【仮面ライダーW】もう一度見たいあの名場面・名セリフ&最新の関連グッズ続々!|まとめ編集部

【仮面ライダーW】もう一度見たいあの名場面・名セリフ&最新の関連グッズ続々!|まとめ編集部

“2人で1人の仮面ライダー”というシリーズ初の試みが衝撃的だった『仮面ライダーW(ダブル)』。過去においても現在においても唯一無二の設定と、個性的なキャラクターたち、そして引き込まれるストーリー展開でいまも人気が高いシリーズです。今回はそんな作品の魅力を振り返るとともにあの感動を呼び覚ますグッズ情報についてもご紹介!

サイクロン!ジョーカー!

身!

仮面ライダーW

さあ、お前の罪を数えろ!

仮面ライダーW 見どころ:キャラクターの魅力

その1:らしさ全開!ハードボイルドになりきれない“ハーフボイルド”翔太郎
“ハーフボイルド”翔太郎

主人公は、ハードボイルドな流儀を持つ私立探偵・左翔太郎(演:桐山漣)と、脳内に地球規模の知識を貯蔵する「地球(ほし)の本棚」を持つ天才少年フィリップ(演:菅田将暉)。

翔太郎は、生まれ育った風都(ふうと)の街への愛がひと一倍強く、「街を泣かせる者」(風都で悪行を働く者)を決して許さず、「街の涙を止める」ため日々探偵業に勤しんでいます。

捜査スタイルはオーソドックスな聞き込み調査。「俺の庭」と称するほど風都を知り尽くした翔太郎は、交友関係が幅広く、警察よりも先に犯人や重要人物へたどり着くこともしばしば。

愛読書はレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説。ソフト帽をかぶり、感情に流されず悪をとことん追求する姿勢から、ハードボイルドに対する憧れがうかがえますが、実際は情にもろく、迷いや不安も垣間見せる人間味あふれる性格で、フィリップや亜樹子から「ハーフボイルド(半熟たまご)」と呼ばれることも……。また、猫の鳴き真似が得意で、猫に自分の意思を伝えることができるという変わったスキルも持ち合わせています。

クール&ドライなハードボイルドにはなり切れない翔太郎ですが、そんなあたたかさこそが翔太郎の魅力。「罪を憎んで人を憎まず」の精神が多くの人を救い、悪にでさえ気づきを与えることもあります。

翔太郎のあの名シーン・名セリフをもう一度!

俺はこの街で誰一人泣いててほしかぁねえんだ…
おまえはこの街そのものを泣かせてる!

第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」

幼馴染みである真里奈の依頼を受け、ドーパントを倒しに行く翔太郎とフィリップ。だが、そのドーパントを裏で操る真犯人はなんと真里奈だった…。信じがたい事実を突きつけられても、真里奈と戦う気になれない翔太郎。そんな翔太郎を見てフィリップが放った言葉は、やっぱり本当の君は煮え切らない半熟卵なんだね。言うなれば…ハーフボイルド。フィリップのこの言葉には怒りを見せた翔太郎も、自分なりの正義で真里奈と向き合うことを選び、真里奈に自首を呼びかけて言い放ったのがこのセリフ。『仮面ライダーW(ダブル)』のもうひとつの主役・風都そのものを気遣った、スケールの大きな優しさがなんとも翔太郎らしい名シーンです。


お前を殴ったのは俺の拳じゃない。幸さんの…心だ

第12話「復讐のV/怨念獣」

あの車は泣いていたんだ…。翔太郎に助けを求めた直後に不可思議な最後を遂げた依頼人。捜査を続ける翔太郎とフィリップは、ストリートギャングの車にひき逃げされた山村幸の事件にたどり着く。犯人は、昏睡状態で入院中の姉・幸の代わりに復讐心を燃やす弟か、幸の婚約者・湯島則之か。どちらかがバイラス・ドーパントと化して罪を犯していると推理する2人だが、実は結婚詐欺を働いていた湯島への強い怨念が、幸をドーパントへと仕立て上げていた…。翔太郎が幸の無念を晴らすためにドーパントを退治するなり、幸を裏切った湯島が吐いたセリフは、跡形もなく消えちまいやがった。バケモノめ、ざまあみろ!

