2021年 10月 24日放送

第8話 「家族の休息、天国と地獄!?」

脚本: 木下半太

監督: 諸田敏

Thumbnail image1 Thumbnail image2 Thumbnail image3 Thumbnail image4 Thumbnail image5 Thumbnail image6 Thumbnail image7 Thumbnail image8 Thumbnail image9 Thumbnail image10
YouTubeのサムネイル

母・幸実の退院を祝って、一泊二日の温泉旅行に
やってきた五十嵐一家。

今日のために奮発したと豪語する元太の言葉
通りのお洒落なロビーにテンションが上がる一同。

だが、不安の種はいくつも巻かれていた。

偶然(?)居合わせる、しあわせ湯の
常連客である牛島一家。

五十嵐大二の監視を目的として
先乗りしていた狩崎とヒロミのフェニックス勢。

そして従業員の中に紛れ込む
アギレラ、オルテカ、フリオ。

さらには、大二のふりをして何くわぬ
顔で家族旅行に同行するカゲロウ…

温泉旅館を舞台に、
様々な思惑が入り乱れる。

そんなことはつゆ知らず、
颯爽と温泉へと向かう一輝たち。

その扉は、幸せの扉ではなく、
地獄への招待状なのだろうかーー。

見どころ

Highlight image1

カゲロウの正体は大二の中に潜む悪魔で、
門田ヒロミが仮面ライダーデモンズへの変身を果たし
バイスはスケボーにさせられちゃった!!
一輝がお節介を働き仮面ライダーとして着々と
成長していく中で、
見どころたくさんの第7話でしたね。

余談ですが最近、以前お仕事させていただいた
ことのある俳優さんが幼いころにネグレクトに
遭っていたという記事を拝見しまして。
その中で語られていた、
近所のおじさんが心配して家の
ドアを破って入ってきて助けてくれたた、
友人が引きこもる自分を強制的に外に連れ出して
くれたという部分…さらっとお話しされていましたが、
その後の内容を読むと、その近所のおじさんと
友人のとった行動はその方の人生において、実は非常に
重要なターニングポイントだったのではないかと
思いました。

一輝が、チーター・デッドマンに「余計なお世話だ、ほっとけ」
と言われて返す言葉が「無理だな。俺は日本一のお節介だ」。
個人的に気にいっている部分ですが、他人に関して無関心に
なっていると言われて久しい今日この頃…こういうお節介で
暑苦しい(ちょっとウザい)ヒーローが新鮮に感じて
しまいますが、一輝にはぜひ、積極的に他人に干渉する
ウザアツイお兄さんでいてもらえればと思います。

さて、8話はちょっと異色なエピソードです。
物語の舞台は全編、温泉旅館。
脚本家木下半太さんの真骨頂、
究極のワンシチュエーションサスペンスの幕開けです。

レギュラー陣が一同に介し
(若林司令官、ぶーさん…ごめんなさい笑)
五十嵐家に様々な視点から視線が注がれます。
視線だけならいいんですが、それで終わる
はずもなく…

一見、幸せなほのぼの家族旅行から始まる
物語が、終わるころにはどうなってしまうのか…

五十嵐家の命運を握る第8話、
今から視聴者のみなさんの反応が楽しみです笑

ぐふふ、ぐふふふふ(バイス風)

(文責・望月 卓)

第7話 あとがき

〜ゲスト通信〜

第7話「窃盗!?スケボー!?俺はカゲロウ!」いかがでしたでしょうか?
息子を愛しすぎるあまり、凶行に走る父親…。
前園親子を演じたのは、こちらの方々です。

前園仁志:ゆうたろう
前園孝治:橋爪淳

Production image1
Production image2

Production image1
Production image2

息子・前園仁志を演じたのは若者から絶大なる人気を誇るゆうたろうさん。麗しき佇まいの奥から垣間見える狂気が素晴らしかったです!とても豪華な方々にゲスト出演して頂いているリバイスですが、5話ゲストの宇佐さんや今回のゆうたろうさんのように第一線で活躍する同世代の方との共演は若手レギュラー陣の大きな刺激になっております。
そして、仁志の父親である前園孝治は橋爪淳さんが演じられました。前半は声のみで感情を全て表現する役どころは、長い俳優人生の中でも初めてのご経験だとか。ほぼ初めてのアフレコも、抜群の演技力でとても楽しそうにチーター・デッドマンに声(命)を吹き込んでいるのが印象的でした!!
ゲストが豪華という点において、橋爪淳さんや遠藤久美子さん、河相我聞さんら、日本の映像業界を引っ張ってきた皆々様の出演もレギュラーの糧になっております。ゲストの方々に支えられながら、日々レギュラーのみんなは成長中です!

Production image1
Production image2

Production image2

一輝が訪れた高校の校長先生を演じられたのは、小浦一優(芋洗坂係長)さんです!短いご出演シーンでありながらも、存在感は抜群!一輝役の前田くんとは色々と共通点が多く、撮影の合間はお二人でよくお話しされておりました。それにしても、ここまで短いネクタイが似合う方は、この方をおいて他にはおりません!(笑)


〜バイスがスケボーになっちゃった!?〜

Production image1

はい!タイトル通りです!!!(爆)
バイスはこれまでも自転車やホバーバイクへと乗り物になることはありましたが、なんと今回はスケボーになっちゃいました! AJSA(日本スケートボード協会)の皆様、そして5050の冨田様のご尽力により、とても素晴らしい撮影になりました!冨田さまのスケボーショップが「5050」ということで、仮面ライダー生誕50周年との偶然にも素敵な親和性に一人ニヤニヤしてしまったのはここだけの話。


〜ヒロミ、ヘ・ン・シ・ン!!!〜

Production image1
Production image2

みなさん、グラスを片手にご唱和ください!
「変身!」
ついに、この日がやってきました!ヒロミ、変身成功!ヨッシャーーー!!
この日が来ることを待ち望んでいたヒロミファンの方々も多かったのではないでしょうか。かくいう筆者もその一人ですが、誰よりも何よりも待ち望んでいたのはヒロミであり小松くんだったことは間違いないでしょう。変身当日、緊張の面持ちで撮影に臨んだ小松くん。無事に撮影を終えた時の小松くんの表情が忘れられません。
「我が命をかけて」世界を救わんとするヒロミ、めちゃくちゃ格好良い仮面ライダーデモンズ、全身全霊で演じる小松くんの勇姿を引き続き刮目してください!

次回、8話も絶対リアタイで!!!

(文責・百瀬 龍介)