Poster image

クレジット

原作:石森章太郎
脚本:下山健人 ほか
監督:田﨑竜太 ほか
チーフプロデューサー:佐々木基(テレビ朝日)
プロデューサー:
 井上千尋(テレビ朝日)
 菅野あゆみ
 白倉伸一郎(東映)
 武部直美
制作:
 テレビ朝日
 東映
 ADK

Logo image

KAMEN RIDER ZI-O

放送期間
2018.9.2~2019.8.25【全49話】
Poster image

「俺は仮面ライダーの王となる!」

 2018年秋 ――王になることを夢見る2000年生まれの主人公の前に突如現れたタイムマシーン。 そのタイムマシーンから現れた謎の少女は彼に告げる。 「私は2068年からやってきた。未来の世界は魔王が君臨し、人々を苦しめ、希望のない世界を創りだしている」
 そんな絶望的な未来の世界を変えるために2018年にやってきた少女はさらに告げる。 「未来のアナタこそが、いずれ世界を破滅させる魔王にして時の王者“ジオウ”となる」と。
 仮面ライダージオウに変身する運命にある主人公、彼はヒーローではなく未来の魔王なってしまうのか・・・果たして未来の運命は? これは時空をまたにかけ、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、過去・現在・未来、あらゆる時を救うために戦う次代の王となる仮面ライダーの物語。

クレジット

原作:石森章太郎
脚本:下山健人 ほか
監督:田﨑竜太 ほか
チーフプロデューサー:佐々木基(テレビ朝日)
プロデューサー:
 井上千尋(テレビ朝日)
 菅野あゆみ
 白倉伸一郎(東映)
 武部直美
制作:
 テレビ朝日
 東映
 ADK

第1話「キングダム2068」

第1話「キングダム2068」

第2話「ベストマッチ2018」

第2話「ベストマッチ2018」

相関図&各話詳細

Relationship image

 〝王様になりたい〟という、少し世間ずれした夢を持っているが、それ以外は至って普通の高校生、常磐ソウゴ。その日常は、時計型の不思議なアイテム「ライドウォッチ」を拾ってからを境に一変することとなる。
 未来から来たという戦士、「仮面ライダーゲイツ」こと明光院ゲイツに命を狙われ、必死に逃げるソウゴ。ゲイツと同じく未来から来た少女、ツクヨミに間一髪で救われたものの、彼女の話によると、ソウゴは50年後の未来では最低最悪の魔王「オーマジオウ」として世に君臨し、人々を苦しめているのだという。
 次から次へと普通ではない状況が続くなか、さらに追い打ちをかけるように、過去に世界を救うために活躍したはずの〝仮面ライダー〟を模した怪人「アナザーライダー」が出現。それを使役するウール、オーラ、スウォルツら「タイムジャッカー」たちは、オーマジオウに変わる新たな王を擁立すべく、ソウゴを亡き者にせんとするのだった。
 絶体絶命のソウゴを救ったのは、ソウゴを〝我が魔王〟と呼び傅く預言者風の青年、ウォズ。彼の導きにより「ジクウドライバー」、そしてブランクのライドウォッチが変化した「ジオウライドウォッチ」を得たソウゴは、ツクヨミが静止するのも聞かず、〝最低最悪ではなく最高最善の王になる〟と宣言し「仮面ライダージオウ」へと変身を遂げる。
 アナザーライダーを撃退するジオウの姿を目撃したゲイツは、ソウゴがやがてオーマジオウとなると確信するが、ソウゴとオーマジオウのあまりの人間性の違いに戸惑い、ツクヨミとともに彼の動向をひとまず監視することを決めるのだった。
 その後、ソウゴはアナザーライダーとの戦いを続けながら、仮面ライダーたちの力を次々と継承。順調に王へと至る道を歩んでいく。だが、そこに〝世界の破壊者〟の異名を持つ門矢士(かどやつかさ)こと「仮面ライダーディケイド」が出現。彼はソウゴを圧倒的な力で叩き伏せると時空の壁を開き、「自分の未来の姿を見てこい」と、ソウゴを50年後へと送り込む。そしてソウゴが見た50年後の未来。そこにはツクヨミが言っていたとおり、絶望の世界が広がっていた……。

