FORMS

仮面ライダー煌鬼

かめんらいだーきらめき仮面ライダー煌鬼

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

■説明

戦国時代に活躍した鬼のひとりで、名古屋出身のキラメキが変身音叉(煌鬼)が発する特殊な音波をキーにして、自身の肉体を変化させた姿。


平らな円形の刀のような、ふたつで一対の音撃武器、音撃震張・烈盤(おんげきしんばる れつばん)を操る。

必殺技はシンバルを演奏するように烈盤を打ち付けて清めの音を放つ「音撃拍・軽佻訃爆(おんげきひょう・けいちょうふばく)」。

また、変身音叉(煌鬼)を術で変形させた長剣、鳴刀・音叉剣(めいとう・おんさけん)も使う。


烈盤は使わないときは両肩に装着されており、そこから光の刃のようになって発射する形で投擲も可能である。また、シャチホコのような頭部は水中でも呼吸可能な機能を有しており、泳ぎも達者。水中戦においては無類の強さを誇る


左腰のホルダーには自律型の小型メカであるカラクリ動物の瑠璃狼(ルリオオカミ)、黄蘗蟹(キハダガニ)、鈍色蛇(ニビイロヘビ)を携帯している。


カブキたちの求めに応じ、オロチ擁する「血狂魔党(ちぐるまとう)」との戦いに参加。合計7人の鬼たちが結集するも、実は魔化魍側だったカブキの策略により仲違いを起こし、チームは解散となってしまう。

だが、ひとりで血狂魔党に立ち向かう仮面ライダー響鬼(ヒビキ)に感化され奮起。仲間たちとともに戦意を取り戻すと、襲い来る魔化魍忍郡を蹴散らし、得意の水中戦では烈盤を持った両手を大きく広げ、スクリューのよう回転しながら突進する荒業を披露した。そして、ヒトツミと戦いに苦戦する響鬼の助けに入ると、仮面ライダー羽撃鬼(ハバタキ)がヒトツミに鬼石を撃ち込んだのに合わせて必殺の軽佻訃爆を炸裂。勝利をアシストした。


変身者:キラメキ

変身時に使用するアイテム:変身音叉(煌鬼)

変身者

  • キラメキ

01
1

スペック

■身の丈(身長):6尺7寸(約202cm)
■目方(体重):35貫(約130kg)
  • スペック

関連アイテム

  • 変身音叉(煌鬼)

  • 鳴刀・音叉剣

  • 音撃震張・烈盤