FORMS

仮面ライダー歌舞鬼

かめんらいだーかぶき仮面ライダー歌舞鬼

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

■説明

戦国時代に活躍した鬼のひとりで、江戸出身のカブキが変身音叉(歌舞鬼)が発する特殊な音波をキーにして、自身の肉体を変化させた姿。


「太鼓」の技を専門とし、二本一対の太鼓のバチ状の音撃武器、音撃棒・烈翠(おんげきぼう・れっすい)」を装備。ベルトのバックルにセットされた音撃鼓(歌舞鬼)との組み合わせで「音撃打・業火絢爛(おんげきだ・ごうかけんらん)」という必殺技を発動できるが、劇中では太鼓の技は使用しなかった。

変身音叉(歌舞鬼)を術で変形させた長剣、鳴刀・音叉剣(めいとう・おんさけん)を巧みに操り、敵を斬り伏せては見栄を切る、ド派手な外見に違わぬ粋で雅な戦いを好む。

また、開いた番傘を自分の前面に構え、音叉剣でどこから繰り出されるかわからない突き攻撃を放つ「鬼傘術(きさんじゅつ)」、鬼鞭で相手を絡め取る「鬼鞭術(きべんじゅつ)」という技もマスターしている。


左腰のホルダーには自律型の小型メカであるカラクリ動物の消炭鴉(ケシズミカラス)、瑠璃狼(ルリオオカミ)、緑大猿(リョクオオザル)を装備。


明日夢(戦国時代)の求めに応じ、オロチを擁する魔化魍(まかもう)の集団「血狂魔党(ちぐるまとう)」と戦うために鬼たちを集めるも、実はカブキ自身も魔化魍になっており、真の目的は鬼たちの殲滅にあった。


その目論見が露見すると、仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と激しい戦闘を繰り広げ、火焔大将をけしかけたり、さまざまな技を駆使して追い詰めるも、最後は鬼傘術を避けられて反撃され、力なく倒れ伏した。

かろうじて生きていたものの、明日夢(戦国時代)を狙うヒトツミの姿を目撃。今際の際で自分は子どもたちが大好きだったということを思い出し、ヒトツミの足を止めようとするが、魔化魍としての姿に変化したヒトツミに食われ絶命した。


変身者:カブキ

変身時に使用するアイテム:変身音叉(歌舞鬼)

変身者

  • カブキ

01
1

スペック

■身の丈(身長):7尺5寸(約225cm)
■目方(体重):44貫(約165kg)
  • スペック

関連アイテム

  • 変身音叉(歌舞鬼)

  • 鳴刀・音叉剣

  • 音撃棒・烈翠

  • 消炭鴉