KAIJIN

かっしすわーむ ぐらでぃうすカッシスワーム グラディウス

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第42話『最凶VS.最恐』(2006年11月26日放送)

■説明

仮面ライダーカブト ハイパーフォームに倒されたカッシスワーム ディミディウスが再生、変貌した姿。

肩や頭部などに備わる刃のような突起が増え、より凶悪な雰囲気を醸し出す。また、左腕が片刃の剣のような形状になっており、これを武器に戦う。

擬態能力や成虫のワーム共通の一定時間のみ可能な超高速移動「クロックアップ」を使用できるほか、相手から受けた攻撃を吸収し、そのまま自分の技として発動できるコピー能力を持つ。

無数のワーム(サナギ体)を率いて、対ワーム秘密組織「ZECT(ゼクト)」の重要拠点「エリアZ」へと侵攻。その過程で戦った仮面ライダーガタック ライダーフォーム=加賀美新、仮面ライダーサソード ライダーフォーム=神代剣(擬態)をコピー能力を駆使した攻撃で病院送りにした。

エリアZに進軍したところで、ガタック ライダーフォームと再戦。援護に来た影山瞬が変身する仮面ライダーザビー ライダーフォームもろとも返り討ちにしたが、その直後に仮面ライダーカブト ライダーフォーム、仮面ライダーキックホッパーが現れる。

3人の仮面ライダーが同時に放った「ライダーキック」は吸収できずに大ダメージを負い、動けなくなったところでカブトが仮面ライダーカブト ハイパーフォームへとフォームチェンジ。パーフェクトゼクター ガンモード(パーフェクトモード)からの必殺技「マキシマムハイパーサイクロン」の発動で竜巻のようなエネルギー波を浴びせられ、引き連れていた無数のワーム(サナギ体)ともども消滅した。

しかし、驚異的な再生能力で、カッシスワーム クリベウスとして復活する。


身長:228.0cm

体重:147.0kg

特色/力など:クロックアップ、擬態能力、受けた攻撃を吸収しコピーする、再生能力

声:坂口拓(さかぐち・たく)

変身者

  • 乃木怜治(擬態)

関連怪人

  • カッシスワーム ディミディウス

  • カッシスワーム クリベウス

  • ワーム(サナギ体)