KAIJIN

Work image
どろたぼうのかいどうじドロタボウの怪童子

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
二十三之巻『鍛える夏』(2005年7月10日放送)

■説明

ドロタボウの童子の戦闘形態。

口から猛毒を含んだ泥を発射する。身のこなしが非常に軽い。

 

旭村に出現した個体は、ドロタボウの姫が注意を惹きつけているあいだに背後からヒビキに襲いかかった。揉み合いながら吊り橋までくると、泥を吐きかけるもかわされ、橋から蹴り落されてしまう。

その後、橋の下の川沿いで仕切り直しとなり、合流したドロタボウの妖姫とともに仮面ライダー響鬼(ヒビキ)、仮面ライダー轟鬼(トドロキ)と対峙。響鬼の繰り出す「鬼棒術・烈火剣(きぼうじゅつ・れっかけん)」の攻撃をよけ続けたが、妖姫が倒されると、分が悪いと見たのか退却。背後から放たれた「鬼棒術・烈火弾(きぼうじゅつ・れっかだん)」は、その場に現れたドロタボウが身を挺してかばったことで事なきを得た。

ドロタボウが大量分裂して個体を増やしたところで、響鬼、轟鬼、さらに彼らの応援に来た仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と戦闘になる。林の中で轟鬼と激しく打ちあい、空中に投げ飛ばされると落下の勢いを利用してキックを繰り出そうとしたが、カウンターで「鬼闘術・雷撃拳(きとうじゅつ・らいげきけん)」の拳を腹部に受け、消滅した。

 

身の丈(身長)69寸(2.09m

目方(体重)41貫(154.0Kg

特色/力:猛毒の泥を吐く、軽快な身のこなし

声:芦名星(あしな・せい)

変身者

  • Clear

    ドロタボウの童子

関連人物

  • Clear

    クグツ(白・男)

関連怪人

  • Clear

    ドロタボウ