FORMS

仮面ライダーギルス

Work image
かめんらいだーぎるす仮面ライダーギルス

登場作品
仮面ライダーアギト
初登場回/初登場作品
第6話『哀しき妖拳』(2001年3月4日放送)

■説明

アギトの力に覚醒した葦原涼が、腹部に出現するベルト状の装具、メタファクターで変身した姿。

高い身体能力を誇り自己再生能力まで持つが、変身するたびに涼の肉体に甚大なダメージを与え、老化現象を引き起こしたり、激しい疲労感に襲われるなどの後遺症が残ってしまう。

しかし風谷真魚の力で蘇ったあとは、肉体への負担なしに変身可能になった。

 

咆哮を上げながら手数で攻めるワイルドな戦闘を好み、手甲より出現する鋭い爪、ギルスクロウや触手状のムチであるギルスフィーラーなど、体の一部を変化させた武器も用いる。

両足の踵から伸びるヒールクロウで踵落としを決める、「ギルスヒールクロウ」が主な必殺技。

 

変身者:葦原涼

変身者

  • Clear

    葦原涼

1
01
2

スペック

■身長:200cm
■体重:100kg
■パンチ力:10t
■キック力:20t
■ジャンプ力:一跳び50m
■走力:100mを5秒
■防御力:硬度5
■必殺技:「ギルスヒールクロウ」

バイオチェスト

「賢者の石」が生成した生体装甲で、自己修復機能を持つ。装甲は日々、成長しており、葦原涼と一体化しようと涼の肉体を浸食している。

メタファクター

中央に「賢者の石」を持ち、仮面ライダーギルスのエネルギーをつくり出す。また、生体エネルギーを発生させ、装甲の強化も行う。

ミューテートスキン

ダイヤモンド並みの硬度がある生体装甲皮膚。しかし、不完全な皮膚であるため、栄養素を吸収しようと、涼の体を蝕んでいる。

ライヴレッグス

足に寄生している生体装甲。仮面ライダーギルスの意思を受け、ヒールクロウを出す。

パワーゴールドアンクレット

「賢者の石」から発せられたハワーをライヴレッグスに送る。

パワーゴールド

体の中で最もエネルギーが蓄積されている部位。

ショルダーシェル

強化外骨格でつくられた、ショルダーパッド。マグナム弾ですら傷つけることはできない。

ライヴアームズ

腕に寄生し、エネルギーを吸収する一種の生命鎧。仮面ライダーギルスの意思に従って、「ギルスフィーラー」や「ギルスクロウ」を自在に伸ばす。

ハンドリングオーヴ

ライヴアームズやライヴレッグスに仮面ライダーギルスの意思を伝える器官。破壊されると、腕や足の制御が利かなくなってしまう。
  • スペック
  • バイオチェスト
  • メタファクター
  • ミューテートスキン
  • ライヴレッグス
  • パワーゴールドアンクレット
  • パワーゴールド
  • ショルダーシェル
  • ライヴアームズ
  • ハンドリングオーヴ
2
01
2

頭部

仮面ライダーギルスの頭部

ワイズマン・オーヴ

第3の目と呼ばれ、敵の弱点を瞬時に見破ることができる。また、強力な光を放って敵の目をくらませたり、催眠波で人を操ることも可能。「賢者の石」とほほ同じ物質で構成されており、ここで得た情報を脳に伝達する。

デモンアイズ

20km先の看板も正確に識別でき、鋼鉄の壁を透視することも可能。また、暗闇でも、昼間と同じように見渡すことができる。

ギルスアントラー

視覚、嗅覚、聴覚をコントロールする感覚器官。蓄積したパワーによる自壊を防ぐために、余剰エネルギーを放出する役割も持つ。仮面ライダーアギトと違ってワイズマン・モノリスを持たないため、自分の意思とは無関係にエネルギーの限界が訪れてしまい、パワーが失われると萎縮する。

デモンズファングクラッシャー

鋼鉄を切り裂く鋭い牙。「ギルスホーン」と呼はれる超音波を発し、敵を撹乱することもできる。
  • 頭部
  • ワイズマン・オーヴ
  • デモンアイズ
  • ギルスアントラー
  • デモンズファングクラッシャー

関連アイテム

  • List image

    ギルスレイダー