翔太郎は湯島を殴ったあと、感情を高めることなく冷静に、吐き捨てるようにこのセリフをつぶやきながらその場を去ります。反省の色がない愚かな湯島の人間性に怒る気も失せる翔太郎ですが、幸の尊厳を守ることだけは条件反射的に忘れなかったようです。

罪を憎んでも人は憎まない。
この風都の人たちが仮面ライダーに望んでいるのは、そういうことだ

第19話「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」

第19話「Iが止まらない/奴の名はアクセル」

俺に質問をするな…!照井竜、のちの仮面ライダーアクセル(演:木ノ本嶺浩)が初登場。「Wのメモリの持ち主」によって母と妹を消され、復讐心から怒りのままに行動する竜と対峙した翔太郎は、仮面ライダーが仮面ライダーとしてあるべき姿を教えるためにこのセリフをつぶやきます。

翔太郎の情の厚さを物語るセリフですが、冷徹なハードボイルドに見えた竜が実は個人的な復讐心から理性を失っていることを的確に指摘しています。のちの仮面ライダーアクセルが、冷静に正義を裁くことができるライダーになるよう道標を示した翔太郎は、心のブレない真のハードボイルドなのかもしれません。

その2:ギャップ萌えでグングン引き込まれるフィリップワールド
フィリップ

始まりの夜(ビギンズナイト)、おやっさんと翔太郎に助け出されたことがきっかけで、翔太郎と行動を共にするようになったフィリップ。

脳内の巨大なデータベース「地球(ほし)の本棚」で検索をかけることで、あらゆる知識や情報を手に入れたり、技術や体術を会得したりできる特殊能力の持ち主で、探偵業においても翔太郎が足で稼いだ情報を元に、事件の全貌をスピーディーに解明する役割を担います。

そんな天才少年フィリップですが、誰もが知っている日常的な情報には驚くほどウトいという一面が。その上、新しく出会った情報には貪欲で、一度興味を持ったが最後、寝食を忘れ検索に没頭する姿は無邪気な子どものよう。感情に流されることなく、周りの空気を読むこともなく、翔太郎とは真逆の超マイペースなところがフィリップらしさであり、魅力のひとつでもあります。

そんなフィリップもストーリーの後半では、熱く情にもろい翔太郎に感化され、理屈ではなく感情で行動するように。翔太郎を相棒として認め、絶対的な信頼を寄せる姿に、フィリップの人間としての成長を感じるはず。知識やデータばかりを重視していたフィリップが精神面・感情面で大きく飛躍できたのは、相棒・左翔太郎の存在があってこそでした。

フィリップのあの名シーン・名セリフをもう一度!

君は知らないだろう?…たこやきという食べ物を!

第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」

事件の調査としてあるキーワードについて調べていたフィリップ。その横で不意に亜樹子が口にした「たこ焼き」というワードに反応したかと思うと、焼き方、材料、トッピングなどありとあらゆるたこ焼きに関する情報に囚われ、調査もそっちのけで検索に没頭してしまいます。調査が進んでいることを期待しながら帰宅した翔太郎に、フィリップが目をキラキラさせながら言ったのがこのセリフ。

まるで世紀の発見のごとく翔太郎にたこ焼きの存在を教え、第1話からフィリップワールドが炸裂!フィリップの「知識の暴走特急」はここから始まりました。

…え!ヘブンズトルネード踊れないじゃん!

