ITEMS

どれいくぐりっぷドレイクグリップ

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第11話『合コン燃ゆ』(2006年4月9日放送)

■説明

地球外生命体であるネイティブの技術提供により、対ワーム秘密結社「ZECT(ゼクト)」が開発したグリップ型のツール。

3000km圏内であればどこからでもドレイクゼクターを呼び出せる機能を持ち、資格者がドレイクグリップを差し出すことで、まるでトンボが木に止まるようにドレイクゼクターがドレイクグリップの先端部にセットされ、資格者は仮面ライダードレイク マスクドフォームへと変身する。

ドレイクグリップと合体した状態のドレイクゼクターは銃型の専用武器として使用。トリガー部は通常時の光弾の発射、および必殺技の「ライダーシューティング」の超強力な光弾を発射する際に使用する。


■主な使用者

風間大介仮面ライダードレイク

風間大介(擬態)/仮面ライダードレイク

立川大吾/仮面ライダードレイク


■このアイテムを使って変身する仮面ライダー

仮面ライダードレイク マスクドフォーム

仮面ライダードレイク ライダーフォーム

仮面ライダードレイク マスクドフォーム[風間大介(擬態)ver.]

仮面ライダードレイク ライダーフォーム[風間大介(擬態)ver.]

仮面ライダードレイク マスクドフォーム[立川大吾ver.]

仮面ライダードレイク ライダーフォーム[立川大吾ver.]

01
1

ドレイクグリップ

仮面ライダードレイクの変身者が携帯するグリップ型のツール

コグニッションアンテナ

有資格者が3000km圏内に入れば、どこからでも瞬時にドレイクゼクターを呼び出せる。

ロック&リリーススイッチ

ドレイクゼクターの設置、取り外しを行う。

アポーツ

ドレイクグリップの右側部にある物質生成装置。ドレイクゼクターがセットされると、マスクドライダーシステムが起動して、スーツやアーマーが形成される。

ゼクターアラート

ドレイクゼクターを感知、認識する部位。
  • ドレイクグリップ
  • コグニッションアンテナ
  • ロック&リリーススイッチ
  • アポーツ
  • ゼクターアラート

関連アイテム

  • ドレイクゼクター

関連人物

  • 風間大介

  • 風間大介(擬態)

  • 立川大吾