CHARACTERS

Work image
きんぐキング

登場作品
仮面ライダーキバ
初登場回/初登場作品
第36話『革命・ソードレジェンド』(2008年10月12日放送)

「オレに愛などあってはならない」

■プロフィール

種族:ファンガイア

性別:男性

年齢:不明

職業・身分など:チェックメイトフォー・キング/ファンガイア族の王

家族など:真夜(妻)、登太牙(息子)

 

演:新納慎也(にいろ・しんや)

 

■この人物が変身する仮面ライダー

仮面ライダーダークキバ


■この人物が変身する怪人

バットファンガイア

  

■説明

1986

キングの称号をもつ「チェックメイトフォー」の一員で、バットファンガイアの人間態。ファンガイア族の頂点に君臨する二代目の王でもある。左手の甲と掌の2か所に紋章があり、赤い衝撃波を放って攻撃する。

かつてファンガイア族が他種族と争った際、先代のキングはレジェンドルガ族との戦いで命を落とした。ファンガイア族は劣勢に立たされたが、このとき完成したばかりのダークキバの鎧をまとい、形勢を覆したのがこのキングである。彼はレジェンドルガ族の王アークを封印し、ウェイクアップ3のキングスワールドエンドを発動。多くの同胞を巻き込みつつ、ほぼすべてのレジェンドルガ族を一掃した。

1986年の時点でもその権威は健在で、引き続きキングとして一族を束ねている。クイーンの真夜とのあいだには息子の太牙も生まれていたが、紅音也が真夜と関わっていると知った際は、「オレに愛などあってはならぬ」と彼女への愛情を否定していた。一方で、「持っていればお前を斬ることになり、お前を斬れば愛していることになる」と、ザンバットソードキャッスルドランの内壁に突き立ててもおり、言葉とは裏腹に真夜に愛情を抱いていたようだ。

しかし、のちに真夜が音也を愛していると知ると、ファンガイアの力を奪って追放。「音也と会ったら太牙を殺す」と脅迫する非情な面を見せた。

また、これに先立って次狼ラモン3名を追い込み、音也を倒すよう命令。手を下さずに逃げたラモンと力をシールフエッスルで封印し、さらに音也と対峙した際に残る次狼も封印した。3人が仮面ライダーキバのアームズモンスターになったのは、この影響からである。

 のちに時空を越えて紅渡がやってくると、「未来を変えたいなら音也を倒せ」と唆すも失敗。さらに、真夜への仕打ちが気に入らないキバットバットⅡ世に離反され、仮面ライダーダークキバとなった音也との戦いに臨む。本来の姿で戦うキングは、渡が駆けつけてなお戦いを優位に進めたが、キバ エンペラーフォームのウェイクアップフィーバー、ダークキバのウェイクアップ2の同時攻撃で敗北。最期に見守っていた真夜を道連れにしようと放った衝撃波も、新たなキングとして覚醒した太牙に跳ね返されたが、彼はそれを喜びつつ「いつの日か必ず、俺の息子がお前たちを倒す」と言い残して消滅した。

 

■戦闘時の決め台詞など

「絶滅せよ」

関連アイテム

  • List image

    ザンバットソード

  • List image

    キバットバットⅡ世

  • List image

    ウエイクアップフエッスル(ダークキバ)

  • List image

    ドランフエッスル(ダークキバ)

  • List image

    ブロンフエッスル(ダークキバ)

  • List image

    ガルルシールフエッスル

  • List image

    バッシャーシールフエッスル

  • List image

    ドッガシールフエッスル

関連人物

  • Clear

    紅渡

  • Clear

    紅音也

  • Clear

    麻生ゆり

  • Clear

    真夜

  • Clear

    登太牙

  • Clear

    ビショップ

  • Clear

    ルーク

  • Clear

    次狼

  • Clear

    ラモン

  • Clear

  • Clear

    キバットバットⅡ世