仮面ライダーX|作品ガイド|キャスト・俳優・キャラクター・登場人物

<エピソード一覧>

第1話 X.X.Xライダー誕生!!
第2話 走れクルーザー! Xライダー!!
第3話 暗殺毒ぐも作戦!!
第4話 ゴッド恐怖の影!!
第5話 一つ目怪人の人さらい作戦!
previous arrow
next arrow
Slider

東映特撮ファンクラブで視聴する

仮面ライダーXとは?

出典:仮面ライダーX

仮面ライダーX(かめんらいだーえっくす)とは、1974年(昭和49年)に放送を開始した仮面ライダー作品シリーズの第3作。「仮面ライダー」「仮面ライダーV3」の延長線上にありつつ、メカニカルな要素やフィアンセの裏切りなどのサスペンス的展開を取り入れた一作。

作品名:仮面ライダーX
放送開始:1974年2月16日~1974年10月12日(全35話)
原作:石ノ森章太郎
脚本:長坂秀佳、伊上勝 ほか
監督:折田至 ほか
出演:速水亮、美山尚子、田崎潤、小林昭二、小板チサ子、早田みゆき、打田康比古
声の出演:阪脩、和田文夫
ナレーター:中江真司
主題歌/テーマ曲/挿入歌:
オープニングテーマ(op):「セタップ! 仮面ライダーX」歌:水木一郎(歌詞
エンディングテーマ(ed):「おれはXカイゾーグ」歌:水木一郎(歌詞
挿入歌:「白い弾丸クルーザー」歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会(歌詞

作品概要・あらすじ

婚約者の裏切りと父の死! GOD機関に挑む仮面ライダーX

主人公は沖縄の水産大学に通う神敬介(演:速水亮)。城北大学で人間工学を研究する父・神啓太郎(演:田崎潤)は幼い頃から文武両道を叩き込まれたケンカ友だちのような関係だ。

そんな親子に、日本を壊滅させ世界の征服を企てる闇の政府・GOD機関が協力を強要。断った神教授は襲撃され、駆けつけた敬介もGOD秘密工作員からの銃弾を浴びる。しかもこの作戦を手引きしたのは、敬介の婚約者・水城涼子(演:美山尚子)だった!

瀕死の神教授は、命を賭して息子に深海開発用改造人間・カイゾーグへの改造手術を施す。そして神敬介は仮面ライダーXとしてよみがえる。父の死と婚約者の裏切り、人間ではなくなってしまった失意のなか、GOD機関との戦いに立ち上がる仮面ライダーX。そんな彼の前に姿を現したのは、婚約者と同じ顔を持つ女・霧子だった……。

好敵手・アポロガイストとの死闘、キングダークの意外な正体とは

敬介は、仮面ライダーの魂を育て、継承する立花藤兵衛(演:小林昭二)とも連携。涼子・霧子との悲劇的な別れを乗り越え、藤兵衛の営むコーヒーハウス「COL」のアルバイト女子大生・チコ(演:小板チサ子)やマコ(演:早田みゆき)とともに、GOD機関との戦いを繰り広げる。

宿命のライバルとなるGOD秘密警察第一室長・アポロガイスト(演:打田康比古)との死闘ののち、GOD悪人軍団を率いる巨大ロボット・キングダークとの戦いへとストーリーは展開する。戦いの果てに、仮面ライダーX・神啓介が最終回で出会うことになる、呪博士という人物の正体とは!?

みどころ

仮面ライダーXの能力

ライドルを駆使して戦う深海開発用改造人間・カイゾーグ

仮面ライダーXは、神啓太郎教授が研究してきた人間工学の粋を結集して生み出された、深海開発用改造人間・カイゾーグ。全身を覆うスーツは深海1万メートルの水圧にも耐え、防弾・耐熱機能を有している。

ライドルと呼ばれるベルトには、グリップのボタンを押すことで「スティック」「ホイップ(剣)」「ロープ」「ロングポール」の4種に変形する武器を搭載。敵怪人との戦いの状況に応じて、変幻自在に繰り出される武器でのバトルはシリーズでの新機軸となった。

歴代仮面ライダーが登場

「仮面ライダー」「仮面ライダーV3」の世界戦を受け継ぐ「仮面ライダーX」には、前作・前々作の歴代ライダーたちが登場する。立花藤兵衛が講談師として、これまでの仮面ライダーたちの戦いを語るエピソードでは、本郷猛(仮面ライダー1号)、一文字隼人(仮面ライダー2号)、風見志郎(仮面ライダーV3)らが登場。戦いへの決意を新たにした。Xではとくに仮面ライダーV3・風見志郎との艦影が深く、Xが最強の敵・クモナポレオンに敗れた際、強化手術を施したのが彼であった。

5番目のライダーとなるXを含めて歴代ライダーたちは五人ライダーと呼ばれている(仮面ライダー1号、仮面ライダー2号、仮面ライダーV3、ライダーマン、仮面ライダーX)。

仮面ライダーXの変身シーン

「セタップ」から「大変身」へ

仮面ライダーXの変身シーンは、これまでにない独特なもの。神敬介は「セタップ」の掛け声と、一定のプロセスにより仮面ライダーXへと変身する。

「セタップ」とは「set up」(=組み立てる、立ち上げる)といった意味。そう叫びながら、腰の変身ベルト「ライドル」の前で両手をクロスし、左腰に装備された「レッドアイザー」を右手に、右腰の「パーフェクター」を左手に持つ。「レッドアイザー」を頭部に掲げた後、「パーフェクター」を口元に装着することで変身が完了する。

