FORMS

仮面ライダー羽撃鬼

かめんらいだーはばたき仮面ライダー羽撃鬼

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

■説明

戦国時代に活躍した鬼のひとりで、福岡出身のハバタキが変身音叉(羽撃鬼)が発する特殊な音波をキーにして、自身の肉体を変化させた姿。


管の使い手で、吹き矢の要領で霊石、鬼石を放つフルート型の音撃武器、音撃吹道・烈空(おんげきふるーと・れっくう)」を操る。

必殺技は、烈空を奏でて標的の体内に撃ち込んだ鬼石を共鳴、清めの音を増幅させる「音撃奏・旋風一閃(せんぷういっせん)」。

また、変身音叉(羽撃鬼)を術で変形させた長剣、鳴刀・音叉剣(めいとう・おんさけん)も使う。


鷹のような外見をしており、短時間ながらも背中の翼を展開して宙を自在に舞う「鬼翔術(きしょうじゅつ)」をマスター。天高く飛び上がって上空より滑空し、鳴刀・音叉剣による斬撃で敵を切り裂く。


左腰のホルダーには自律型の小型メカであるカラクリ動物の茜鷹(アカネタカ)、瑠璃狼(ルリオオカミ)、緑大猿(リョクオオザル)を携帯している。


カブキたちの求めに応じ、オロチ擁する「血狂魔党(ちぐるまとう)」との戦いに参加。合計7人の鬼たちが結集するも、実は魔化魍側だったカブキの策略により仲違いを起こし、チームは解散となってしまう。

だが、ひとりで血狂魔党に立ち向かう仮面ライダー響鬼(ヒビキ)に感化され奮起。仲間たちとともに戦意を取り戻すと、襲い来る魔化魍忍郡を蹴散らした。そして、ヒトツミと戦いに苦戦する響鬼の助けに入ると、ヒトツミに鬼石を撃ち込んで必殺の旋風一閃を炸裂させ、勝利をアシストした。


変身者:ハバタキ

変身時に使用するアイテム:変身音叉(羽撃鬼)

変身者

  • ハバタキ

01
1

■身の丈(身長):7尺(約215cm)
■目方(体重):39.2貫(約147kg)

関連アイテム

  • 変身音叉(羽撃鬼)

  • 鳴刀・音叉剣

  • 音撃吹道・烈空