音楽

2019.08.18

LUNA SEAベーシスト“J”のサウンドを “西川貴教”が高らかに歌い上げる! 主題歌「REAL×EYEZ」(リアライズ)が ゼロワンの世界を華やかに彩る!

Get main images

9月1日(日)スタートの新番組『仮面ライダーゼロワン』の主題歌アーティストに<J×Takanori Nishikawa>が決定しました。作曲はLUNA SEAのベーシストであり、LUNA SEAが発表してきた数々のヒット曲を手がけてきたJが担当、ボーカルはパワフルな歌声を響かせる西川貴教が担当します。かねてから親交のあったふたりですが、西川自身が念願だったと語る、仮面ライダーシリーズ主題歌のオファーを受け、西川がJを誘ったことで夢のコラボレーションが実現しました。

JはLUNA SEAが今年結成30周年を迎え、7月にはソロとして4年ぶり通算11枚目のオリジルナル・フル・アルバム『Limitless』をリリースするなど精力的な活動がつづいています。一方、昨年から<西川貴教>名義での活動を本格的にスタートさせた西川は、3月にアルバム『SINGularity』をリリース、4月に全国ツアーを行うなど、音楽シーンの最前線に立ちつづけています。
そんなふたりがタッグを組んだ主題歌「REAL×EYEZ」(リアライズ)は、パンチの効いたJのロックサウンドと西川の魂のボーカルの真っ向勝負が織りなす、最高の仕上がりとなっています。また、編曲では、西川の『SINGularity』でも楽曲を提供しているゆよゆっぺが<DJ'TEKINA//SOMETHING>名義で参加。疾走感のあるリズムをド迫力の骨太サウンドがつらぬく楽曲が、仮面ライダーゼロワンの世界を華やかに彩ってくれます。

 『仮面ライダーゼロワン』は令和初の仮面ライダーとして注目を集めており、人工知能を搭載したアンドロイドが活躍する近未来の世界に生まれる悪との戦いを描くストーリーが大きな話題を呼んでいます。9月1日(日)に放送される第1話に流れるという主題歌がどんなサウンドになっているのか?ぜひテレビの前で確かめてください!