FORMS

仮面ライダードライブ

Work image
かめんらいだーちょうでっどひーとどらいぶ仮面ライダー超デッドヒートドライブ

登場作品
仮面ライダードライブ
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』(2015年8月8日公開)

「シグナルバイク・シフトカー!ライダー!超デッドヒート!」

■説明

泊進ノ介がマッハドライバー炎とトライドロンキーを用いて変身した姿。

マッハドライバー炎はチェイスが使用していたものであり、そのドライバーに搭載された「新たな試作ライダーを生み出すための拡張機能」を利用してこの形態が生み出されることとなった。

実戦においては2035年の技術で作られた「バット型のプレーンロイミュード」を必殺パンチで撃破。

その後、「永遠のグローバルフリーズ」を阻止するため、パトカーでロイミュード108のもとへと急行した。


変身者:泊進ノ介

変身時に使用するアイテム:マッハドライバー炎/トライドロンキー

変身者

  • Clear

    泊進ノ介

1
01
2

スペック

■身長:199.0cm
■体重:101.0kg
■パンチ力:4.0t
■キック力:5.6t
■ジャンプ力:26.0m(ひと跳び)
■走力:6.5秒(100m)
■必殺技:─

ユナイトエアロメット

超デッドヒートドライブの頭部を保護するヘルメット。

ヴァーミリオンガード

超デッドヒートドライブの胴体を覆う、シールド発生装置を兼ねた外部装甲。
体表を覆う防御用のエネルギーフィルムを形成し、装甲に覆われていない部分の防御力を高める役割を担っている。

ラジエーターガード

超デッドヒートドライブの肩部に装備された冷却装置。
体内に溜まった熱を排出し、駆動機関の異常過熱を防ぐ。
また、超デッドヒートドライブに接触している物体からエネルギーや熱を奪い取り、分解・放出する能力も備えている。

アームドエンハンス

超デッドヒートドライブの右腕に装着されたアーマー。
堅く分厚い金属装甲で構成されており、物理攻撃によるダメージを大幅に軽減する。
駆動機関が生み出したエネルギーを利用し、腕力を瞬間的に増大させる機能も兼ね備えている。

ラピッドレイドグローブ

超デッドヒートドライブの拳を覆う強化グローブ。
圧縮エネルギーでグローブ表面を覆い、高威力の高速パンチを繰り出すことが可能。

メタルパッドインパルサー

超デッドヒートドライブの膝を覆う、特殊合金製の装甲。
膝関節の動きを補助・強化する機能や、指向性の衝撃波を生み出す機能を備えており、高速の膝蹴りで対象の内部システムをダウンさせることができる。

ターボストレングスレッグ

超デッドヒートドライブの脚力強化アーマー。
表面にはシールド膜を形成する特殊粒子がコーティングされている。
また、内蔵された電磁サスペンションは、超デッドヒートドライブの脚力と瞬発力を強化する役割を持つ。

トレイサーブーツ

超デッドヒートドライブが装備する強化ブーツ。
圧縮エネルギーをブーツ表面に展開し、強力なキックを繰り出すことが可能。
また、路面などに残された追跡対象の痕跡を、足裏に仕込まれた内蔵センサーで感知することもできる。

G-ジャンクション

必殺技に使用するエネルギーを供給するパイプ。
必殺技の発動には膨大なエネルギーを使用するため、内部機能に影響を与えないよう、装甲外部に配置されている。
頑丈かつ柔軟な強化素材を使用しており、激しい戦闘にも耐えうる強度を持つ。

ディフレクトショルダー

超デッドヒートドライブの左肩に装備されたショルダーアーマーで、敵が放ったエネルギー攻撃を受け流す形状を持つ。
また、突進時に生み出される衝撃エネルギーを一点に集中させ、シールド機能を備えた敵をも、一瞬で粉々に破壊することができる。

コア・ドライビア-N

超デッドヒートドライブの稼働エネルギーを生み出すグラビティドライブエンジン。
エンジンの回転と振動を利用して、重加速を打ち消す波動を放つこともできる。

アームドインパクター

超デッドヒートドライブの左腕に装着されたガントレット。
堅く分厚い金属装甲で構成されており、エネルギー攻撃によるダメージを大幅に軽減する。
また、駆動機関が生み出したエネルギーを敵の内部に叩き込み、内部機能に障害を発生させる能力を持つ。

リボルトブレス

超デッドヒートドライブの手首に装着された制御ブレス。
自身の攻撃の反動で内部ダメージを負わないように、各部のパワーバランスを調整する役割を持つ。
なお、変身者の判断でリミッターを解除することもできる。