だが後に、最強の敵・クモナポレオンに敗れて風見志郎から強化手術を受け、マーキュリー回路を搭載して以降は「大変身!」の掛け声に。機能の強化に伴い、変身のプロセスも変貌した。

宿命のライバル登場! 敵は神話風怪人に巨大ロボット

純白のスリーピースを身にまとい、漆黒のタイとチーフで決めたキザな青年が、敬介の行く手を阻む。彼の正体はGOD秘密警察第一室長・アポロガイスト。作戦遂行のために非情な一面を見せながら、仮面ライダーXとは認め合う、シリーズ初のライバルキャラクターとして人気を呼んだ。

またGODが送り出してきたのは、ネプチューン、メドウサ、ケルベロス、死神クロノスなど神話を題材にした怪人たち。後半には、ジンギスカン、ルパン、ナポレオン、ドラキュラなど現実とフィクションの世界の著名人をモチーフにした怪人たちが登場。彼らを率いていたのは巨大ロボット・キングダークだった。

名セリフ

人間でない苦しさに耐え抜いて、それを誇れる男になれ。お前は立派なカイゾーグの男なのだ

(第2話:神啓太郎)

仮面ライダー! まさか俺は夢を見てるんじゃないだろうな

(第5話・立花藤兵衛)

Xライダー、俺の負けだ。君は良きライバルであり好敵手だった。最後の握手を

(第14話・アポロガイスト)

必殺技

Xキック

ライドルスティックを空中に投げ、鉄棒のように掴まって大車輪の要領で回転。加速をつけたうえで両手足を大きく広げて「X」の体勢を取り、上空からキックを叩き込む。

X二段キック

一度敗れたマッハアキレス打倒のために立花藤兵衛と特訓で習得を試みた必殺技。敵を空中に放り投げ、Xキックを一度はなったのち、反転してもう一度キックを放つ。

真空地獄車

クモナポレオンに敗北後、風見志郎によってマーキュリー回路をセットされて習得した必殺技。敵に組みついて、ともに大地を高速回転しながら、敵の頭を大地に叩きつけて戦闘力を失わせ、空中に放り投げて急降下させ、最後にXキックを打ち込む。

クルーザーアタック

愛車クルーザーにまたがってジャンプ、空中旋回を繰り返したのち、敵にクルーザーごと体当たりする。

FAQ・トリビア

仮面ライダーXのモチーフは?

仮面ライダー1号・2号と同様にバッタがモチーフ。マスク上部はハイシリコン製で、太陽エネルギーを吸収する装置となっている。パーフェクターは風力エネルギーと太陽エネルギーを融合させるエネルギークロス装置を内蔵。また、ボディの赤いパーツはハイスチール製のプロテクター兼水中での深度を調節するためのバラストタンクとしての機能も有している。

仮面ライダーXのバイク

陸はもちろん空も海も! 仮面ライダーXのマシン・クルーザー

敬介の父・神教授が開発したバイクは、カイゾーグ専用マシン。1500馬力の太陽エンジンからプラズマを発生させ、最高時速700キロで走行、200mのジャンプ力を持ち、Xライダー同様に深海1万mの水圧にも耐えられる。フロントカウルの左右にターボプロペラを装備し空中を飛行し、車体後部のスクリューで水中・水上を高速で航行することもできる。またXライダーの脳波でのコントロールも可能。自動運転で現場に駆けつけることもしばしば。さらにはXライダーと一体となり、敵を跳ね飛ばす攻撃も。

第1話は全面的に海の香り

沖縄から神敬介が大嶋運輸(現・マルエー)のフェリー・新さくら丸で帰京。船のタラップからは、のちにGODの戦闘工作員として襲いかかってくる黒スーツ、ソフト帽の男たちとともに下船してくる。

その後、神教授に改造手術を受けた仮面ライダーXが目指すのは海岸の沖合約1.4kmの小島にある「神ステーション」という秘密基地。また、同じ回ネプチューンとの死闘を繰り広げるのも、また海岸。深海開発用改造人間として開発された仮面ライダーXにふさわしく第1話からは海の香りがする。

これまでの秘密結社とは異なるGOD機関とは?

正式名称は「Government of dark」、つまり闇の政府。東西冷戦下、対立する大国同士が水面下で手を結び、日本の壊滅と世界の征服を企んだ秘密機関だ。日本の地下深くに「アポロンの宮殿」と呼ばれる秘密基地を複数所有。そこでは、世界中のあらゆる格闘術、武術、スポーツのチャンピオンクラスを選りすぐった警備課や、独自の衛星から地球のいかなる場所とも通信可能な通信課、技術課、人事課、車両課、GP、作戦課などが活動している。

また、積極的に日本のトップクラスの頭脳に対し、日本壊滅作戦のため、協力を求めたり、誘拐・脅迫したりなどのテロ行為も行う。総司令から怪人に向けての作戦行動の指令は、祠や石像、人形などを使ってくだされ、その後、音声を伝えたテープは消滅する。

仮面ライダーXに関連する映画・劇場版作品

「仮面ライダーX」(1974年3月16日公開)
「五人ライダー対キングダーク」(1974年7月25日公開)
ほか

動画配信サービス一覧

<無料動画>

東映特撮YouTube Official

<その他の配信サービス>

東映特撮ファンクラブ
ビデオマーケット
U-NEXT
Amazon Primeプライム・ビデオ
Hulu(フールー)

関連グッズ一覧

仮面ライダーX フィギュア

仮面ライダーX 変身ベルト

仮面ライダーX ソフビ

仮面ライダーX フィギュアーツ

仮面ライダーX sic

SHODO-X 仮面ライダー9

関連記事

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました