FORMS

Work image
かめんらいだーいくさ せーぶもーど仮面ライダーイクサ セーブモード

登場作品
仮面ライダーキバ
初登場回/初登場作品
第9話『交響・イクサ・フィストオン』(2008年3月23日放送)

「レジィ フィ・ス・ト・オ・ン」

■説明

素晴らしき青空の会が開発した、強化スーツ・イクサシステムを装着して変身した姿。

完成当初の1986年当時は装着者への負担がすさまじく、ウルフェン族である次狼ですら入院を余儀なくされてしまった。

そこから10回に及ぶバージョンアップが繰り返され、外見こそ変わらないが2008年には欠点を克服している。

素晴らしき青空の会のメンバーが装着することが多く、中でも紅音也が主に装着していた。

1986年当時のみ、イクサナックルから放つ「ブロウクン・ファング」を必殺技として使用する。

 

変身者:名護啓介次狼紅音也ルーク麻生ゆり糸矢僚

変身時に使用するアイテム:イクサベルトイクサナックル

変身者

  • Clear

    紅音也

  • Clear

    名護啓介

  • Clear

    次狼

  • Clear

    麻生ゆり

  • Clear

    糸矢僚

  • Clear

    ルーク

1
01
1

イクサメット

電気接点をマウントした内部パッドにより、スーツが受けたあらゆる情報をダイレクトに装着者に伝達するコンバットヘルメット。前部にはクロスシールドと呼ばれる防護装甲があり、変身直後のセーブモード時には、頭部情報機器保護の為、固く閉ざされている。スーツ装甲部と共に、材質は8AL‐7Vチタニウム。通称87チタンをベースとした<イクサプラチナ>と呼ばれるイクサ専用の超合金であり、次世代の軍用兵器の装甲に仕様検討されるこの素材を、嶋が特別なルートから仕入れたものを更に改造した金属である。現在地球上に存在する合金素材のうち、最強と言われる超合金である。

プロテクトウィンドウ(黒いスリット部分)

要人送迎のリムジンなどに使用されるハイグラッシー社製・705UGという強化グラスを3層使用した防御グラス。理論上、自動小銃や50口径のマグナム弾のゼロ距離射撃を受けても傷を入れることさえ不可能。ハンティンググラスの表面レンズフィルターにも使用されているが、このセーブモードでは、更にクロスシールドで前面を覆うことにより、情報機器の保護性を高めている。クロスシールドを閉じた状態でもハンティンググラスを使用する事も可能。

クロスシールド

変身直後は急激にエネルギーをスーツに流入させ、スーツが自壊する事を防ぐセーブモードとなる。その際、精密機器が集中した顔面を保護するために、前面クロスシールドがクローズ状態になり、外衝撃から保護する様になっている。セーブモード時はバーストモード時の約60%の電力で稼働し、バーストモード時は全てのエネルギーをイクサアームズ(武器)に一点集中させ、必殺技を放つなどの荒技を可能とする。バーストモードの使用は著しくエネルギーを消費するばかりか、スーツや内蔵コンピュータ自体に高い負荷を与えるため、この形態で30分以上の連続運用は非常に危険な状態となる。
  • イクサメット
  • プロテクトウィンドウ(黒いスリット部分)
  • クロスシールド

関連アイテム

  • List image

    イクサベルト

  • List image

    イクサナックル

  • List image

    ナックルフエッスル

  • List image

    イクサリオン