ITEMS

はりけーんハリケーン

登場作品
仮面ライダーV3
初登場回/初登場作品
第2話『ダブルライダーの遺言状』(1973年2月24日放送)

■説明

仮面ライダー1号、仮面ライダー2号が、新サイクロン号のデータを元に開発した、仮面ライダーV3専用の高性能マシン。

通常時は風見志郎が乗る市販車のオートバイにカモフラージュされているが、V3の変身に合わせて変形する。

最高速度600km、最高出力1000馬力を誇るスーパーマシンで、あらゆる悪路をはじめ、水中や水上も走行できるほか、ロケットブースターによって最大10時間の空中飛行も可能。

自己判断能力機能を持つ走行コンピュータを内蔵しているため、V3の呼びかけに応じて、無人走行によりどこへでも駆け付ける。

また、両サイドに備わるウイングは2段階に伸縮。空中飛行時の揚力を得るほか、鋭い切れ味を持つカッターのような武器としても利用できる。

カウル前面部には仮面ライダー1号、2号が腰部に装着しているタイフーンと同じ機能を持つ風車が設置されており、風を吸収することでエネルギーへと変換する。風車の色はハリケーンの速度に応じて変化し、通常時の赤色から時速200kmで青色、400kmで黄色へ、600kmを超えると再び赤色となる。


■主な使用者

風見志郎仮面ライダーV3


■このマシンに乗った仮面ライダー

仮面ライダーV3


■主な二人乗り

仮面ライダーV3&佐久間ケン

01
1

ハリケーンとは……

仮面ライダーV3が搭乗する高性能バイク。

[マシンスペック]
■全長:2300mm
■全高:1210mm
■重量:320kg
■最高時速:600km/h
■最高出力:1000馬力

タイフーン

風を吸収してエネルギーに変える。仮面ライダー1号や仮面ライダー2号が腰に装備しているベルト、タイフーンと同じ効果を持つ。
風車の色は通常時は赤色だが、時速200kmで青色、時速400kmで黄色、時速600kmでは再び赤色へと変色する。

赤外線追尾装置

熱源の温度、形状、距離、速度を記憶し、自動追跡する装置。

レーダーランプ

レーダー波を発射する特殊なライト。赤外線や紫外線も照射可能。

ウイング

2段階に伸縮して揚力を得る翼。体当たりで対象を切断するカッターとしての機能も発揮する。

走行コンピューター

姿勢制御用のジャイロ機構を内蔵したコンピューター。自己判断能力を持ち、仮面ライダーV3の呼び出し指示を受けると、V3の脳波を辿ってどこへでも駆けつける。半径2km圏内であれば、V3の遠隔操作による自動走行も可能。

エアインテーク

空気を吸入し、ジェットエンジンへと送り込む。

パラシュート

内部に収められた停止用パラシュート。逆噴射ノズルとの併用で一瞬の緊急停止を可能とする。

垂直尾翼

高速走行時の姿勢安定に加え、飛行中には舵の役割を果たす。

ジェットノズル

空中では飛行用ジェット、水中では推進用ガスを噴出して加速する。

姿勢制御ノズル

コンピューターにより自動制御された安定走行を保つための補助ロケット。

エアクラフト装置

下方向に向けて空気を噴出して、空中でのホバリングや水上滑走、着地時の衝撃緩和を行う。

原子力エンジン

1000馬力を生み出す小型原子炉。

ロケットブースター

飛行をも可能とする爆発的な加速を生み出すブースター。

特殊タイヤ

絶対にパンクしない特殊ゴム製。垂直の壁でも張り付いて走行する。高温にも耐え、炎の中での走行も可能。

逆噴射ノズル

前方にジェット噴射して緊急停止を行う。飛行中の姿勢制御に使用する。
  • ハリケーンとは……
  • タイフーン
  • 赤外線追尾装置
  • レーダーランプ
  • ウイング
  • 走行コンピューター
  • エアインテーク
  • パラシュート
  • 垂直尾翼
  • ジェットノズル
  • 姿勢制御ノズル
  • エアクラフト装置
  • 原子力エンジン
  • ロケットブースター
  • 特殊タイヤ
  • 逆噴射ノズル

関連人物

  • 風見志郎

  • 本郷猛(V3)

  • 一文字隼人(V3)