CHARACTERS

Work image
くれない わたる紅渡(クライマックス刑事)

登場作品
仮面ライダー電王
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』(2008年4月12日公開)

「そういえば、悪の組織ってあれかも……」

■プロフィール
種族:人間とファンガイアのハーフ
性別:男性
年齢:20歳
職業・身分など:バイオリン専門の楽器修復師
家族など:紅音也(父)、真夜(母)、登太牙(異父兄)、紅正夫(息子)

 演:瀬戸康史(せと・こうじ)

■この人物が変身する仮面ライダー
仮面ライダーキバ

■説明
人間とファンガイアのあいだに生まれた青年。
相棒であるキバットバットⅢ世の力を借りてファンガイアである母から預かったキバの鎧を纏い仮面ライダーキバに変身。人間を襲うファンガイアと戦い続けている。
かなりの人見知りで口べたなため、他人とコミュニケーションを取ることが苦手だが、人一倍優しい心の持ち主である。
バイオリン専門の楽器修復師を生業とし、天才バイオリニストと呼ばれた父、紅音也が遺した「ブラッディ・ローズ」のような傑作を作ることが目標。そのためのニスの材料集めに余念がないのだが、他人の敷地に踏み込んだり、自宅にて発酵させた材料が悪臭を放ったりと、この行動がトラブルを招くことも多い。

数少ない真正面から会話ができる人物である野村静香とともに埋めていたニスの材料を採りに公園を訪れていたが、その行動を不審に思った野上良太郎鈴木一哉に声をかけられ、材料が入ったビンのフタがとれて悪臭を放ったことから一騒動起きてしまう。このとき、良太郎への憑依をウラタロスに邪魔されたモモタロスが渡に憑依し、あまりの豹変ぶりに静香を驚かせていた。
モモタロスが離れると、渡はネガタロスたちが潜伏するビルにニスの材料集めに訪れたことを思いだし、良太郎たちに伝えた。
その後、ネガタロス率いる悪の軍団とデンライナー署の戦いを感じたキバットバットⅢ世に導かれて再び良太郎たちの前に姿を見せ、仮面ライダーキバ キバフォームへと変身。仮面ライダー電王の危機を救うとともにネガタロスの野望を阻止した。


■戦闘時の決め台詞など
「キバット!! 変身」

関連人物

  • Clear

    野上良太郎

  • Clear

    モモタロス/M良太郎

  • Clear

    ウラタロス/U良太郎

  • Clear

    野村静香(クライマックス刑事)

  • Clear

    キバットバットⅢ世(クライマックス刑事)

  • Clear

    ネガタロス

  • Clear

    紅音也(クライマックス刑事)

  • Clear

    鈴木一哉