CHARACTERS

Work image
りき

登場作品
仮面ライダーキバ
初登場回/初登場作品
第2話『組曲・親子のバイオリン』(2008年2月3日放送)

「人間はエサだ。ガブリと喰うだけだ」

■プロフィール

種族:フランケン族

性別:男性

年齢:不明

職業・身分など:マッサージ屋→かき氷屋→焼き芋屋→キバの従者

家族など:不明

 

演:滝川英治(たきがわ・えいじ)

 

■この人物が変身する怪人

ドッガ

 

■説明

1986年/2008

フランケン族の最後のひとり、ドッガの人間態。

次狼ラモンと同じく一族はファンガイア族によって根絶されいる。すべての種族のなかでも腕力においては一番だが、その一方で知能はそれほど高くない。巨躯なうえに無口なため威圧感があるが、基本的には純粋で優しい性格。言葉がたどたどしいこともあり、ラモンと組んでマッサージ屋などをしつつ、人間社会で目立たぬよう暮らしていた。

1986年に次狼と出会い、ラモンとともに彼に協力するうちに紅音也と知り合う。当初は人間をただの食料としか見ておらず、数合わせで音也や次狼と合コンに出席した際は、気に入った女性を影で「食って」しまったこともある。しかし、人間社会と関わっていくうちに音也やゆりを気に入ったようで、ルークが現れた際には変装してゆりを遠ざける囮役を引き受けている。ゆりに好意を抱き、音也に教わって告白してみたこともあったが、これは失敗に終わった。音也が真夜と関わるようになると、彼を案じてふたりの前に現れて本来の姿に変身。これに応じて真夜も本来の姿に変身したことで、音也は彼女がファンガイアだと知ることになった。

のちにキングに追い詰められた際は、ラモンと組んで音也を狙うも手を下せず、3人バラバラに逃げることにした。しかし、キングからは逃げられず、フエッスルで封じられて彫像にされたが、音也の活躍でもとの姿に戻った。その恩から、以後は次狼、ラモンとともにキャッスルドランで暮らしている。

2008年ではタキシード姿で、普段は次狼とチェスをしていることが多い。次狼、ラモンと同じく紅渡仮面ライダーキバに変身した際に、フエッスルで召喚される。キバをドッガフォームにフォームチェンジさせる役割を担い、フォームチェンジ後はドッガハンマーとなって力を貸す。ラモンと同様、渡が運び込まれた際は不穏な言動をしたが、「音也との約束だから」と次狼に止められている。ビショップとの最終決戦では、次狼、ラモンとともに本来の姿で加勢し、すべてが終わったのちの名護啓介麻生恵の結婚式にも参加。ゆりの面影を見たのか、次狼とともにソワソワしていた。

 

■戦闘時の決め台詞など

「いただき、もす」(食事)

関連人物

  • Clear

    紅渡

  • Clear

    紅音也

  • Clear

    麻生ゆり

  • Clear

    真夜

  • Clear

    ビショップ

  • Clear

    ルーク

  • Clear

    キング

  • Clear

    木戸明

  • Clear

    次狼

  • Clear

    ラモン

  • Clear

    あゆみ

  • Clear

    久美

  • Clear

    女性客B(第21話)