CHARACTERS

Work image
くぐつ(くろ・おんな)クグツ(黒・女)

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
二十八之巻『絶えぬ悪意』(2005年8月21日放送)

■プロフィール

種族:不明

性別:女性

年齢:不明

職業・身分など:不明

家族など:洋館の男(創造主)


 演:芦名星(あしな・せい)


■説明

洋館の男に生み出された存在。

洋館の女の分身として館の外で活動するために創られたようで、洋館の男女が住んでいる洋館内に存在している。ただ、クグツ(黒・男)と同様に複数体いるのかどうかは定かでない。目元付近しか露出していないためわかりにくいが、顔は洋館の女と同じ。鍔広帽にローブ、マスク、レースの手袋と、黒を基調とした服装で、胸元に紫のストールを巻いていた。ヒビキたちと直接戦う機会はなかったが、ディスクアニマルの瑠璃狼(ルリオオカミ)を引き寄せる念力と、それを粉々に握り潰すほどの握力を披露している。クグツ(黒・男)と同様、掌から黒いエネルギーを放射して人間を動けなくしたり、全身から放つ邪気のようなもので人間を昏倒させたりもできると思われる。

手にしている先端が伝声管のような形の杖には童子と姫を生み出す能力がある。杖に自身の体液とクモ1匹を入れた試験管を装着。適した土地の地面を突いて注入し、そこから染み出した黒いモヤのようなものからヨロイツチグモの童子と姫を生み出した。誕生させた童子と姫を指揮する現場指揮官のような存在だが、彼らと意思の疎通はできるものの、言葉を発する機能はないのか常に無言。のちに洋館の男がスーパー童子とスーパー姫を誕生させると、「人員整理」という名目で抹消されてしまった。


なお、夏の魔化魍(まかもう)について安達明日夢に説明した滝澤みどりは、「魔化魍には黒い姿のものからつくられる大きな魔化魍と、白い姿のものからつくられる小さい魔化魍がいる」と語っている。ここでいう「黒い姿のもの」がクグツ(黒・男)やクグツ(黒・女)を指していると思われ、「猛士(たけし)」にも存在自体は知られていたようだ。

関連人物

  • Clear

    洋館の男

  • Clear

    洋館の女

  • Clear

    スーパー童子

  • Clear

    スーパー姫

  • Clear

    ヨロイツチグモの童子

  • Clear

    ヨロイツチグモの姫