KAIJIN

Work image
はいどらぐーんハイドラグーン

登場作品
仮面ライダー龍騎
初登場回/初登場作品
『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』(2002年8月17日公開)

■説明

レイドラグーンが変態した姿で、トンボの特性を持つ。

全体の形状はよりトンボに似た姿へと変化し、空を時速900㎞もの速度で飛び回る。

胴部から伸びる腕部は先端には鋭い爪が備わっており、切り離して自在にコントロールすることが可能。

口腔部にも鋭い牙が生えており、爪と牙は直径30㎝の鉄を断つほどの切れ味を誇る。


仮面ライダーナイトと戦っていたレイドラグーンがレイドラグーンへと変態し、ナイトと空中戦を展開。射出した腕部でナイトを捕らえて引き寄せ、牙を突き立てようとしたが、ダークウイングの体当たりで吹き飛ばされ、地面に落下していく途中で「飛翔斬」を受け爆散した。


神崎優衣が自ら命を絶ちミラーワールドが崩壊すると、レイドラグーンとともに鏡面を通じ現実世界に大量出現。人々をパニックに陥れた。


身長:240.0cm

体重:125.kg

特色/力:飛行能力、鋭い爪と牙、腕部を射出

声:-

関連怪人

  • Clear

    レイドラグーン