚。「ワームの頂点に立つ者」として行動を開始し、肩の毒針で2体のカッシスワーム クリベウスを支配下に置くと、ワーム(サナギ体)の大軍団を率いて、対ワーム秘密組織「ZECT(ゼクト)」と仮面ライダーたちに戦いを挑む。

そして、仮面ライダーカブトとの死闘の果てに、仮面ライダーカブト ハイパーフォームがパーフェクトゼクター ソードモード(パーフェクトモード)が発動した「マキシマムハイパータイフーン」のエネルギー波を受けて敗北。瀕死の状態で自身の屋敷に戻ると、剣(擬態)の姿でじいやに優しく見守られながら息を引き取った。

自身が起こしたZECTとの決戦によりほとんどのワームは消滅。最後に自らがカブトに倒されることで、剣(擬態)が常々語っていた「すべてのワームは俺が倒す」を実践してみせたのだった。


身長:225.0cm

体重:137.0kg

特色/力など:クロックアップ、擬態能力、相手を支配する毒針

声:山本裕典(やまもと・ゆうすけ)

変身者

  • 神代剣(擬態)

関連人物

  • 神代剣

  • 神代美香

  • じいや

  • 加賀美新

  • 立川大吾

関連怪人

  • カッシスワーム クリベウス

  • ワーム(サナギ体)