CHARACTERS

Work image
てるい りゅう照井竜(2015年)

登場作品
仮面ライダードライブ
初登場回/初登場作品
『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』(2016年4月20日発売)

「人々や仲間の危機は決して見過ごさない。それが仮面ライダーの流儀のはずだ」

■プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:不明

職業・身分など:風都署 超常犯罪捜査課の課長(警視)

家族など:照井亜樹子(妻)/照井春奈(娘)


演:木ノ本嶺浩(きのもと・みねひろ)


■説明

風都署 超常犯罪捜査課の刑事。

ガイアメモリ犯罪を徹底的に取り締まる不死身の男であり、その正体は仮面ライダーアクセル。

鳴海探偵事務所の所長・鳴海亜樹子(戸籍上は照井亜樹子)を妻に持ち、春奈という幼い娘がいる。


2015年、風都市と東京都の境にあたる橋の上で遺体が発見され、警視庁 特状課の泊進ノ介らと遭遇。

遺体にはガイアメモリの使用痕があったことから、彼らに捜査権を譲ることはできなかった。

ところがその後、被害者が覚醒してロイミュード077へと変貌。

警察官が回収したビーストメモリを奪い、ビースト・ドーパント(077)へと変化して暴れ始める。


苦戦する仮面ライダードライブ、仮面ライダーマッハを助けるため、照井竜も体感重量約30kgのエンジンブレードを片手持ちしながら仮面ライダーアクセルへと変身。

彼らと力を合わせ、ビースト・ドーパント(077)を撃破した。


主な関連事件:─

関連人物

  • Clear

    泊進ノ介

  • Clear

    詩島剛