KAIJIN

Work image
ろくろくびロクロクビ

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
最終之巻『明日なる夢』(2006年1月22日放送)

■説明

巨大なムカデの胴体にシュモクザメの頭部が付いたような魔化魍(まかもう)。

洋館の男女によって生み出され、東松山にある洋館を守る役目を担っていたと思われる。

普段は地中に潜んでおり、洋館に近づく者がいると地上に現れて襲いかかる。

長い胴体で獲物を締め上げ、口内に無数に備わった鋭い牙を突き立てる

 

サトリを撃破した仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と仮面ライダー轟鬼(トドロキ)の前に地面から出現。洋館の男女とともに猛攻を仕掛けるも、洋館の男の身体に不調が発生し、ふたりは撤退してしまう。

その後も威吹鬼と轟鬼を圧倒するも、援軍として仮面ライダー轟鬼(ヒビキ)が駆けつけ、装甲響鬼(アームドヒビキ)にフォームチェンジ。「音撃刃・鬼神覚声(おんげきは・きしんかくせい)」の音の刃により一刀両断されてしまった。

 

身の丈(身長)80(24.24m)

目方(体重)45(168.7kg)

特色/力:身体による締め付け、鋭い牙による噛みつき

声:‐

関連人物

  • Clear

    洋館の男

  • Clear

    洋館の女