仮面ライダーシリーズ

最新情報

2020年02月02日 更新

●〝レジェンドライダー〟のプログライズキー2種が登場
●ブットバソウルキット第4弾に〝ゼロワン新フォーム〟参戦
●S.H.Figuarts「仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー」発売
 そのほかにも見逃せない情報が満載!!

Main image1

■玩具

2月1日発売
DXベストマッチングビルドプログライズキー
DXレベルアッピングエグゼイドプログライズキー


続々登場する平成の〝レジェンドライダー〟たちのプログライズキー。
今回、DX版として発売するのは、有機物と無機物、異なるふたつの要素がベストマッチに混ざり合う「仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム」をモチーフとした、〈 DXベストマッチングビルドプログライズキー 〉。
〝ジャンプ&アタック!〟ゲームの定番であるアクションゲームのキャラクターのように軽やかな動きで戦う「仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2」をモチーフとした、〈 DXレベルアッピングエグゼイドプログライズキー 〉の2種。
別売りのDXシリーズ〈 変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー 〉〈 変身ベルト DXエイムズショットライザー 〉〈 変身ベルト DX滅亡迅雷フォースライザー 〉にセットすれば、変身なりきり遊びが楽しめる!
また、天面のボタンを押すと〝光る&鳴る〟の単体遊びでも楽しめる。
『ビルド』『エグゼイド』それぞれの作品を思い出させる特徴的な音声は必聴なので、ぜひ実際に手にして聞いてほしい。

Column image1
Column image2

DXベストマッチングビルドプログライズキー
<詳しくはこちら>
DXレベルアッピングエグゼイドプログライズキー
<詳しくはこちら>


■食玩

2月3日発売
仮面ライダー ブットバソウルキットラムネ2


大好評稼働中の「仮面ライダーブットバソウル」で遊べる、メダルが付いたラムネ菓子の第2弾。
今回のラインナップは、『仮面ライダーゼロワン』から〝最新の仮面ライダーたち〟が集結!
パッケージにも大きく描かれた〈 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー 〉や〈 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 〉。
そして、劇中では無類の強さを誇っている〈 仮面ライダーサウザー 〉が封入されている。
サポートアイテムとして強力な追加効果を付与してくれる〝エナジーアイテムクロニクル〟は全3種。
〈 常磐ソウゴ初変身の像 〉
〈 なにわの美少女仮面 〉
〈 真冬とアイスとアンクの手 〉
『仮面ライダージオウ』『仮面ライダーW(ダブル)』『仮面ライダーオーズ/OOO』のファンなら、思わずニヤリとするシチュエーションが選出されている。
ゲーム中にどのような効果が得られるのか、早く試してみたい!

Column image1

<詳しくはこちら>


■ガシャポン

2月上旬
くじガシャポン 仮面ライダー ブットバソウル キット04


ブットバソウルキット第4弾に、銀色のボディを持つ〝仮面ライダーゼロワンの最新フォーム〟が参戦!
その名も〈 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー 〉!
是非、入手したいところだ。
そのほかにも『仮面ライダーゼロワン』、そして平成の世を駆け抜けた〝レジェンドライダー〟から選ばれた注目のメダルが多数ラインナップ。
その詳細は紹介サイトをチェックしよう!

Column image1

<詳しくはこちら>

2月2週発売
仮面ライダーゼロワン プログライズギアコレクション03


〝ミニサイズながらも緻密な造形と遊びごたえの高さ〟で大人気。
「仮面ライダーゼロワン プログライズギアコレクション」の第3弾が登場!
今弾のラインナップで目を引くのは、やはり〈 ザイアサウザンドライバー 〉だろう。
ZAIAエンタープライズが誇る新規格の変身ベルトが、手のひらに収まるサイズに!?
パソコンデスクや本棚に飾っても絵になるうえ、この大きさながらも劇中通りに「ミニミニアメイジングコーカサスプログライズキー」と、「ミニミニアウェイキングアルシノゼツメライズキー」をセット可能! 
気軽に変身遊びを楽しむこともできる。

Column image1

<詳しくはこちら>


■フィギュア

魂ウェブ商店にて受注中!
S.H.Figuarts(真骨彫製法)
仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ


