DICTIONARY

用語辞典

けーき 【 ケーキ 】

西洋菓子の一種。かつては古代エジプトから作られていたという。非常にバリエーションが豊富で、おもに小麦粉、砂糖、卵、牛乳などをまぜて製作したカステラ(スポンジケーキ)に生クリームやチョコクリーム、フルーツやほかのお菓子をデコレーション、またはトッピングしたものが主流。

 

キャッスルドランでトランプに興じていた次郎、力、ラモンの3人は、素晴らしき青空の会を救うため1986年に飛んだ名護啓介が無事過去を変えられるかを話しあい、力は「失敗する」ほうに手元にあったケーキをひとつ賭けた。[#28]

けーき 【 ケーキ(仮面ライダー電王) 】

スポンジケーキにクリームを塗り、果物を載せた洋菓子。


花時計」を経営していた野上愛理が、翌日に誕生日を迎える常連のために作っていた特大サイズのケーキ。野上良太郎も製作を手伝おうとするが、デコレーションの際にクリームを飛び散らせてしまう。これに笑い出す愛理を見て、良太郎は彼女が元々笑顔の多い女性だったことを思い出した。[#40]

ちょこけーきとちーずけーき 【 チョコケーキとチーズケーキ 】

チョコケーキはチョコレートを材料に使用したケーキで、チーズケーキはチーズを材料に使用したケーキ。作り方により様々な種類があり、味、食感も変わる。

 

もうすぐ誕生日を迎える葦原涼に対し、お祝いとして水原リサが買ってきたケーキ。事前の下調べで涼はどっちも嫌いと言っていたが、結局リサは両方とも購入する。が、それを涼に渡す前に、涼の目の前で、リサはドッペルゲンガーを見て命を絶ってしまう。[#49,50]

とまとのけーき 【 トマトのケーキ 】

津上翔一(沢木哲也)が考案した創作メニュー。庭になったプチトマトを、ショートケーキのイチゴよろしくトッピングしたケーキだったが、風谷真魚も美杉太一も食べる前からかなり渋い顔をしていた。[#36]