第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」

やれやれ、何かにのめり込んだ時のフィリップは迷惑以外の何者でもない。いつも明確な解をくれる地球(ほし)の本棚なのに、鍵がかかって検索できない本を見つけたフィリップ。そんなの我慢できないと、まちに繰り出し、カリスマ高校生ストリートダンサー・稲本弾吾を探し当てます。

鍵がかかっていたのは弾吾の得意技・ヘブンズトルネードについての情報で、フィリップは弾吾に踊ってみせてと直談判しますが断られ…。一度興味を持ったことは答えが見つかるまであきらめないフィリップは、仮面ライダーとなってドーパントと戦っている間もどこか上の空。ヘブンズトルネードが2度と見れなくなるかもしれない危機に面したときに放ったセリフがこちら。

戦いの最中に気を緩ませてドーパントにメモリを奪われてしまったフィリップ。その後もなんとしてもヘブンズトルネードを見ようとあの手この手を使おうとする探究心はむしろ脱帽もの。検索で覚えたダンスを披露するシーンもあり、フィリップファンには見どころ満載の神回となっています。

そう…そのまさかさ。僕たちは二人で一人の仮面シンガーだ!

第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」

『仮面ライダーW(ダブル)』の主題歌『W-B-X ~W-Boiled Extreme~』を歌う上木彩矢さんとTAKUYAさんの特別OPから始まる回。

女子高生情報屋のクイーン(演:板野友美)とエリザベス(演:河西智美)の依頼で、視聴者参加型のオーディション番組・フーティック・アイドルに乗り込む翔太郎とフィリップ。その審査員として、上木彩矢さん、TAKUYAさんに加え、あの水木一郎さんが登場!審査員の好みを検索で割り出し、計算通り挑戦者として選ばれたときのフィリップが興奮気味に翔太郎に言ったのがこのセリフ。

ハイテンションのフィリップと及び腰の翔太郎のギャップがすごいですが、2人が息をピッタリ合わせて熱唱する『Finger on the Trigger』は必聴です!

その3:物語の鍵を握る“おやっさん”こと鳴海荘吉が教えてくれたこと
物語の鍵を握る“おやっさん”こと鳴海荘吉

鳴海探偵事務所の先代所長・鳴海荘吉(演:吉川晃司)は、翔太郎の探偵の師匠でありフィリップの名付け親。現所長・亜樹子の父でもあり、翔太郎からは「おやっさん」と呼ばれています。

常に冷静で自分の感情を殺してでも任務を遂行する姿勢は、翔太郎が憧れるハードボイルドそのもの。風都の街でもかなり信頼され、優秀な探偵として多くの人から愛されていました。依頼人を何よりも大切に思い「依頼人を信じ抜いて守りきる」姿は、弟子の翔太郎や娘の亜樹子にも受け継がれています。

そんなおやっさんのもうひとつの姿は、仮面ライダースカル。ガイアメモリによって風都の人々を脅かすミュージアムを憎み、ロストドライバーとスカルメモリを用いて仮面ライダースカルへと変身し、戦い続けていました。しかし、その正体を明かすことはなく、協力していたシュラウド以外からは仮面ライダーとして認知されないまま、1年前に起こった「ビギンズナイト」で最期の時を迎えます。

多くを語ることなく、帽子と共に自らの意思を翔太郎へ託したおやっさん。別れの瞬間までハードボイルドを貫く姿は、翔太郎の胸に深く刻まれることになりました。

おやっさんが言ってたぜ。「男の仕事の8割は決断だ。そっから先はおまけみてぇなもんだ」ってな

第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」

命を代償に人々へ金を貸し付け、ギャンブルに狂わせたマネー・ドーパントとルーレットで勝負することになったフィリップ。はじめはフィリップの連戦連勝でしたが、ドーパントが放った「家族」という言葉に動揺し、そこから連敗を続けてしまいます。

そんなフィリップのピンチを救いにきたのが翔太郎。ほとんど勝ち目のない勝負とわかっていながら、わずかな望みに全てを賭けて戦う自分に言い聞かせるようにつぶやいたのがこのセリフです。

どんなに窮地でも、諦めればそこで負け。迷っていては真の男にはなれないという、厳しくも力強く背中を押してくれるおやっさんの言葉は、翔太郎の生き様に大きな影響を与えています。

俺は自分の罪を数えたぜ、マツ…さあ…お前の罪を……数えろ!

