KAIJIN

Work image
てんぐテング

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
二十八之巻『絶えぬ悪意』(2005年8月21日放送)

■説明

夏に現れる魔化魍(まかもう)の一種。頭部から胸にかけて濃い体毛に覆われており、口はクチバシのように尖っている。また、背の翼を展開して飛行することも可能。

鬼を相手に互角に渡り合う怪力と高い知能を併せ持つ。

 

下久保に出現した個体は、仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と交戦。その後、仮面ライダー響鬼紅(ヒビキクレナイ)が戦いに加わると、音撃棒・烈火(おんげきぼう れっか)の1本を余りある怪力で破壊した。だが、優勢だったのはそこまでで、威吹鬼に背後に回られて音撃管・烈風(おんげきかん・れっぷう)による射撃で鬼石を打ち込まれ、怯んだところに、響鬼紅の「鬼闘術・鬼ヅメ(きとうじゅつ・おにづめ)」を左腕に受けて負傷。威吹鬼による管の音撃技「音撃射・疾風一閃(おんげきしゃ・しっぷういっせん)」、さらに響鬼紅による太鼓の音撃技「音撃打・灼熱真紅の型(おんげきだ・しゃくねつしんくのかた)」の連続攻撃を受けて消滅した。

 

この後も、多数の魔化魍が大量に同時出現するオロチ現象によって、三浦、さいたま、佐野などに出現している。

 

身の丈(身長):7尺3寸(2.2m)

目方(体重):42貫(157.5㎏)

特色/力:怪力、飛行能力

声:塩野勝美(しおの・かつみ)