ITEMS

らいだーまんましーんライダーマンマシーン

登場作品
仮面ライダーV3
初登場回/初登場作品
第44話『V3対ライダーマン』(1973年2月24日放送)

■説明

結城丈二が市販車を改造して作り上げたスーパーマシン。原子力エンジンや走行コンピューターを搭載しており、最大時速250kmで走行し、40mのジャンプが可能など、見た目に反した驚くべき性能を発揮する。

シートには収納スペースがあり、そこには変身用のライダーマンマスク、カセットアームにセットする各種アタッチメントが入っている。

戦闘データをフィードバックし、常時改造が続けられていたため、将来的にはハリケーンを超えるマシンになっていたかもしれない。


■主な使用者

結城丈二ライダーマン


■このマシンに乗った仮面ライダー

ライダーマン

01
1

ライダーマンマシーンとは……

ライダーマンが搭乗する高性能バイク。

[マシンスペック]
■全長:2050mm
■全高:1080mm
■重量:200kg
■最高時速:250km/h
■最高出力:400馬力

ジェット噴射ノズル

マフラー内部に組み込まれた小型ジェットエンジンで、40mのジャンプ力を生む。積載燃料が少ないため、使用回数に制限がある。

ビームランプ

ライダーマンのヘルメットと連動しており、特殊な赤外線を700m先まで照射可能。

怪人追跡レーダーシステム

ウインカーに組み込まれた小型レーダー。怪人の放つ電波をキャッチして自動追跡する。

走行コンピューター

手放し運転を可能とする姿勢制御コンピューター。右腕に人造アームを移植しているライダーマンでも安定した走行を可能とする。

吸着特殊タイヤ

絶対にパンクしない特殊ゴム製。垂直の壁でも張り付いて走行可能で「マグネチックタイヤ」とも呼ばれる。

原子力エンジン

高性能原子力エンジン。結城丈二の手により常に改良が行われている。

側面レーダー

地形の状況をデータとして収集するセンサーユニット。集められたデータは走行コンピューターに送られる。

その他の機能など

■特殊燃料タンク
車体後部には原子力エンジン用の燃料と制御システムを内蔵。

■収納スペース
シートの下には収納スペースが確保されており、ライダーマンのヘルメットやカセットアームの各種アタッチメントが保管されている。
  • ライダーマンマシーンとは……
  • ジェット噴射ノズル
  • ビームランプ
  • 怪人追跡レーダーシステム
  • 走行コンピューター
  • 吸着特殊タイヤ
  • 原子力エンジン
  • 側面レーダー
  • その他の機能など

関連アイテム

  • カセットアーム

関連人物

  • 結城丈二