KAMEN RIDERS

かめんらいだーりゅうが仮面ライダーリュウガ

登場作品
仮面ライダー龍騎
初登場回/初登場作品
『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』(2002年8月17日公開)

■説明

黒い龍型のミラーモンスターであるドラグブラッカーと契約した証であるカードデッキ(リュウガ)の所有者が変身した姿。外見は黒い仮面ライダー龍騎のようであり、行使する能力も酷似しているが、すべての能力は龍騎を上回っている。

変身者は城戸真司(ミラーワールド)で、現実世界においては鏡面の必要なく変身が可能。カードデッキ(リュウガ)を身体の前にかざすことでベルト状の装具、Vバックルが出現し、城戸真司(ミラーワールド)の腰に装着される。このVバックルのバックル部分のソケットにカードデッキ(リュウガ)を装填することで、仮面ライダーリュウガへと変身を果たす。

ほかのカードデッキと同じく、ミラーモンスターと契約した本人でなくとも変身が可能かどうかは不明。


左腕には手甲型の召喚機、ブラックドラグバイザーを装着。カードデッキ(リュウガ)内から取り出した各アドベントカードをブラックドラグバイザーのカードスロットに装填し読み込ませることで、様々な能力が発動可能。

リュウガのアドベントカードは契約モンスターのドラグブラッカーに関するものが揃っており、以下のような効果を発揮する。

アドベント(リュウガ)ではドラグブラッカーを召喚。相手に襲い掛かる。

ソードベント(リュウガ)ではドラグブラッカーの尾を模した黒い剣型の武器、ドラグセイバーを召喚。

ストライクベント(リュウガ)ではドラグブラッカーの頭部を模した手甲型の打撃武器、ドラグクローを召喚。装着時は必殺技の「ドラグクローファイヤー」が発動可能で、ドラグクローを向けた方向にドラグブラッカーが強力な黒炎を放射する。

ファイナルベント(リュウガ)では、必殺技の「ドラゴンライダーキック」が発動。ゆっくりと浮遊しキックポーズを構えた直後に、背後からドラグブラッカーがら黒炎を放射。暗黒の業炎をまとったリュウガが凄まじい勢いで対象にキックを炸裂させる


変身者:城戸真司(ミラーワールド)

変身時に使用するアイテム:Vバックルカードデッキ(リュウガ)

変身者

  • 城戸真司(ミラーワールド)

フォーム一覧

基本・強化フォーム

  • 仮面ライダーリュウガ

関連アイテム

  • Vバックル

  • カードデッキ(リュウガ)

  • ライドシューター

  • ブラックドラグバイザー

  • アドベント(リュウガ)

  • ソードベント(リュウガ)

  • ストライクベント(リュウガ)

  • ガードベント(リュウガ)

  • ファイナルベント(リュウガ)

  • ドラグセイバー(リュウガ)

  • ドラグクロー(リュウガ)

  • ドラグシールド(リュウガ)