劇場版「仮面ライダースカル メッセージforダブル」

劇場版「仮面ライダースカル メッセージforダブル」

翔太郎と鳴海荘吉の出会いが明かされた映画「仮面ライダースカル メッセージforダブル」。相棒であるマツこと松井誠一郎(演:山本太郎)が風都を騒がせていたスパイダー・ドーパントだと知り、苦悩しながらも自らの手で倒すことを決意する荘吉の姿に心打たれます。

そして、戦いの前に荘吉がマツへ投げかけた言葉こそが、さあ、お前の罪数えろ!仮面ライダースカル、そして後に仮面ライダーW(ダブル)に受け継がれる「街を泣かせる悪党に、俺達が永遠に投げかけ続けるあの言葉」の誕生秘話を知ると、本編をもう一度観たくなるはず!

劇場版「仮面ライダースカル
メッセージforダブル」の視聴はこちら!

Nobody’s Perfect

第32話「風が呼ぶB/今、輝きの中で」

翔太郎ではもう…僕のパワーについて来れない。仮面ライダーW(ダブル)に変身した体を維持できなくなり、翔太郎の力の限界を考え出すフィリップ。自信をなくしてしまった翔太郎の代わりに、照井竜とWを組む考えがフィリップの頭の中によぎりますが、すぐにおやっさんの言葉を思い出し、それが間違いだったことを悟ります。

完璧な人間などいない。互いに支え合って生きていくのが、人生というゲーム…鳴海荘吉の意思を受け継いだWは、戦闘マシンであってはならない。強いだけのWに価値はない。君の優しさが必要だ、翔太郎…

フィリップの一瞬の気の迷いもNobody’s Perfect(誰も完全ではない)だということ。自分の弱さも相棒の弱さも受け入れられた時、2人は完全に一体化した姿・サイクロンジョーカーエクストリームへと進化を遂げるのでした。

サイクロンジョーカーエクストリーム
仮面ライダーWの映像配信を
行なっているサービス一覧はコチラ

あの感動がよみがえる!仮面ライダーW(ダブル)10周年記念関連グッズをCHECK!

『仮面ライダーW』の10周年イヤーを記念し、あの興奮と感動を鮮やかに呼び覚ます記念グッズが今年、続々と登場しています。

※各アイテムの在庫状況は販売サイトでご確認ください。
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW リミテッドカラーver.【プレミアムバンダイ限定】
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW リミテッドカラーver.【プレミアムバンダイ限定】

食玩アクションフィギュア「SO-DO」から、レジェンドライダーにフォーカスを当てる新シリーズ。2つのラインナップを組み合わせることで1つのライダーが完成するのが特徴で、二人で一人がテーマの『仮面ライダーW(ダブル)』では、ハーフボディを組み合わせてフォームチェンジを楽しめる仕様になっています。

リミテッドカラーver.は、前作の「仮面ライダーW サイクロンジョーカー」を大幅にグレードアップ!サイクロンサイドは、実際のスーツに準拠したメタリックグリーンを施すことで実物のような光沢感を、シボ加工を採用したジョーカーサイドは、ツヤのない重厚感のある質感を再現。複眼やアンテナ、マフラー、ダブルドライバーなどの塗装や、胸部・手首・足首の新規造形など細部までこだわりが光る逸品に仕上がっています。OPを彷彿とさせるロングマフラーを装着すれば、Wの世界に入り込めるはず。

