ITEMS

はいぱーぜくたーハイパーゼクター

登場作品
仮面ライダーカブト
初登場回/初登場作品
第28話『なぜ!? 絶命』(2006年7月30日放送)

■説明

対ワーム秘密組織「ZECT(ゼクト)」が秘密兵器として開発した、カブトムシ型自律メカ。

最初に開発された個体はワーム陣営との争奪戦の末に破壊されたが、未来で新たに造られたパイパーゼクターが、選ばれし者である天道総司の求めに応じて飛来した。

同型のカブトゼクターを遥かに超える能力を有しており、単独で時空を超える機能を持ち、角部分に当たるゼクターホーンは突進により厚さ300mmの鉄板を貫通するほどに強固。天道総司が変身する仮面ライダーカブト ライダーフォームの求めに応じて瞬時に出現する。

ライダーベルトの左腰部にセットしてゼクターホーンを倒すことで「ハイパーキャストオフ」が発動。カブト ライダーフォームを瞬時に仮面ライダーカブト ハイパーフォームへとフォームチェンジさせる。

カブト ハイパーフォーム時は本体のスラップスイッチを押すことで「ハイパークロックアップ」が発動。カブト ハイパーフォームの装甲、カブテクターの胸部、背部、肩部、腕部、脚部が展開してオーロラのような光を放つほどに超エネルギーのタキオン粒子に満ち溢れ、「クロックアップ」を超えるほどの超高速移動を一定時間可能にするほか、過去や未来への時間移動までも行えるようになる。

また、カブト ハイパーフォーム時にゼクターホーンを倒すことで、「マキシマムライダーパワー」が解放され、右足にエネルギーが集中。カブトゼクターの脚部に備わるボタン、フルスロットルを1、2、3の順番に押し、カバー部とゼクターホーンを操作することで、必殺技の「ハイパーライダーキック」が発動する。

なお、加賀美新が変身する仮面ライダーガタック ライダーフォームも、ハイパーゼクターを使用することで、仮面ライダーガタック ハイパーフォームへとフォームチェンジが可能

仮面ライダーコーカサスはハイパーフォームの状態ではないがハイパーゼクターを装着しており、ハイパークロックアップやマキシマムライダーパワーの解放による一撃必倒のミドルキック式「ハイパーライダーキック」を披露した。


■主な使用者

天道総司仮面ライダーカブト

加賀美新仮面ライダーガタック

黒崎一誠仮面ライダーコーカサス


■このアイテムを使って変身する仮面ライダー

仮面ライダーカブト ハイパーフォーム

仮面ライダーガタック ハイパーフォーム

01
2

ハイパーゼクター

昆虫型自律メカ、ゼクターの一種。仮面ライダーカブトを仮面ライダーカブト ハイパーフォームに、仮面ライダーガタックを仮面ライダーガタック ハイパーフォームへとフォームチェンジさせる。

スラップスイッチ

超エネルギーのタキオン粒子を解放し、仮面ライダーカブト ハイパーフォーム、仮面ライダーガタック ハイパーフォームの全身へと行き渡らせるスイッチ。ここを押すと「ハイパークロックアップ」が発動する。

ゼクターホーン

突進で厚さ300mmの鉄板をも貫く強度を誇る。仮面ライダーカブト ライダーフォームや仮面ライダーガタック ライダーフォームが左腰部に装着し、ホーンアクシスを基点に90度倒すことで「ハイパーキャストオフ」が発動。
仮面ライダーカブト ハイパーフォームや仮面ライダーガタック ハイパーフォームの状態でホーンアクシスを基点に90度倒すことで「チャージアップ」され、時空内の超エネルギー、タキオン粒子を無尽蔵に吸収。「マキシマムライダーパワー」が発動する。

ホーンアクシス

ゼクターホーンの可動の軸となる部分。
  • ハイパーゼクター
  • スラップスイッチ
  • ゼクターホーン
  • ホーンアクシス
01
2

横から見たハイパーゼクター

横から見たハイパーゼクター

投射装置

目に当たる部分から光を発し、空気中に映像を投射できる。

セットアッププロジェクション

仮面ライダーカブトや仮面ライダーガタックが、ハイパーゼクターをライダーベルト左側面のアタッチメントにスムーズに装着できるようにつくられた凸部。
  • 横から見たハイパーゼクター
  • 投射装置
  • セットアッププロジェクション

関連アイテム

  • ライダーベルト

  • ZECTバックル

関連人物

  • 天道総司

  • 黒崎一誠

  • 加賀美新