KAIJIN

Work image
おとろしのかいどうじオトロシの怪童子

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
十之巻『並び立つ鬼』(2005年4月3日放送)

■説明

オトロシの童子の戦闘形態。

左肩からサイの角のような突起物が生えており、これを活かした突進を得意とする。

 

秩父に出現した個体は、オトロシの妖姫とともにオトロシを追ってきたイブキを奇襲。ふたりでイブキににじり寄ったが、援護に駆けつけたヒビキに蹴り飛ばされ、さらにディスクアニマルたちをけしかけられて一時撤退する。

その後、仕切り直す形で仮面ライダー響鬼(ヒビキ)、仮面ライダー威吹鬼(イブキ)と交戦。猛突進して響鬼に先制攻撃を仕掛けるも、正面から受け止められ、肩の突起を破壊されてしまった。そして、攻撃を受けてひるんだところに響鬼が放った「鬼棒術・烈火弾(きぼうじゅつ れっかだん)」を受けて爆発、消滅する。

 

大月に現れた個体は、緑色の体色をしており、失敗作である乱れ童子を処分すべくクグツ(黒・男)によって生み出された。オトロシの妖姫とともに乱れ童子に襲い掛かったが、同じく乱れ童子を追ってきた響鬼に烈火弾を放たれて重傷を負う。倒れ伏していたところで不用意に寄ってきた天美あきらを襲うも、彼女の使役するディスクアニマルに攻撃され、力尽きた。

 

身の丈(身長)66寸(2.0m

目方(体重)48貫(180.0㎏)

特色/力:左肩の突起を突き出した突進

声:芦名星(あしな・せい)

変身者

  • Clear

    オトロシの童子

関連人物

  • Clear

    クグツ(黒・男)

関連怪人

  • Clear

    オトロシ

  • Clear

    ヌリカベの妖姫

  • Clear

    乱れ童子