FORMS

仮面ライダー電王

Work image
かめんらいだーでんおう ちょうくらいまっくすふぉーむ仮面ライダー電王 超クライマックスフォーム

登場作品
仮面ライダー電王
初登場回/初登場作品
『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』(2009年5月1日公開)

■説明

仮面ライダー電王 ウイングフォームのままクライマックスフォームにフォームチェンジしたことで、5体のイマジンの同時憑依を可能にした電王の最強形態。

背後にジークの電仮面が追加され、そこから出現した翼による飛行も可能で、全形態中でも屈指の機動力を誇る。

電王 クライマックスフォームと同様にベースはソードフォームとなっており、モモタロスが主導権を握って戦い、徒手空拳による荒々しい近接格闘を披露していた。


フルチャージ後に翼を使って空高く飛び上がったあと、急降下して飛び蹴りを繰り出す必殺技「超ボイスターズキック」は、電王 クライマックスフォームの「ボイスターズキック」を遥かに上回る破壊力を持つ。


変身者:少年姿の野上良太郎(超・電王)

変身時に使用するアイテム:デンオウベルト(仮面ライダー電王)ライダーパスケータロス

変身者

  • Clear

    少年姿の野上良太郎(超・電王)

1
01
2

スペック

■身長:190cm
■体重:125kg
■パンチ力:8t
■キック力:10t
■ジャンプ力:一跳び50m
■走力:100mを3.8秒
■必殺技:「超ボイスターズキック」

電仮面(ウイングフォーム)

背中に位置し、ジークの意思を持つ部分。大きく展開し、電王を飛翔させることもできる。その見た目を「みっともない」と思っているモモタロスに対し、ジークは「美しい」と認識している。

電仮面(ロッドフォーム)

右肩に位置し、ウラタロスの意思を持つ。

電仮面(ガンフォーム)

胸の中央に位置し、リュウタロスの意思を持つ。

電仮面(アックスフォーム)

左肩に位置し、キンタロスの意思を持つ。

オーラスキン

全身を覆うオーラが実体化した、電王の皮膚とでもいうべきスーツ。防御性に優れ、500万Vの電圧や、ダイヤモンド製の刃先による攻撃ダメージをも軽減することができる。

ケータロス

電王 超クライマックスフォームに変身している間は、「デンオウベルト」には常に「ケータロス」がセットされている。
  • スペック
  • 電仮面(ウイングフォーム)
  • 電仮面(ロッドフォーム)
  • 電仮面(ガンフォーム)
  • 電仮面(アックスフォーム)
  • オーラスキン
  • ケータロス
2
01
2

頭部

仮面ライダー電王 超クライマックスフォームの頭部。

電仮面

仮面ライダー電王 プラットフォームのマスクの上に装着(リ・バース)される、電王 超クライマックスフォーム専用のマスク。

Oシグナル

2km以内にいるイマジンを察知することができる。電王 クライマックスフォームにはなかったウイングフォームの紋章が増えている。
  • 頭部
  • 電仮面
  • Oシグナル

関連アイテム

  • List image

    ライダーパス

  • List image

    デンオウベルト(仮面ライダー電王)

  • List image

    ケータロス