FORMS

仮面ライダー凍鬼

かめんらいだーとうき仮面ライダー凍鬼

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

■説明

戦国時代に活躍した鬼のひとりで、北海道出身のトウキが変身音叉(凍鬼)が発する特殊な音波をキーにして、自身の肉体を変化させた姿。


太鼓の使い手で巨大な棍棒型の音撃武器、音撃金棒 烈凍(おんげきかなぼう れっとう)を操る。

必殺技はベルトのバックルに装備された音撃鼓(凍鬼)を飛ばしてオーラ状の紋章を発生させ、そこをめがけてドラを打ち鳴らすように烈凍を打ちつけて清めの音を飛ばす「音撃殴・一撃怒涛(おんげきおう・いちげきどとう)」。

また、変身音叉(凍鬼)を術で変形させた長剣、鳴刀・音叉剣(めいとう・おんさけん)も使う。


多少の攻撃なら物ともしない頑強な肉体を誇り、力任せに烈凍を振り回す豪快な戦いを好む。また、呪術にも心得があるようで、周囲の冷気を集めて頭部から猛吹雪を噴射する技が使える。


左腰のホルダーには、自律型の小型メカであるカラクリ動物の浅葱鷲(アサギワシ)、鈍色蛇(ニビイロヘビ)、黄赤獅子(キアカシシ)を携帯している。


カブキの求めに応じて巨大魔化魍(まかもう)のオロチを倒すべく、彼らの仲間となった。

仮面ライダー凍鬼(トウキ)、仮面ライダー歌舞鬼(カブキ)、仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と3人の鬼が集まるも、オロチを擁する魔化魍集団「血狂魔党(ちぐるまとう)」は思いのほか強大で敗北。その後、仲間を6人に増やすも実は魔化魍側だったカブキの策略によって仲違いを起こし、チームは解散となってしまう。

だが、ひとりで血狂魔党に立ち向かう仮面ライダー響鬼に感化され奮起。仲間たちとともに戦意を取り戻すと、襲い来る魔化魍忍郡を蹴散らし、オロチの姫と激戦を繰り広げる。素早い動きで翻弄され、釵(サイ)で何度も斬りつけられるも、頑強な肉体で耐え抜き反撃。音撃鼓(凍鬼)からオーラ状の紋章を飛ばしてオロチの姫を捕縛すると、烈凍による渾身の一撃を叩き込む一撃怒涛の応用技で粉砕した。さらに、ヒトツミと戦いに苦戦する響鬼の助けに入ると、必殺の一撃怒涛を炸裂させて勝利をアシストした。


変身者:トウキ

変身時に使用するアイテム:変身音叉(凍鬼)

変身者

  • トウキ

01
1

スペック

■身の丈(身長):8尺(約239cm)
■目方(体重):51貫(約190kg)
  • スペック

関連アイテム

  • 変身音叉(凍鬼)

  • 鳴刀・音叉剣

  • 音撃金棒・烈凍

  • 鈍色蛇

  • 浅葱鷲

  • 黄赤獅子