FORMS

仮面ライダーゼロワン

かめんらいだーぜろわん らいじんぐほっぱー仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー

登場作品
仮面ライダーゼロワン
初登場回/初登場作品
第1話『オレが社長で仮面ライダー』(2019年9月1日放送) ※

「プログライズ!飛び上がライズ!ライジングホッパー!A jump to the sky turns to a riderkick.」

■説明

飛電或人が「飛電ゼロワンドライバー」と「ライジングホッパープログライズキー」を用いて変身した姿。

頭部のアンテナや複眼、黄色の装甲はバッタの機能を再現する役割を持ち、脚部の強化装置は脚力を爆発的に引き上げる。

20階建てのビルを跳び越えるほどのジャンプ力を備え、そのキックの破壊力は49t。

携行武器「アタッシュカリバー」を使用した多彩な攻撃バリエーションを有する。


変身者:飛電或人

変身時に使用するアイテム:飛電ゼロワンドライバーライジングホッパープログライズキー


※初登場作品(TV本編に先駆けて登場):『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(2019年7月26日公開)

変身者

  • 飛電或人

01
2

スペック

■身長:196.5cm
■体重:87.0kg
■パンチ力:8.4t
■キック力:49.0t
■ジャンプ力:60.1m(ひと跳び)
■走力:4.1秒(100m)
■必殺技:ライジングインパクト

ホッパーヘッド

仮面ライダーゼロワンの頭部。

ホッパーブレスト

仮面ライダーゼロワンの胸部装甲。
呼吸器「ライジングラング」や聴覚装置などが内蔵され、胸部及び腹部を防護するとともにバッタの機能を再現して装着者の能力を拡張している。

アーキテクターショルダー

仮面ライダーゼロワンの肩部装甲。
ヌープ硬度8200の硬さを持つ合金「ヒデンアロイ」製で、エアロダイナミクスに優れた形状は衝撃や砲弾の運動エネルギーを分散させ、逸らして弾くことで防御性能を高めるとともに自身にかかる空気抵抗を軽減し、運動性までも向上させる。

アーキテクターアーム

仮面ライダーゼロワンの腕。
パワードスーツ「ライズアーキテクター」により装着者から超人的な力が引き出され、最大で3.2tの物体を持ち上げることができる。

アーキテクターグラブ

仮面ライダーゼロワンのグローブ。
パワードスーツ「ライズアーキテクター」の一部で、装着者から超人的な力を引き出して握力を高めるとともに触覚の感度を約8倍に拡張することができる。

ホッパーレッグ

仮面ライダーゼロワンの脚。
跳躍装置「ライジングジャンパー」が装備され、垂直飛びで60.1mのジャンプを可能とする。
これにより大腿部を防護するとともにバッタの機能を再現して装着者の能力を拡張している。

ホッパーグリーブ

仮面ライダーゼロワンの脛部装甲。
減衰装置「ライジングアブソーバー」が装備され、ジャンプやキックの際に強力な脚力の反動による自壊を防ぐため、衝撃を吸収する機構を持つ。
これにより脛部を防護するとともにバッタの機能を再現して装着者の能力を拡張している。

ホッパーブーツ

仮面ライダーゼロワンのブーツ。
ジャンプに特化した調整が施されており、ヌープ硬度8200の硬さを持つ合金「ヒデンアロイ」製の装甲により、キックの破壊力と防御力を大幅に向上させている。

ヒデンリンカー

仮面ライダーゼロワンの特殊装甲。
軟質金属「ヒデンアモルファス」製の装甲は疑似インパルスを用いて装着者の身体をニューロン接続することで、通信衛星ゼアとのデータリンクにより得た演算速度に対応するための反射速度を与える。

ライズアーキテクター

仮面ライダーゼロワンのパワードスーツ。
電磁誘導を応用した人間強化システムにより装着者の身体能力が活性化され、超人的な力を引き出す。
素材は靭性に優れた特殊繊維「ヒデンヘキサファイバー」と軟質金属繊維「ヒデンアモルファスライン」による交織生地で、情報ケーブル類なども併せて織り込まれているが非常に薄くしなやか。
内部には防弾・衝撃吸収性に優れた非ニュートン流体の一種である液体装甲「n-NA」が封入され、柔軟性を維持した上で全身の守りを固めている。
また、ゼロワンシステムの基本装備として、プログライズキーのデータをもとに様々な能力を加えることで発展・進化させることができる。

プログライズホルダー

プログライズキーの携行用ホルダー。
左右に配置され、プログライズキーをそれぞれ1つ固定できる。

飛電ゼロワンドライバー

仮面ライダーゼロワンへの変身時に使用する「変身ベルト」。
  • スペック
  • ホッパーヘッド
  • ホッパーブレスト
  • アーキテクターショルダー
  • アーキテクターアーム
  • アーキテクターグラブ
  • ホッパーレッグ
  • ホッパーグリーブ
  • ホッパーブーツ
  • ヒデンリンカー
  • ライズアーキテクター
  • プログライズホルダー
  • 飛電ゼロワンドライバー
01
2

ホッパーヘッド

仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーの頭部。

ホッパーアイ

ホッパーマスクの視覚装置。
方式の異なるイメージセンサーを複眼状に集合させたもので、画像処理と組み合わせることでサーモグラフィーやX線撮影をはじめとした多様な情報を抽出することができる。
また、通信衛星ゼアからの高高度観測情報を自らの視界とすることも可能。

ホッパーマスク

仮面ライダーゼロワンの顔面装甲。
アンテナや視覚装置が装備され、顔面を防護するとともにバッタの機能を再現して装着者の能力を拡張している。

アーキテクターヘッド

仮面ライダーゼロワンのパワードスーツ「ライズアーキテクター」の頭部。
電磁誘導を応用した人間強化システムにより装着者の身体能力が活性化され、超人的な力を引き出す。
素材は靭性に優れた特殊繊維「ヒデンヘキサファイバー」と軟質金属繊維「ヒデンアモルファスライン」による交織生地で、情報ケーブル類なども併せて織り込まれているが非常に薄くしなやか。
内部には防弾・衝撃吸収性に優れた非ニュートン流体の一種である液体装甲「n-NA」が封入され、柔軟性を維持した上で全身の守りを固めている。
また、ゼロワンシステムの基本装備として、プログライズキーのデータをもとに様々な能力を加えることで発展・進化させることができる。

ホッパーアンテナ

ホッパーマスクのアンテナ。
位相・波長を変化させることで指向制御を行うアクティブ方式を採用し、最新鋭の嗅覚素子を導入することで匂いまでも探知することができる。

ゼロワンシグナル

ゼロワンシステムの制御装置。
様々なプログライズキーに適応するためのシグナル伝達システムを制御する役割を持ち、装着者とのマッチングや情報伝達ロス、不具合などをチェックして能力拡張を理論値に近づけるための調整が行われる。
  • ホッパーヘッド
  • ホッパーアイ
  • ホッパーマスク
  • アーキテクターヘッド
  • ホッパーアンテナ
  • ゼロワンシグナル

関連アイテム

  • 飛電ゼロワンドライバー

  • ライジングホッパープログライズキー

  • アタッシュカリバー

  • バイティングシャークプログライズキー

  • ロッキングホッパーゼツメライズキー

  • メタルクラスタホッパープログライズキー

  • アタッシュアロー

  • ライズホッパー