KAIJIN

Work image
ぬりかべのむしゃどうじヌリカベの武者童子

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
十一之巻『呑み込む壁』(2005年4月10日放送)

■説明

クグツ(黒・男)にイガ状の塊を与えられたヌリカベの童子が、怪童子からさらに変化した姿。

頑強な鎧を身に着けたような外見をしており、仮面ライダー響鬼(ヒビキ)の「鬼幻術・鬼火(きげんじゅつ・おにび)」を受けても平然としているほどに高い防御力を誇る。

右手から「鬼棒術・烈火弾(きぼうじゅつ・れっかだん)」を弾くほどの強度がある剣状の武器を生み出す。

総じて強力な存在だが、この姿は数分間しか維持することができず、しばらくするとヌリカベの怪童子の姿に戻ってしまう。

 

ヌリカベの鎧姫とともに響鬼と交戦。連携攻撃で終始有利に攻め立て、崖下へと転落させた。

その後、人里に降りようとするヌリカベを止めようと現れた響鬼と再戦。

ディスクアニマルによる情報収集で、この姿は長時間保てないことを響鬼に知られており、時間稼ぎをされてヌリカベの怪童子の姿に戻ってしまう。

狼狽えている間に烈火弾を放たれ、ヌリカベの妖姫もろとも炎の直撃を受け消滅した。

 

身の丈(身長)69寸(2.09m

目方(体重)41貫(154.0㎏)

特色/力:頑強な外見、剣状の武器

声:芦名星(あしな・せい)

変身者

  • Clear

    ヌリカベの童子

関連人物

  • Clear

    クグツ(黒・男)

関連怪人

  • Clear

    ヌリカベ

  • Clear

    ヌリカベの怪童子

  • Clear

    ヌリカベの妖姫

  • Clear

    ヌリカベの鎧姫