KAIJIN

Work image
かえんたいしょう火焔大将

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

■説明

全身を頑強な赤い甲冑で包んだ人型の魔化魍(まかもう)で、オロチを擁する魔化魍集団「血狂魔党(ちぐるまとう)」の一員。

凶暴な魔化魍で、術を用いて何処からともなく現れて人を襲う。

口から吐き出した炎で作る豪炎魔剣と呼ばれる刀身に棘の付いた幅広の剣や、左右の腕に備わる斧のような刃を武器にして戦う。


時は戦国時代。とある村に出没して人を襲っていたが、用心棒として雇われたカブキこと仮面ライダー歌舞鬼(カブキ)との戦闘になり、討ち取られれた。

だが、実はカブキは血狂魔党の一員であり、火焔大将と組んで自作自演を繰り返していただけであった。

それが露見し、歌舞鬼はヒビキこと仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と激突。火焔大将も助っ人として呼び出され、21での戦いを繰り広げた。

数的優位に立ちながらも、響鬼の攻撃で豪炎魔剣を叩き落され、ならばと組み付いて口腔部を開いて炎を浴びせようとするも、逆に響鬼が「鬼幻術・鬼火(きげんじゅつ・おにび)」による紫炎を放射。それを顔面に喰らって頭を吹き飛ばされ、まるで石化して崩れるように消滅した。


身の丈(身長)67寸(2.03m

目方(体重)47.467貫(178kg

特色/力:豪炎魔剣による剣術、炎を操る技

声:‐

関連人物

  • Clear

    カブキ

  • Clear

    童子(戦国時代)

  • Clear

    姫(戦国時代)

関連怪人

  • Clear

    オロチ