ITEMS

Work image
れっどらんばすレッドランバス

登場作品
仮面ライダー剣
初登場回/初登場作品
第1話『紫紺の戦士』(2004年1月25日放送)

■説明

仮面ライダーギャレン専用として人類基盤史研究所、通称「BOARD(ボード)」から支給されたビークル。

仮面ライダーブレイドの駆るブルースペイダーと同時期に開発されており、加速性能で劣る代わりに出力面、特に最高出力はブルースペイダーのそれを上回っている。

 

橘朔也は普段からレッドランバスを愛用しており、アンデッドが出現した際はこのマシンに乗って現場へ急行する。またギャレンの脳波操作によって、無人走行を行うことも可能。

 

タンク上にはラウズカード覚醒機能を持つモビルラウザーを搭載しており、劇中では未使用だがファイヤフライ(ダイヤ6)をラウズ(リード)することで、炎を纏いながら突進を繰り出す「ファイアランバス」を発動できる。

  

■主な使用者

・橘朔也/仮面ライダーギャレン

 

■このマシンに乗った仮面ライダー

仮面ライダーギャレン


■主な二人乗り

・橘朔也&深沢小夜子

1
01
1

レッドランバスとは……

仮面ライダーギャレンが搭乗する高性能バイク。

[マシンスペック]
■全長:2120mm
■全幅:790mm
■全高:1290mm
■最高時速:380km/h
■最高出力:355馬力

マグネスナッパー

強力な磁力を発するストッパー。装備ボックスを定着させる際に役に立つ。

モビルラウザ-

ラウズカード覚醒機能を備えたボックス。スラッシュ・リーダーにラウズカードをラウズ(リード)することで、ラウズカードに封印されたアンデッドの能力をレッドランバスに付与する。

SCP-GENESIS

超金属製のカウル内にレッドランバスの中枢部となるコンピュータを搭載。車体の各部に内蔵されたメカを管理している。無人走行の際には、ギャレンの脳波を受信し、ここから指令を発する。

クリヤボヤンサー

強烈な光で120m先をも照らすヘッドイト。メインカメラとしての機能も備えている。

ミスリルフェンダー

高速走行時に車体に吹きかかる強風を受け流す役割を担っている。

クーリングインテーク

風を取り入れて、内蔵されたリニアモーターを冷却する。

ダイヤモンドインジケーター

コンピューターが問題なく稼働しているかが確認できるランプ。

AS-25E・アトミックストーム

小型原子力エンジンで、マシンの動力源。
  • レッドランバスとは……
  • マグネスナッパー
  • モビルラウザ-
  • SCP-GENESIS
  • クリヤボヤンサー
  • ミスリルフェンダー
  • クーリングインテーク
  • ダイヤモンドインジケーター
  • AS-25E・アトミックストーム

関連人物

  • Clear

    橘朔也