マッハドライバー炎

仮面ライダー超デッドヒートドライブへの変身時に使用するベルト。
仮面ライダーチェイサーの開発時に追加された拡張機能により、スロットに入力された戦闘データとベルト内部に保存された戦闘データを組み合わせ、新たなライダーを試作することができる。

G-ナイトハイドウェア

超デッドヒートドライブの全身を覆う防護スーツ。
局所的な自動伸縮と変身者への電気刺激を行うことで、動作の無駄を省き、運動効率を極限まで高めている。
激しい動きのみならず、細やかで素早い動作も得意としており、音を立てずに敵の背後に忍び寄ることもできる。

その他の機能

■サーキュラーダイナミクス(背面のコネクターユニット)
超デッドヒートドライブに強化武装などを装着するためのコネクター。
超デッドヒートドライブの駆動機関と直結しており、必殺技を発動する際は、このコネクターを通して武器などにエネルギーを流し込む。
  • スペック
  • ユナイトエアロメット
  • ヴァーミリオンガード
  • ラジエーターガード
  • アームドエンハンス
  • ラピッドレイドグローブ
  • メタルパッドインパルサー
  • ターボストレングスレッグ
  • トレイサーブーツ
  • G-ジャンクション
  • ディフレクトショルダー
  • コア・ドライビア-N
  • アームドインパクター
  • リボルトブレス
  • マッハドライバー炎
  • G-ナイトハイドウェア
  • その他の機能
2
01
2

ユナイトエアロメット

仮面ライダー超デッドヒートドライブの頭部。

エアーエキゾーストパイプ

超デッドヒートドライブに取り付けられた排気装置。
装着者に酸素を供給する際に、取り込んだ空気に含まれる不純物を多重のエアフィルターで取り除き、排出する役割を持つ。

マルチハイビームアイ

超デッドヒートドライブの視覚センサー。
熱源反応や動体反応などを捉え、前方広範囲の状況を速やかに把握する。
センサーで集約した情報は変身者が一目で分かるようにまとめられ、リアルタイムでメット内部に表示される。
また、センサーは強力な発光機能を備えており、目くらましとして利用することもできる。

ヘッドウィングスポイラー

超デッドヒートドライブの頭部に装備されたエアロパーツ。
全身にダウンフォースを発生させ、加速能力を強化する。
また、アンテナとしての機能を併せ持ち、動体反応を感知することで周囲に潜んでいる敵を見つけ出し、戦況を瞬時に把握できる。

ストリームラインアーマー

超デッドヒートドライブの頭部を守る流線型の装甲で、表層には耐衝撃性に優れた合金を使用している。
また、装甲内部のハニカム構造には薄く丈夫な圧縮合金を使用しており、あらゆる衝撃を受け流す性質を持つ。

シグナル-D

超デッドヒートドライブ自身の状態を把握するセンサー。
眉間から後頭部まで続く青いライン状のセンサーが、全身各部の損害状況や稼動状態を確認し、R-エンブレム内のR-センサーシンボルに伝達する。

R-エンブレム

Rの文字が入った円形のエンブレム。
シグナル-Dから受信した超デッドヒートドライブの身体データを、リアルタイムで集約するデバイス。
全身へのエネルギー配分を自動的に調整する機能を持つ。

サイドガードモジュール

超デッドヒートドライブの顔面を守る追加装甲。
高強度の圧縮金属を用いた装甲ブロックが、頭部への物理ダメージを大幅に軽減する。
また、内蔵された小型のシールド発生装置により、敵が放つエネルギー攻撃の威力を半減させることが可能。

アームドショックアブゾーバー

超デッドヒートドライブの側頭部と後頭部を覆う装甲。
装着者と装甲の間には、特殊ゴム製の衝撃吸収材が挟み込まれており、前後左右からの衝撃を吸収する。
また、広域集音装置も仕込まれており、視覚センサーと連動して高精度の索敵を可能とする。

クラッシュガードパネル

超デッドヒートドライブの顔面を守る複合装甲。
戦車砲にも耐えうる高強度の圧縮合金を重ね合わせることで、装甲内部の装着者にダメージが及ばないようになっている。
  • ユナイトエアロメット
  • エアーエキゾーストパイプ
  • マルチハイビームアイ
  • ヘッドウィングスポイラー
  • ストリームラインアーマー
  • シグナル-D
  • R-エンブレム
  • サイドガードモジュール
  • アームドショックアブゾーバー
  • クラッシュガードパネル

関連アイテム

  • List image

    マッハドライバー炎

  • List image

    トライドロンキー

  • List image

    ハンドル剣