CHARACTERS

Work image
どうじ(せんごくじだい)童子(戦国時代)

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

「ああ、鬼退治だ」

■プロフィール

種族:魔化魍(まかもう)

性別:男性

年齢:不明

職業・身分など:不明

家族など:姫(戦国時代)(同行者)


 演:村田充(むらた・みつ)

 声:芦名星(あしな・せい)


■説明

巨大魔化魍(まかもう)オロチを擁する魔化魍集団「血狂魔党(ちぐるまとう)」の一員。

組織の頂点に位置するオロチの童子で、多数の魔化魍忍群を率いている。普段は顔の左半分を赤い仮面で隠しており、全力で戦う際は顔のすべてを仮面で覆う戦闘形態になる。武器は腰に差した刀と手にした采配。采配でも普通の人間なら容易に倒せるが、鬼たちと戦う際はさすがに刀を抜いていた。また鬼火のような姿に変化して宙を移動したり、地中から炎を噴出させたりといった不可思議な術も使える。


藤兵衛の村からほど近い海岸沖の鬼岩城におり、海岸に生贄が運ばれてくると浮上した鬼岩城から海岸へ渡り、捧げられた生贄の確認をしていた。すずが捧げられた際は、彼女を取り戻そうとしたすずの父親を手にかけている。

のちにカブキこと仮面ライダー歌舞鬼(カブキ)、イブキ(戦国時代)こと仮面ライダー威吹鬼(イブキ)、トウキこと仮面ライダー凍鬼(トウキ)が現れた際は、姫とともに緑色の邪気を纏った状態で応戦。ほぼ互角に戦っていたものの、トウキに邪気を払われると姿を消した。彼らがオロチに撃退されたのちはヒトツミと接触し、用心棒のような存在として雇っていた。

後日、ひとえが生贄に捧げられた際にヒビキ(戦国時代)がオロチの食事を邪魔すると、ひとえのもとに姫(戦国時代)とともに出現。配下の魔化魍忍群も呼び寄せて戦闘形態になり、ヒビキ(戦国時代)が変身した仮面ライダー響鬼(ヒビキ)の迎撃を開始した。ほかの鬼たちが来援すると、仮面ライダー轟鬼(トドロキ)と交戦。上空からの一撃を受けようとして刀を折られ、弦の音撃技「音撃斬・雷電激震(おんげきざん・らいでんげきしん)」を受けて倒された。

関連人物

  • Clear

    ヒビキ(戦国時代)

  • Clear

    明日夢(戦国時代)

  • Clear

    イブキ(戦国時代)

  • Clear

    カブキ

  • Clear

    トウキ

  • Clear

    ひとえ

  • Clear

    すず

  • Clear

    ヒトツミ

  • Clear

    姫(戦国時代)

  • Clear

    藤兵衛

  • Clear

    すずの父親

  • Clear

    すずの母親