KAIJIN

Work image
おとろしのようひめオトロシの妖姫

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
十之巻『並び立つ鬼』(2005年4月3日放送)

■説明

オトロシの姫の戦闘形態。

左肩からサイの角のような突起物が生えており、これを活かした突進を得意とする。

 

秩父に出現した個体は、オトロシの怪童子とともにオトロシを追ってきたイブキを奇襲し、突進で吹き飛ばした。しかし、直後、応援に駆け付けたヒビキに蹴り飛ばされたうえ、ディスクアニマルたちをけしかけられて一時撤退する。

その後、仕切り直す形で仮面ライダー響鬼(ヒビキ)、仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と交戦。突進で威吹鬼に先制攻撃を仕掛けるも、正面から受け止められ、肩の突起を破壊されてしまった。そして、攻撃を受けてひるんだところに威吹鬼の「音撃管・烈風(おんげきかん・れっぷう)」による射撃攻撃を受け爆発、消滅した。

 

大月に現れた個体は、緑色の体色をしており、失敗作である乱れ童子を処分すべくクグツ(黒・男)によって生み出された。オトロシの怪童子とともに乱れ童子に襲い掛かったが、首筋に牙を突き立てられる。さらにそこへ、同じく乱れ童子を追ってきた響鬼たちが現れると、「鬼棒術・烈火弾(きぼうじゅつ・れっかだん)」を放たれ、炎の直撃を受け消滅した。

 

身の丈(身長)56寸(1.7m

目方(体重)43貫(161.0㎏)

特色/力:左肩の突起を突き出しての突進

声:村田充(むらた・みつ)

変身者

  • Clear

    オトロシの姫

関連人物

  • Clear

    クグツ(黒・男)

関連怪人

  • Clear

    オトロシ

  • Clear

    ツチグモの怪童子

  • Clear

    乱れ童子