CHARACTERS

Work image
ひびき(せんごくじだい)ヒビキ(戦国時代)

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』(2005年9月3日公開)

「おお、カブキ。ちょっと今新しい武器の実験中だったんだけどさ、失敗失敗、はっはっは」

■プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:不明

職業・身分など:鬼(音撃戦士)

家族など:不明


 演:細川茂樹(ほそかわ・しげき)


■この人物が変身する仮面ライダー

仮面ライダー響鬼(ヒビキ)


■説明

仮面ライダー響鬼(ヒビキ)に変身する青年。

明日夢(戦国時代)が暮らす藤兵衛の村からそう遠くない山中に住んでいる。以前はかなり腕が立つ鬼として活躍しており、ほかの鬼たちからの人望も厚い。生業は定かでないが、明日夢(戦国時代)の兄、猛士を弟子にしていた当時はふたりで刀を打っており、鍛冶屋だったのかもしれない。


ある大雨の日、猛士とふたり荷を背負って山道を歩いていたところ、突然発生した土砂崩れで猛士が生き埋めになってしまった。急いで掘り返したものの猛士は落命。猛士の遺体を村に届けて明日夢(戦国時代)に責められ、責任を感じていたヒビキ(戦国時代)は鬼を引退して隠棲していた。


のちに、カブキの案内で明日夢(戦国時代)、かずえ、ひなこが訪れ、猛士の件で今もなお明日夢(戦国時代)に恨まれていると知る。「鬼の仕事は辞めた」という理由でヒビキ(戦国時代)は村を脅かす巨大な魔化魍(まかもう)オロチの退治を断ったが、その一方で一行に力を貸すようトドロキ(戦国時代)に頼んでおり、街で浪人に絡まれた明日夢を密かに助けてもいた。

のちに藤兵衛の村で鬼たちが仲間割れをすると、馬を乗り入れてさりげなく仲裁。彼らが一旦散り散りになると「すまないなぁ猛士。今のオレじゃ、どうにもできないな」と亡き弟子に詫びてもおり、密かに村を見守り続けていた様子が伺える。

その後、魔化魍の仲間になっていたカブキと火焔大将に襲われた際、駆けつけた明日夢から猛士がヒビキ(戦国時代)のために打った刀を渡され、さらにわだかまりを捨てた明日夢(戦国時代)からの必死の言葉を受けて再起を決意。響鬼に変身して火焔大将とカブキを打倒する。さらに、海岸で生贄にされていたひとえのもとへ急行すると、来援した仲間たちと力を合わせ、オロチを擁する魔化魍集団「血狂魔党(ちぐるまとう)」を打倒した。

なお、猛士の刀はオロチと戦うさなかに海へ落としてしまったが、のちに見つけ出されて明日夢(戦国時代)と猛士の秘密の場所に安置されていた。

そして現代、猛士の刀は発見した安達明日夢によって響鬼のもとへ届けられ、オロチ打倒の切り札となっている。

関連アイテム

  • List image

    変身音叉・音角

  • List image

    茜鷹(戦国時代)

  • List image

    岩紅獅子

  • List image

    白練大猿

関連人物

  • Clear

    明日夢(戦国時代)

  • Clear

    イブキ(戦国時代)

  • Clear

    トドロキ(戦国時代)

  • Clear

    カブキ

  • Clear

    トウキ

  • Clear

    キラメキ

  • Clear

    ニシキ

  • Clear

    ハバタキ

  • Clear

    かずえ

  • Clear

    ひなこ

  • Clear

    ひとえ

  • Clear

    童子(戦国時代)

  • Clear

    姫(戦国時代)

  • Clear

    猛士

  • Clear

    藤兵衛