ITEMS

Work image
わいるどすらっしゃーワイルドスラッシャー

登場作品
仮面ライダー剣
初登場回/初登場作品
第37話『新たな運命へ』(2004年10月17日放送)

■説明

仮面ライダーワイルドカリスが使用する、二本一対の鎌型の専用武器。

仮面ライダーカリスからワイルドカリスへフォームチェンジを果たした際、両腰に1本ずつ出現する。

 

通常は鎌のままの醒鎌モードとして使い、接近戦においてスピードを活かした強烈な連続斬撃を繰り出す。

2本を合体させて、さらにカリスアローに接続することで、弓型の醒弓モードにも変形。

醒弓モードでは通常時よりも威力の高まった炎の弾丸、フォースアローが放て、ラウズカード覚醒機能も付与される。

ラウズカードをラウズ(リード)する際に消費される初期AP(アタックポイント)は9800となっているが、それを表示するカウンターなどは付いていない。

 

13枚のハートスートのラウズカードを合成したワイルドをラウズすることで、仮面ライダーブレイド キングフォームの必殺技「ロイヤルストレートフラッシュ」さえ上回る最強の必殺技「ワイルドサイクロン」が発動。

通常はワイルドスラッシャーをコネクトしたカリスアローの先端から光の帯をビームのように放つが、ケルベロスⅡとの戦いでは光の帯を斬撃のように叩き込んでいた。

  

■主な使用者

相川始/仮面ライダーカリス

 

■この武器を使用した仮面ライダー

仮面ライダーワイルドカリス

1
01
2

ワイルドスラッシャー 醒鎌モード

ワイルドスラッシャーの二本一対の鎌形態。

スラッシャーエッジ

1秒間に300万回以上振動している刃。触れたものを切り裂く。

ハードベイズ

ワイルドスラッシャーのフレーム部で、特に頑丈につくられている。

ワイルド・グリップ

腰のシャドウホルスターに収納されているときは折りたたまれているが、ワイルドカリスの意思に応じて自動的に起き上がる。

オープンクロウズシステム

ワイルドスラッシャーを折りたたんだり伸ばしたりするための回転軸。
  • ワイルドスラッシャー 醒鎌モード
  • スラッシャーエッジ
  • ハードベイズ
  • ワイルド・グリップ
  • オープンクロウズシステム
2
01
2

ワイルドスラッシャー 醒弓モード

2本のワイルドスラッシャーを合体・変形させて、カリスアローにコネクトした状態。ワイルドのラウズカードを覚醒する機能が付与される。

マスターオーブ

ワイルドをラウズ(リード)することで、強力なエネルギー、シャドウフォースを生み出すワイルドスラッシャーのコア。

ゴルド・プレート

神秘の超金属・ゴルドプラチナ製のレリーフで、ワイルドのラウズ(リード)ことで発生するエネルギー、シャドウフォースをワイルドスラッシャー全体に送り込む機能を持つ。

スラッシュリーダー

ワイルドをラウズ(リード)する部分。光の帯のような衝撃波を発生させる必殺技「ワイルドサイクロン」を発動させる。
  • ワイルドスラッシャー 醒弓モード
  • マスターオーブ
  • ゴルド・プレート
  • スラッシュリーダー

関連アイテム

  • List image

    カリスアロー

  • List image

    ワイルド

関連人物

  • Clear

    相川始