商品名
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW
セット内容
  • プラスチック完成品(全6種)
    • サイクロンボディセット R-SIDE
    • サイクロンジョーカー用 ジョーカーボディセット L-SIDE
    • ファングボディセット R-SIDE
    • ファングジョーカー用 ジョーカーボディセット L-SIDE
    • ジョーカーボディセット R-SIDE
    • 仮面ライダージョーカー用 ジョーカーボディセット L-SIDE
  • ガム(ソーダ味)1個
価格
450円(税別)
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW ハードボイルダーセット【プレミアムバンダイ限定】
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW ハードボイルダーセット【プレミアムバンダイ限定】

同じSO-DO CHRONICLEのフィギュアと連動する製品は、シリーズ初となる立体のライダーマシン。サイクロンサイドと同様のメタリックグリーンで塗装された車体後部により、仮面ライダーW(ダブル)を搭乗させたときの一体感がアップ。ポージングを加えることで躍動感を演出できます。

愛車・ハードボイルダーの最大の特徴である後部ユニットの換装ギミックが全種セットになり、組み替えることで「ハードボイルダー スタートダッシュモード」「ハードタービュラー」「ハードスプラッシャー」の3形態へ変形可能。Wの各フォームと組み合わせて劇中のあのシーンを再現しよう!

商品名
SO-DO CHRONICLE 双動 仮面ライダーW ハードボイルダーセット【プレミアムバンダイ限定】
セット内容
  • プラスチック完成品(全1種)
    • ハードボイルダーセット一式
商品素材
本体=ABS
サイズ
  • ハードボイルダー…縦約135㎜×横約30㎜
  • ダッシュブーストユニット…縦約60㎜ ×横約40㎜
  • タービュラーユニット…縦約90㎜×横約190㎜
  • スプラッシャーユニット…縦約140㎜ ×横約80㎜
価格
4,180円(税込)
仮面ライダーW/OUTDOOR バッグコレクション
仮面ライダーW/OUTDOOR バッグコレクション

アウトドアブランド「OUTDOOR」とのコラボレーションバッグ。特殊な縫い合わせ加工により仮面ライダーW(ダブル)の特徴的なカラーリングを再現!バッグの中央でWのロゴを模したメタルパーツがさりげなく光ります。

ラインナップは、リュックサック・トートバッグ・ショルダーバッグの3種類。型に合わせてポケットがつき収納力もばっちり!リュックサックとトートバッグは、A4サイズも入る大容量タイプです。

商品名
仮面ライダーW/OUTDOOR バッグコレクション
風都探偵
風都探偵

『仮面ライダーW(ダブル)』のもう一つの主役である、架空の都市・風都(ふうと)。その完成された世界観を映像だけでなくマンガでも楽しみたい人におすすめなのが、スピリッツで好評連載中の『風都探偵』です。主役はもちろん、左翔太郎とフィリップの二人。ページを開くと、あの頃の風都で、あの頃の翔太郎とフィリップが再び動き出したかのように鮮明に記憶が呼び覚まされます。

現在8巻まで販売されているコミックの累計発行部数はなんと160万部を突破!まだ読んでいない人はぜひ手にとって、もう一度2人に会いにいこう!

商品名
風都探偵
価格
607円(税込)
一番くじ 仮面ライダーオーズ & W ~OOO 10th anniversary~
一番くじ 仮面ライダーオーズ & W ~OOO 10th anniversary~

「仮面ライダーW(ダブル)」と「仮面ライダーオーズ/OOO」の10周年を記念した一番くじが登場!A賞・B賞は各作品の世界そのものを表現したジオラマ型フィギュア・WORLDLISE。仮面ライダーWが、ガイアメモリや翔太郎愛用のハット、フィリップを思わせる本が散りばめられた風都の街をバックに佇む。Wが持つハードボイルドな雰囲気を見事に表現したフィギュアは、ファン必携の逸品です。

商品名
一番くじ 仮面ライダーオーズ & W ~OOO 10th anniversary~
価格
1回680円(税込)

心に染みる名セリフ&名場面の数々で、物語に引き込まれたファンも多い『仮面ライダーW(ダブル)』。
動画や関連グッズに触れ、もう一度あの感動を味わってみては?

back to top