FORMS

仮面ライダーベルデ

かめんらいだーべるで仮面ライダーベルデ

登場作品
仮面ライダー龍騎
初登場回/初登場作品
『仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS』(2002年9月19日放送)

■説明

高見沢逸郎がカードデッキ(ベルデ)とVバックルを用いて変身した姿。

「人間は皆、仮面ライダーである」という高見沢の持つ過激な思想と、仮面ライダーベルデの持つアドベントカードの能力が相まって、非常に高い戦闘力を発揮。真正面から戦うのではなく、ベルデの能力を活かした、敵を惑わせるような戦術を展開する。


クリアーベントで自身を透明化し、ホールドベントで召喚したバイオワインダーによる変則的で対処しにくい攻撃が得意。コピーベントで仮面ライダーナイトに擬態し、仮面ライダーライアの油断を誘って不意打ちを仕掛けるなど、クレバーな戦いぶりも見せた。

さらに、城戸真司=仮面ライダー龍騎が仮面ライダー同士の戦い止めようとする危険分子と見なすと、複数の仮面ライダーたちを味方側に立たせて自分の有利な状況をつくった上で排除に乗りだすなど、状況判断にも優れている。


変身者:高見沢逸郎

変身時に使用するアイテム:Vバックルカードデッキ(ベルデ)

変身者

  • 高見沢逸郎

01
2

スペック

■身長:193 cm
■体重: 95kg
■パンチ力:230AP(11.5t)
■キック力:300AP(15t)
■ジャンプ力:一跳び25m
■走力:100mを6秒
必殺技:「デスバニッシュ」
※APは攻撃力を示すアタックポイントを指す。

グリーンチェスト

ボディのなかでも最も強力な部位。超高空からの落下や深海1万mの水圧にも耐える。

ジペット・スレッド

契約モンスターであるバイオグリーザを思いのままに操るための遠隔操作デバイスポイント。肩、膝、腕、腰などボディ全体に計12個装備されている。仮面ライダーベルデの意思は、脳からダイレクトにこのデバイスを通じ、バイオグリーザに伝達される。

バイオナックル

ほかの仮面ライダーと同様に、強力なパンチを繰り出す超硬物質アーメタル製の手甲。超スピードで放たれるパンチは、狙った敵を逃さない。

Vバックル

カードデッキが装填されており、デッキに浮き出た紋章はバイオグリーザと契約した証である。戦闘時には、ここからアドベントカードを引き抜く。

レッグブラック

瞬発的な破壊力と、それに伴う耐衝撃性に優れた強靭な脚部。

フォース・ボーン

ボディ中央、両腕、両足、腰の両脇に配置されている制御器官。仮面ライダーベルデのパワーを全身にバランスよく行き渡らせる。

グランメイル

変身者の体を覆う特殊強化皮膚。ミラーモンスターのいかなる攻撃にも耐え、変身者の能力を最大限に引きあげることができる。ほかの仮面ライダーと同様に、ミラーワールド内では9分55秒を過ぎると変身が解除され、戦う術を失ってしまう。

バイオバイザー

バイオグリーザの特殊能力を引き出すためのカードリーダー。

シルバーアーマー

超硬物質アーメタル製で、ダイヤモンドに匹敵する硬度を有するアーマー。激しい衝撃から脚部を保護する。
  • スペック
  • グリーンチェスト
  • ジペット・スレッド
  • バイオナックル
  • Vバックル
  • レッグブラック
  • フォース・ボーン
  • グランメイル
  • バイオバイザー
  • シルバーアーマー
01
2

頭部

仮面ライダーベルデの頭部。

ソリッドフェイスシールド

超硬物質アーメタル製のマスク。内部にはプリフィケーションフィルターが仕組まれてあり、浄化・殺菌が行われているため、毒ガスや汚染地域などでも活動可能。

Rシグナル

レーダーセンサーの役割を担っており、ミラーモンスターの位置や存在を感知する。

グーグルシェープ

バイオグリーザと契約した証であり、ミラーモンスターの力を得た証拠。

グリーンアイ

遠く離れた目標物を視認することが可能な目。20km先の物体を捉えることができ、その視力は仮面ライダー龍騎を上回る。また、ほかの仮面ライダー同様、赤外線視力を有しており、暗闇に潜む仮面ライダーやミラーモンスターも逃さない。
  • 頭部
  • ソリッドフェイスシールド
  • Rシグナル
  • グーグルシェープ
  • グリーンアイ

関連アイテム

  • カードデッキ(ベルデ)

  • バイオバイザー

  • アドベント(ベルデ)

  • ホールドベント(ベルデ)

  • クリアーベント(ベルデ)

  • コピーベント(ベルデ)

  • ファイナルベント(ベルデ)

  • バイオワインダー