続きをみる
Relationship image

 人々から最低最悪の魔王と恐れられる「オーマジオウ」。50年後の自分の姿を実際に見てしまった常磐ソウゴは、現代に戻るとすっかり意気消沈してしまい王への道を諦めてしまう。だが、「タイムジャッカー」たちはこれを好機と見て猛攻を仕掛けてくるのだった。そんなソウゴを救ったのは、ともに「アナザーライダー」と戦ってきた明光院ゲイツ。「お前が最低最悪の魔王になったら、俺が倒す!」という彼の言葉を受け、再びソウゴは理想の王になるべく「仮面ライダージオウ」に変身する。
 その後、ゲイツやツクヨミが来た別の未来から、もうひとりのウォズ(白ウォズ)が来訪。本来のウォズ(黒ウォズ)が驚愕する一方で、白ウォズは「仮面ライダーウォズ」へと変身しゲイツの前に傅くと、「我が救世主」と呼ぶのだった。もうひとつの未来……そこではゲイツが変身する「仮面ライダーゲイツリバイブ」がオーマジオウを打倒し、人々に安息をもたらしたという。そのために必要なのは、未来の仮面ライダーの力を持つ3つの「ミライドウォッチ」。そして、「仮面ライダーシノビ」、「仮面ライダークイズ」、「仮面ライダーキカイ」といった3人の未来の仮面ライダーが次々と現代に出現。白ウォズはその力を手に入れ、ゲイツが救世主へと至る道が完遂しつつあった。
 ソウゴが未来をも予期する力「仮面ライダージオウⅡ」へと至り、それを危険視した救世主たるゲイツが激突しようとする一方で、タイムジャッカーのスウォルツも動く。彼は新たな王の候補として、ソウゴに憎しみの目を向ける加古川飛流なる青年に、自らの持つ切り札「アナザージオウ」の力を与える。新たな強敵の登場で状況は混迷。そんななか、飛流はいったい何者なのかを探っていたツクヨミが、10年前の2009年4月24日に発生したバス事故でふたりに接点があったことを突き止める。
 この日にいったい何が起こったのか……。時を超え、幼き日のソウゴや飛流たちが乗ったバスに同乗するツクヨミ。そこには何かを見極めようとする、門矢士(かどやつかさ)の姿もあった。バスが進むなか、進路を遮るようにして現れたのは、黒い服をまとったスウォルツ。バスが横転し大破すると同時に、幼いソウゴや飛流、ツクヨミたちはどこかの未来へと飛ばされてしまう。そしてツクヨミと士は、王へとの才覚を見定めるためスウォルツに試され、見事それに応えるソウゴの姿を目撃するのだった。

