KAIJIN

Work image
うぶめウブメ

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
十三之巻『乱れる運命』(2005年4月24日放送)

■説明

蛇のような長い身体に翼を備えた魔化魍(まかもう)。顔は魚のようでもある。

幼体のころは水中で育ち、成体になると巣を中心に飛び回り人を襲うようになる。とくに人間の子供の肉を好む。

 

鎌西湖に出現した個体は、まだ幼体でウブメの童子とウブメの姫に育てられている最中だった。しかし、怪童子が乱れ童子へ変化して妖姫を喰らってしまうと、異変を感じたのか沼から姿を現す。そこを乱れ童子に捕まり、自身も食い尽くされてしまった。

 

嬬恋の沼に出現した個体はすでに成体になっており、イブキ、天美あきらと対峙していたウブメの怪童子、ウブメの妖姫を背に乗せて飛び去った。

そして、人間には目もくれず浅間山へと移動すると、クグツ(黒・男)の思惑通り、ヤマアラシと戦いはじめて共倒れとなる。そして2体は黒いマユに包まれたのち、ナナシが誕生した。

 

その後も、多数の魔化魍が大量に同時出現するオロチ現象によって、東秩父、日高などに出現している。

 

身の丈(身長)759寸(23.0m/成体

       33寸(1.0m/幼体

目方(体重)2133貫(8.0t/成体

      16貫(60.0㎏)/幼体

特色/力:マッハ3での飛行、武器となる尻尾と牙

声:‐

関連人物

  • Clear

    クグツ(黒・男)

  • Clear

    ウブメの童子

  • Clear

    ウブメの姫

関連怪人

  • Clear

    ウブメの怪童子

  • Clear

    ウブメの妖姫

  • Clear

    乱れ童子

  • Clear

    ナナシ