限りなく本物に近いリアルな造形と、自由な可動を両立させた〝大人向け〟アクションフィギュア「S.H.Figuarts(真骨彫製法)」シリーズ。
その『仮面ライダーオーズ/OOO』シリーズ第4弾は、〝ライオン、トラ、チーター〟のコアメダルで変身する猫類系コンボ〈 仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ 〉。
公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内の「魂ウェブ商店」にて大好評受注中だ。
ライオンを思わせる輝く黄金の鬣や切れ味鋭そうなトラクロー、しなやかなチーターの脚部を完全再現!
真骨彫製法『オーズ/OOO』シリーズ最大の特徴である[頭部][胸部&腕部][腰部&脚部]への分割も可能で、発売済みの〈 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ 〉や、魂ウェブ商店で受注販売された〈 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ 〉(2月発送予定)と組み合わせれば、「仮面ライダーオーズ タカキリーター」「仮面ライダーオーズ ガタトラバ」といった、さまざまな亜種フォームに組み替えることもできる。
また、ボーナスパーツとして「交換用タカ頭部(パープルアイ)」が付属。
〈 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ 〉と組み合わせれば、第46話に登場した恐竜メダルによるグリード化が進行し、〝暴走した状態の「オーズ タトバ コンボ」〟が再現できるようになっている。

Column image1

<詳しくはこちら>

2月8日発売!
S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー


ファン待望の大人向けアクションフィギュア〈 S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー 〉がついに発売開始!
シンプルにに見えて実は細部に複雑なモールドが刻まれ、深みのあるボディカラーで彩られた「仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー」を〝手のひらサイズに完全再現〟している。
可動面も申し分がなく、パンチやキックといったアクションポーズ。
そして、人差し指をピン! と伸ばした交換用手首により、劇中でゼロワンが見せる特徴的な構えを取らせることもできる。
現行仮面ライダーの主役、しかも圧倒的完成度を誇るアクションフィギュアだけに、いち早く手に入れたい人は多いはず。
予約をしていない人は、発売日にお店に急ごう!!

Column image1

その他、S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワンシリーズが続々登場!
詳細は「魂ウェブ」にてチェック!
<詳しくはこちら>


■プライズ

好評登場中
仮面ライダーゼロワン 仮面ライダーバルカンフィギュア(全1種)


全長約18cmの〈 仮面ライダーバルカン シューティングウルフ 〉のスタチューフィギュアが登場。
右半身のメタリックブルーが鮮やかで、腹部に装着されたエイムズショットライザーのディティールも見事な逸品だ。
全国のゲームセンターなどに設置されている、UFOキャッチャーを代表するプレイズ機の景品として投入されているので、欲しい人は頑張ってゲットしよう!

Column image1

<詳しくはこちら>


■ラジオ

東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー
文化放送 毎週金曜深夜 24時30分~25時00分
次回放送予定:2月7日(金)24時30分~

Column image1

今週は通常回です。
放送中の『仮面ライダーゼロワン』や、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を中心に、東映特撮についてトークします。
是非お楽しみに!
そして、次回【 2月14日(金)】の放送では、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』にご出演いただいたナダ役の「長田成哉さん」がゲストでいらっしゃいます!

◎番組・ゲストへのお便り(メール)お待ちしております!
番組へのメールはこちら


■東映特撮ファンクラブ(TTFC)

『仮面ライダーゼロワン』第1話から最新話まで、
『仮面ライダージオウ』
『仮面ライダービルド』
『仮面ライダーエグゼイド』も
TTFCなら、いつでも全話見放題!

Column image1

<詳しくはこちら!>

或人&イズと、諫&唯阿がババ抜き対決!?
『仮面ライダーゼロワン』のウラ側を楽しもう!
『Lウラ仮面ライダー012』配信中!!


『仮面ライダーゼロワン』の裏側ネット番組『S&Lウラ仮面ライダー』!
ついにバラエティ企画登場の「12話」。
・高橋文哉(飛電或人/仮面ライダーゼロワン 役)
・鶴嶋乃愛(イズ 役)
・岡田龍太郎(不破 諫/仮面ライダーバルカン 役)
・井桁弘恵(刃 唯阿/仮面ライダーバルキリー 役)
が、2対2で行う〝男女混合〟ダブルス!
「ババ抜きウラ仮面」心理戦を重視したババ抜きに勝ち、〝焼き肉食べ放題〟を手にするのはどっちだ!?
そして、まだまだやまない「男と男の新春真剣トーク! 後編!」も!!
TTFCなら『S&Lウラ仮面ライダー』を、いつでも全話見放題です!!

Column image1

<詳しくはこちら!>

★最新情報はTTFCアプリのニュースをチェック! 
TTFCのニュースはアプリをダウンロードするだけでご覧いただけます。


■テレビ

仮面ライダージオウ
1年間のご視聴、応援、誠にありがとうございました!

<キャスト・スタッフのご挨拶「最終回を終えて」はこちらから>
<最終回の振り返りはこちらから>