続きをみる
Relationship image

 獅子座の一等星「レグルス」がもっとも強く輝くというという「オーマの日」。それは、常磐ソウゴたちが進む未来が決まるときでもあった。ソウゴは明光院ゲイツ、白ウォズから「仮面ライダーウォズ」への変身能力を奪った黒ウォズとともに新たな力「仮面ライダージオウトリニティ」を得て、まだ誰も知らない未来を歩むこととなる。それを見届けた白ウォズも、満足そうな表情を浮かべながら消滅していった。
 その後、ツクヨミが時間を操る能力に目覚める兆しを見せるなど、不穏な状況が発生するなか、新たなる仮面ライダーたちとその関係者が次々と出現。自分たちとは違う現実を歩んできたような彼らの言葉に戸惑いを感じながらも、ソウゴは「タイムジャッカー」が送り出す「アナザーライダー」を撃退。順調に仮面ライダーたちの力を継承していき、ついにすべての「ライドウォッチ」が集まった。そして得た「グランドジオウライドウォッチ」の力で、「仮面ライダーグランドジオウ」へと変身。ソウゴは50年後の未来へと赴くと、この新たに得た力で再び「オーマジオウ」と対峙する。だが、一部の仮面ライダーの力の継承が済んでいなかったため、完全にグランドジオウの能力を発揮できず、苦戦を強いられてしまう。急ぎ駆けつけたウォズにより救助され事なきを得たものの、現代に戻ったソウゴが見たのは、すっかり変わり果てた世界であった。
 選ばれなかった者の恨みを引きずり、ソウゴへの憎しみを捨てきれない加古川飛流が、新たに得た「アナザージオウⅡ」の力により世界に君臨。その圧政に対しレジスタンスが立ち向かうという、まるで50年後の未来のような光景に戸惑うソウゴ。飛流と戦うゲイツやツクヨミもソウゴのことをまったく覚えておらず、ウォズさえも新たなる魔王、すなわち飛流に仕えているという状況のなか、意外な人物が手を差し伸べる。
 冷たく突き放すような物言いながらも、ソウゴに対して改めて王になりたい理由を問うその人物は、誰あろう門矢士(かどやつかさ)であった。彼の真意はいったい!?

続きをみる
Relationship image

 常磐ソウゴ、明光院ゲイツらと加古川飛流率いる「アナザーライダー」軍団との決戦を経て、ついに明らかになるスウォルツの野望。彼は滅びの定めにある別の世界の住人であり、それを回避するために、他の世界すべてを破壊しようとしていた。そのためにまずは自分の世界を統べる者である妹のアルピナことツクヨミを追放。ツクヨミは命こそ助かったものの、記憶を失いゲイツたちのもとへと流れ着いていた。
 そして、他の世界を破壊するために都合のよい存在が、王の資格を持つソウゴであった。各世界にはそれぞれ仮面ライダーが存在する。ソウゴがその力を継承することで世界は融合し、すべての世界がひとつに集まったときに一気に破壊を実行するというのが、スウォルツの計画だったのだ。
 門矢士(かどやつかさ)の盟友である、「仮面ライダーディエンド」こと海東大樹を籠絡して手を組み、世界の破壊者たる「仮面ライダーディケイド」の力を奪ったスウォルツは「アナザーディケイド」へと変貌。仲間であったはずの「タイムジャッカー」のウールとオーラまで追放した。
 新たな未来の仮面ライダーである「仮面ライダーアクア」こと湊ミハルの来訪や、アナザーディケイドが召喚するダークライダーである「仮面ライダーエターナル」こと大道克己の出現。さらには種族を超えたさまざまな怪人たちが湧き出すなど、世界の崩壊は徐々に加速。ソウゴに半分だけ与えていたディケイドの力を回収し力を取り戻した士は、もはや状況は手遅れであると判断し、人々を救いながらも世界の破壊を実行すると宣言するのだった。
 士の提案に乗ったソウゴは、彼の指示に従いゲイツやツクヨミがまだ現代に来る前の未来へ向かうと、ツクヨミの懐にブランクの「ライドウォッチ」を忍ばせたのちに「オーマジオウ」と対峙。「仮面ライダーグランドジオウ」ではなく、時を超えて仲間たちの力を結集させた「仮面ライダージオウトリニティ」の力で、ついにオーマジオウの打倒に成功する。そして、過去に自分が持っていなかった〝仲間〟という存在の偉大さに感服したオーマジオウは、ソウゴが進もうとする未来をあと押しするべく助力。オーマジオウからツクヨミに向けて一筋の光が放たれた。
 そしてソウゴが現代に戻ると、ツクヨミの懐には新たな「ツクヨミライドウォッチ」が生み出されていた。ウォズから「ジクウドライバー」を受け取ったツクヨミは、ツクヨミライドウォッチを起動し、「仮面ライダーツクヨミ」へと変身を果たす。世界の人々運命は、彼女の選択に託されたのである……。

続きをみる

主要登場人物一覧

主要アイテム一覧